前へ 1 2
15件中 1 - 10件表示
  • 三六式無線機

    三六式無線機から見たアンリツアンリツ

    結果として、独シーメンス社のリレーを採用するといった改良が加えられた事や、安中電機製作所(現アンリツ)がインダクションコイルの国産化に成功し、200海里の通信と部品の安定供給が可能となった。三六式無線機 フレッシュアイペディアより)

  • 神島灯台

    神島灯台から見たアンリツアンリツ

    2006年(平成18年)3月に第4等フレネル式三連閃光レンズからLU-M型灯器に交換される。2011年(平成23年)9月24日、実用無線電話100周年を記念して、TYK式無線電話を製造していたアンリツの社内サークルのメンバーを中心として記念局が1日限りで設置された。この記念局では、日本全国に向けて、先人の功績を紹介する放送を発信した。神島灯台 フレッシュアイペディアより)

  • 快進社

    快進社から見たアンリツアンリツ

    1914年(大正3年) - 上野で開催された東京大正博覧会に、V2気筒10馬力エンジンで3人乗、最高速度は32km/hの「脱兎号(DAT CAR)」を出品し、銅牌を受賞。エンジンを含めた日本の純国産自動車の1号車である。「DAT」は、橋本の協力者、男爵 田健治郎 (後の台湾総督で田英夫参議院議員の祖父)・通信技術者で同郷の友人、安中電機製作所(現・アンリツ)社長となった 青山祿郎 ・コマツの創業者で日本の工業界に多大な貢献を果たした竹内明太郎 の、三人のイニシャルを並べたものである。快進社 フレッシュアイペディアより)

  • 登山古墳

    登山古墳から見たアンリツアンリツ

    古墳の発見当時は近隣は桑畑が多かったが、開発が進み、徐々に住宅地や工場用地が造成されていった。更に1967年(昭和42年)には古墳の付近に安立電気株式会社(現在のアンリツ株式会社)の社員寮一号棟が建設され、この時古墳の一部が掘削を受けた。続いて二号棟およびポンプ所とごみ焼却場の造成の準備が始まったが、準備段階で予定地から多くの埴輪の断片が出土し、造成の前に発掘調査の必要性が生じた。そのため考古学者の赤星直忠の指導により、同年3月25日から4月3日まで1号墳を対象にした第2次発掘調査が実際された。この第2次調査の結果、第1次調査で発見された1号墳に加え3基の古墳が現存していることが確認され、その後厚木市の調査でもう1基古墳が現存することも確認された。登山古墳 フレッシュアイペディアより)

  • ワイドスター

    ワイドスターから見たアンリツアンリツ

    専用のファクシミリなども接続可能な、公衆電話形態の端末。硬貨や磁気式テレホンカードには対応しておらず、クレジットカードでのみ利用が可能である。ワイドスターデュオと接続して利用する。アンリツ製。従来のワイドスターの終了に先立ち、2013年3月29日サービス終了予定。ワイドスター フレッシュアイペディアより)

  • 田中信義

    田中信義から見たアンリツアンリツ

    2011年6月 アンリツ株式会社監査役田中信義 フレッシュアイペディアより)

  • 山王ホテル

    山王ホテルから見たアンリツアンリツ

    日本政府は1975年(昭和50年)12月に在日アメリカ軍との間で、5年以内に山王ホテルを所有者に返還することを骨子とする合意を得たが、返還後アメリカ軍に供与予定の代替物件(ニュー山王ホテル)は、港区南麻布の安立電気本社跡地を敷地として確保した1981年(昭和56年)6月に至るまで着工されなかった。1983年(昭和58年)、アメリカ軍向けの新施設が完成、旧山王ホテルは1983年(昭和58年)10月5日をもって閉鎖された。山王ホテル フレッシュアイペディアより)

  • 道路情報掲示板

    道路情報掲示板から見たアンリツアンリツ

    アンフィニーシステム、アンリツ、岩崎電気、コイト電工、星和電機、東芝、名古屋電機工業、パナソニック道路情報掲示板 フレッシュアイペディアより)

  • プロサイド

    プロサイドから見たアンリツアンリツ

    アンリツ(日):100VG関連ネットワーク機器プロサイド フレッシュアイペディアより)

  • 無線電話

    無線電話から見たアンリツアンリツ

    一方、持続電波を得る技術が進歩するに従い、これを振幅変調(AM)する事で音声を送信する試みが各地で開始された。早くも1902年に、アメリカのレジナルド・A・フェセンデンは、瞬滅式送信機の空中線回路にカーボンマイクロフォンを直列に挿入して振幅変調を行い、距離約5マイルの電話送信に成功した。続いて1906年のクリスマスイヴに高周波発電機と水冷式カーボンマイクを使用して行った実験では、航行中の船舶に対して音楽及び音声の送信に成功した。他方日本では海軍が早くから艦船及び陸上通信所間の交信用に研究を始め、1908年の観艦式において、軍艦浅間、三笠、香取と神戸税関の間での実験が行われた。次いで1910年1月より海軍水雷学校からアーク式送信機により送信し、軍艦敷島および阿蘇で受信する実験を行い、「アークノ音低シ」「言語約八十パーセント諒解」「喇叭頗ル明瞭」等という結果が得られた。一方、1912年に逓信省電気試験所の鳥潟右一、合資会社石杉社(後の共立電気、アンリツの片方)の横山栄太郎、北村政次郎が「TYK式無線電話機」の発明とこれを用いた三重県の鳥羽 - 答志島 - 神島間で船舶との通話を行い、一般にはこれが最初と言われている。無線電話 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
15件中 1 - 10件表示

「アンリツ」のニューストピックワード