前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示
  • アンドレイ・アルシャヴィン

    アンドレイ・アルシャヴィンから見たフース・ヒディンク

    EURO2008予選までは、キャプテンを務めていた。予選最終戦のアンドラ戦で、暴行により退場処分となり、2試合(EURO2008のグループリーグの最初の2試合)の出場停止処分を科され、ヒディンク監督からキャプテンの座を剥奪されてしまう(次期キャプテンは、セルゲイ・セマク)。アンドレイ・アルシャヴィン フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・アルシャヴィン

    アンドレイ・アルシャヴィンから見たマイケル・ジョーダン

    ゴールを決めた際には、口に人差し指を当てるパフォーマンスを見せる。また、試合中に舌を出すこともある。理由のひとつとしては“マイケル・ジョーダン”である。舌を出すくせはジョーダンの真似ではないと語ったものの、ジョーダンのプレーが大好きであり、彼との共通点も喜んでいた。アンドレイ・アルシャヴィン フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・アルシャヴィン

    アンドレイ・アルシャヴィンから見たリヴァプールFC

    2009年2月22日のサンダーランド戦でプレミアリーグデビューを果たす。強烈なシュートを放ち鋭いクロスを上げるなど、デビュー戦からその実力の片鱗を示した。3月14日のブラックバーン戦では左サイドの角度のない位置から目の覚めるようなゴールを叩き込みアーセナル移籍後初ゴールを記録する。ここから更にシーズン終盤へ向けて調子を上げ、4月21日リヴァプール戦で自身初となる1試合4得点を達成する。シーズン後半だけの出場、またプレミアリーグ初挑戦ながら公式戦15試合で6得点9アシストという驚異的な数字を残した。アンドレイ・アルシャヴィン フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・アルシャヴィン

    アンドレイ・アルシャヴィンから見たアレクサンドル・フレブ

    スペイン、FCバルセロナのファンであり、ゼニト在籍時にはバルセロナへの移籍願望をメディアに対し語ったこともある。(但し、2008-09シーズン時点では、「今の段階でバルサに行っても(前年アーセナルからバルセロナへ移籍した)アレクサンドル・フレブのようにポジションは無い。」と語っている。)アンドレイ・アルシャヴィン フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・アルシャヴィン

    アンドレイ・アルシャヴィンから見たセルゲイ・セマク

    EURO2008予選までは、キャプテンを務めていた。予選最終戦のアンドラ戦で、暴行により退場処分となり、2試合(EURO2008のグループリーグの最初の2試合)の出場停止処分を科され、ヒディンク監督からキャプテンの座を剥奪されてしまう(次期キャプテンは、セルゲイ・セマク)。アンドレイ・アルシャヴィン フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・アルシャヴィン

    アンドレイ・アルシャヴィンから見たアレクサンドル・ケルジャコフ

    2001-02シーズンよりレギュラーとしての地位を確立。同年代であるケルジャコフとのコンビでチームを牽引し、2002-03シーズンにはロシアリーグカップを制した。2005-06シーズンにはUEFAカップベスト8進出に貢献する。2006-07シーズンには13アシスト7得点でリーグ最優秀選手賞を獲得すると、2007-08シーズンには11アシスト10得点を記録、チームも1984年以来のリーグ優勝を達成する。同シーズンのUEFAカップでは準決勝でドイツの強豪バイエルン・ミュンヘンに圧勝し、勢いに乗ったまま迎えた決勝でもレンジャーズを破り、ゼニト初優勝の立役者となった。2008年8月の行われたUEFAスーパーカップでも欧州王者のマンチェスター・ユナイテッドを破りクラブ初の栄冠を手にする。後述のEURO2008を境に、欧州リーグの多くの強豪クラブが彼の獲得に動き出していたが、多額の移籍金などにより夏の移籍は叶わなかった。2009年2月、かねてよりアルシャヴィンへ興味を示していたプレミアリーグのアーセナルFCへの移籍を果たす。(移籍金は未公表)アンドレイ・アルシャヴィン フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・アルシャヴィン

    アンドレイ・アルシャヴィンから見たエドウィン・ファン・デル・サール

    しかし、EURO2008グループリーグの第3節スウェーデン戦から復帰すると、たちまち素晴らしい活躍を見せ、オランダ戦では幾度と無く敵陣を切り裂き、オランダのDF陣を翻弄した。さらに1-1で迎えた延長戦、ペナルティエリア内で緩急をつけた見事なドリブルを披露。一瞬で相手DFを置き去りにすると、タッチラインギリギリからGKファン・デル・サールの頭上を越す芸術的かつ高精度のクロスボールを蹴り、ドミトリ・トルビンスキの得点をアシスト。さらに、運動量の落ち始めていたオランダの隙をつき、相手ゴール付近でのスローインを、トラップせずに素早く反転してシュート。試合を決定づける貴重な3点目を決めた。世界に衝撃を与えるプレーを連発した彼は「新皇帝の誕生」と称えられ、その名を世界に轟かせた。アンドレイ・アルシャヴィン フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・アルシャヴィン

    アンドレイ・アルシャヴィンから見たデニス・ラクチオノフ

    2002 FIFAワールドカップを目前にした時期に、イゴール・セムショフ、デニス・ラクチオノフとともにロシア代表に初招集された。2002年5月17日のベラルーシ戦で国際Aマッチ初キャップを記録したが、ワールドカップのメンバーには選ばれなかった。FW最後の枠はケルジャコフが選ばれている。代表初ゴールは、2003年2月13日のルーマニア戦(キプロス4か国トーナメント)。アンドレイ・アルシャヴィン フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・アルシャヴィン

    アンドレイ・アルシャヴィンから見たセスク・ファブレガス

    2010-11シーズンでは、リーグでは6得点、アシスト数ではセスク・ファブレガスに次ぐ11を記録した。アンドレイ・アルシャヴィン フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・アルシャヴィン

    アンドレイ・アルシャヴィンから見たサッカーオランダ代表

    しかし、EURO2008グループリーグの第3節スウェーデン戦から復帰すると、たちまち素晴らしい活躍を見せ、オランダ戦では幾度と無く敵陣を切り裂き、オランダのDF陣を翻弄した。さらに1-1で迎えた延長戦、ペナルティエリア内で緩急をつけた見事なドリブルを披露。一瞬で相手DFを置き去りにすると、タッチラインギリギリからGKファン・デル・サールの頭上を越す芸術的かつ高精度のクロスボールを蹴り、ドミトリ・トルビンスキの得点をアシスト。さらに、運動量の落ち始めていたオランダの隙をつき、相手ゴール付近でのスローインを、トラップせずに素早く反転してシュート。試合を決定づける貴重な3点目を決めた。世界に衝撃を与えるプレーを連発した彼は「新皇帝の誕生」と称えられ、その名を世界に轟かせた。アンドレイ・アルシャヴィン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示

「アンドレイ・アルシャビン」のニューストピックワード