107件中 61 - 70件表示
  • アース製薬

    アース製薬から見たコマーシャルメッセージ

    アース製薬のテレビCMは、画面右下にその商品が映っているのが特徴である(2017年現在)。アース製薬 フレッシュアイペディアより)

  • アース製薬

    アース製薬から見た東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

    10月27日 - 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会との間で、家庭用殺虫剤・虫よけ・肥料・培養土及び除草剤分野における「東京2020オフィシャルパートナー」契約を締結。アース製薬 フレッシュアイペディアより)

  • アース製薬

    アース製薬から見たサウンドロゴ

    CMは現在ほとんどが16:9で制作されている。また、2017年1月のコーポレートロゴ改定に伴い、同年秋以降に新たに制作されたテレビCMにおいては、30秒版のみ、冒頭にサウンドロゴが入るようになった。アース製薬 フレッシュアイペディアより)

  • アース製薬

    アース製薬から見た報道ステーション

    報道ステーション(テレビ朝日系、月・木)アース製薬 フレッシュアイペディアより)

  • アース製薬

    アース製薬から見た日用品

    アース製薬株式会社(アースせいやく、Earth Corporation)は、東京都千代田区に本社を置く、殺虫剤など衛生薬品の製造・販売をおこなう日本の日用品製造メーカーである。アース製薬 フレッシュアイペディアより)

  • アース製薬

    アース製薬から見た掛川市

    なお同社は大阪で創業したが、現在は東京都千代田区に本社が置かれている。工場・研究所は1910年(明治43年)以来発祥の地兵庫県赤穂市坂越にあり、かつては本社も置かれていたが、現在も実質的な本社として機能しているとともに、国内随一の生産拠点となっている。その他、赤穂市西浜北町と和歌山県有田市、静岡県掛川市にも工場がある。また創業地である大阪支社には、今も同社の国際部ならびに営業本部があり、生産拠点の赤穂市とも近いことから、坂越工場同様、実質的な本社ともいえる。アース製薬 フレッシュアイペディアより)

  • アース製薬

    アース製薬から見た食器棚

    アース天然ハーブのゴキブリよけ - 引き出しや食器棚など閉め切った場所に使用する置くタイプ。2018年2月に「天然ハーブのゴキブリよけ」から製品名が変更されてパッケージリニューアルされ、「広い空間用」が追加発売された。アース製薬 フレッシュアイペディアより)

  • アース製薬

    アース製薬から見た月曜名作劇場

    月曜名作劇場(TBS系、かつては大鵬薬品も提供も現在は降板)アース製薬 フレッシュアイペディアより)

  • アース製薬

    アース製薬から見たバポナ

    「バポナ」ブランド殺虫剤の販売終了品については、バポナを参照。アース製薬 フレッシュアイペディアより)

  • アース製薬

    アース製薬から見た合弁会社

    シュミテクト、ポリデント、ポリグリップなどは当初小林製薬が販売していた。その後、ライセンス供給元であったブロックドラッグとの合弁会社・小林ブロックに移管、1996年(平成8年)7月にブロックドラッグジャパンに変更(詳細は不明だが、ブロックドラッグ社の小林製薬保有分の株式譲渡があったと思われる)となり、その時点でアース製薬が販売権取得。かつては、ニソーデント(ポリデントと同様の入れ歯洗浄剤で、2層タイプ)や2000フラッシュ(トイレに入れるだけの芳香洗浄剤)もあったが、現在は販売されていない。その後、2001年(平成13年)1月にGSK社がブロッグドラッグ社を買収した事に伴って、日本でも2002年(平成14年)11月にグラクソ・スミスクラインがブロックドラッグジャパンを吸収合併。2015年(平成27年)3月にグラクソ・スミスクラインのコンシューマー事業本部とノバルティスファーマのOTC事業部が統合され、両社の合弁会社となるグラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパンが発足して現在に至る。アクアフレッシュはかつてサンスターが販売権を所有していたことがあり、2002年(平成14年)6月に販売権を取得した。アース製薬 フレッシュアイペディアより)

107件中 61 - 70件表示

「アース製薬」のニューストピックワード