前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示
  • 藤田雄五

    藤田雄五から見たアンリツアンリツ

    藤田 雄五(ふじた ゆうご、1923年(大正12年)9月1日 - 2014年(平成26年)1月19日)は日本の実業家、元アンリツ社長。東京都出身。藤田雄五 フレッシュアイペディアより)

  • プロサイド

    プロサイドから見たアンリツアンリツ

    アンリツ(日):100VG関連ネットワーク機器プロサイド フレッシュアイペディアより)

  • 田中信義 (裁判官)

    田中信義 (裁判官)から見たアンリツアンリツ

    2011年6月 アンリツ株式会社監査役田中信義 (裁判官) フレッシュアイペディアより)

  • ワイドスター

    ワイドスターから見たアンリツアンリツ

    専用のファクシミリなども接続可能な、公衆電話形態の端末。硬貨や磁気式テレホンカードには対応しておらず、クレジットカードでのみ利用が可能である。ワイドスターデュオと接続して利用する。アンリツ製。従来のワイドスターの終了に先立ち、2013年3月29日サービス終了。ワイドスター フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2014年1月

    訃報 2014年1月から見たアンリツアンリツ

    1月19日 - 藤田雄五、日本の実業家、元アンリツ社長(* 1923年)訃報 2014年1月 フレッシュアイペディアより)

  • 田中久重

    田中久重から見たアンリツアンリツ

    石黒慶三郎:アンリツ創業者の1人。田中久重 フレッシュアイペディアより)

  • ニュー山王ホテル

    ニュー山王ホテルから見たアンリツアンリツ

    現所在地は、安立電気本社跡地であり、部屋数(149室)、床面積(15万平方フィート)から、駐車場台数(74台)に至るまでのすべてが、移転前の旧山王ホテルのそれらと同一となっている。1981年6月に建築着工され、1983年6月に完成、同7月の閣議決定と日米間の政府協定の締結を経て、同年7月16日にアメリカ軍に提供された。ニュー山王ホテル フレッシュアイペディアより)

  • 山王ホテル

    山王ホテルから見たアンリツアンリツ

    日本政府は1975年(昭和50年)12月に在日アメリカ軍との間で、5年以内に山王ホテルを所有者に返還することを骨子とする合意を得たが、返還後アメリカ軍に供与予定の代替物件(ニュー山王ホテル)は、港区南麻布の安立電気本社跡地を敷地として確保した1981年(昭和56年)6月に至るまで着工されなかった。1983年(昭和58年)、アメリカ軍向けの新施設が完成、旧山王ホテルは1983年(昭和58年)10月5日をもって閉鎖された。山王ホテル フレッシュアイペディアより)

  • 神島灯台

    神島灯台から見たアンリツアンリツ

    2006年(平成18年)3月に第4等フレネル式三連閃光レンズからLU-M型灯器に交換される。2011年(平成23年)9月24日、実用無線電話100周年を記念して、TYK式無線電話を製造していたアンリツの社内サークルのメンバーを中心として記念局が1日限りで設置された。この記念局では、日本全国に向けて、先人の功績を紹介する放送を発信した。神島灯台 フレッシュアイペディアより)

  • 京王プラザホテル

    京王プラザホテルから見たアンリツアンリツ

    その高さを利用して在日米軍が横田飛行場・赤坂プレスセンター・安立会館(アンリツの施設。防衛施設庁が借り上げ在日米軍に提供されている)の3箇所をネットワーク化する際の無線中継所設置を計画したことがあり、“民間施設の軍事転用を狙うもの”として問題になった(計画は後に撤回された)。京王プラザホテル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示

「アンリツ」のニューストピックワード