122件中 21 - 30件表示
  • 松田彩香

    松田彩香から見たアース製薬アース製薬

    アース製薬「サラテクト」松田彩香 フレッシュアイペディアより)

  • 大野真緒

    大野真緒から見たアース製薬アース製薬

    アース製薬「アースジェット」縁側大野真緒 フレッシュアイペディアより)

  • ダイセーロジスティクス

    ダイセーロジスティクスから見たアース製薬アース製薬

    茨城県五霞町の大阪造船所(現・株式会社ダイゾー)東京工場では、アース製薬の委託を受け殺虫剤のスプレー缶を製造していた。大阪造船所では製品の保管を倉庫会社「ダイセーロジスティクス」に依頼しており、同社は埼玉県幸手市の倉庫にそれらの製品を保管していた。ところが、1999年6月5日夜に倉庫内にて火災が発生した。当時、ダイセー・ロジスティクスは倉庫にスプレー缶236万本を保管していたが、それ以外にもポリエチレン製ガス管1万2500本、ペット樹脂996tを保管していた。そのため、火災により保管されていたスプレー缶や樹脂類に引火し爆発、激しく炎上した。周囲100メートルを超える範囲に大量の殺虫剤の缶が火を噴きながら次々と飛来するなど現場は大混乱となり、幸手市消防本部と地元の消防団に加え久喜地区消防本部、杉戸町消防本部、春日部市消防本部らが消火活動にあたったものの、鎮火までに35時間かかった。死傷者はなかったが規模があまりに甚大だったため、事態を重く見た消防庁がエアロゾル製品の保管に注意を促す通達を各都道府県に送付した。ダイセーロジスティクス フレッシュアイペディアより)

  • 大塚製薬工場

    大塚製薬工場から見たアース製薬アース製薬

    アース製薬株式会社(千代田区)大塚製薬工場 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋 晃

    高橋晃から見たアース製薬アース製薬

    アース製薬 アースジェット(2010年)高橋晃 フレッシュアイペディアより)

  • ゴキブリゾロゾロ

    ゴキブリゾロゾロから見たアース製薬アース製薬

    大正製薬は粘着シート式のゴキブリ捕獲器「ロートラップ」を発売していたが、1972(昭和47)年、容器を紙製に変更した「ハイローチ」を発売した。これは従来、樹脂製のケースの天面に粘着シートをセットする方式であった捕獲器を、ゴキブリがいっぱいになった粘着シートを、取替えることなくケースごと捨てられるように紙製に変更したものである。1973(昭和48)年に、大塚グループのアース製薬から同じ紙製ゴキブリ捕獲器の「ごきぶりホイホイ」が上市されると、粘着式ゴキブリ捕獲器の一大ブームが起こり、製薬メーカーや殺虫剤メーカーが次々と類似品の発売に乗り出した。1974年(昭和50)年に「ローキャッチ」に名称変更、さらに1976(昭和51)年には「ゴキブリゾロゾロ」と改称。その後シートに直接「えさ」をしみ込ませた「ワンタッチ」タイプや、狭い場所での出し入れに便利な「とれとれ棒」つきなどの改良がなされ、現在に至っている。ゴキブリゾロゾロ フレッシュアイペディアより)

  • アース・モンダミンカップ

    アース・モンダミンカップから見たアース製薬アース製薬

    アース・モンダミンカップは2012年から新規に殺虫剤や日用品などを製造・販売するアース製薬の主催、日本女子プロゴルフ協会の公認により、千葉県袖ヶ浦市にあるカメリアヒルズカントリークラブで開催される女子プロゴルフトーナメントである。2012年の第1回大会は6月22日から24日までの3日間、賞金総額1億円、優勝賞金1800万円で行われた。アース・モンダミンカップ フレッシュアイペディアより)

  • おかやまATMネットサービス

    おかやまATMネットサービスから見たアース製薬アース製薬

    アース製薬坂越工場(兵庫県赤穂市)=ATMのみおかやまATMネットサービス フレッシュアイペディアより)

  • アースノーマット

    アースノーマットから見たアース製薬アース製薬

    アースノーマットとは、アース製薬株式会社の電子式液体蚊取りである。アースノーマット フレッシュアイペディアより)

  • 岡田隆夫

    岡田隆夫から見たアース製薬アース製薬

    アース製薬 歯科医院専売 モンダミン プロケア、専任アドバイザー。岡田隆夫 フレッシュアイペディアより)

122件中 21 - 30件表示

「アース製薬」のニューストピックワード