807件中 21 - 30件表示
  • マンチェスター・ユナイテッドFC

    マンチェスター・ユナイテッドFCから見たアーセナルFCアーセナルFC

    同じ市内にあるマンチェスター・シティとの「マンチェスター・ダービー」は、「マージーサイド・ダービー」(リヴァプール対エヴァートン)、「ノース・ロンドン・ダービー」(アーセナル対トッテナム)と並ぶ3大ダービーの一つに数えられ、世界でも有名なダービーマッチの一つである。また伝統的にライバル関係にあるとされるリヴァプールとの試合は、ノースウェスト・ダービーやイングランド・ダービー、あるいはナショナル・ダービーと呼ばれ、世界中に数多く存在する「伝統の一戦」の一つに数えられており、白熱した試合が繰り広げられてきた。マンチェスター・ユナイテッドFC フレッシュアイペディアより)

  • トッテナム・ホットスパーFC

    トッテナム・ホットスパーFCから見たアーセナルFCアーセナルFC

    地元のアーセナルとは長年ライバル関係にあり、両者の対戦はノース・ロンドン・ダービーと呼ばれる。トッテナム・ホットスパーFC フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリク・ムヒタリアン

    ヘンリク・ムヒタリアンから見たアーセナルFCアーセナルFC

    ヘンリク・ハムレット・ムヒタリアン(, 1989年1月21日 - )は、アルメニア・ソビエト社会主義共和国 (現アルメニア)・エレバン出身のサッカー選手。プレミアリーグ・アーセナルFC所属。アルメニア代表。ポジションはミッドフィールダーだが、フォワードやセカンドトップ気味のトップ下を務めることが可能。また、センターハーフとしてもプレー出来ることから、ペースやスキル、強力なシュートを武器に得点を量産する姿に、元スコットランド代表のにフランク・ランパードと比較された。ヘンリク・ムヒタリアン フレッシュアイペディアより)

  • バレンシアCF

    バレンシアCFから見たアーセナルFCアーセナルFC

    1960年代初頭のリーグ戦ではぱっとしない順位が続いたが、ビセンテ・ギジョットやブラジル人のワルド・マチャドなどに導かれ、ヨーロッパの舞台ではインターシティーズ・フェアーズカップ(UEFAカップの前身)で成功を収めた。1961-62シーズンの同大会では決勝でFCバルセロナを破って初優勝し、1962-63シーズンの同大会でも決勝でNKディナモ・ザグレブ(クロアチア)を破って2連覇を達成。1963-64シーズンの同大会でも3年連続で決勝に進出したが、今度はレアル・サラゴサに1-2で敗れて準優勝に終わった。1970年には、バロンドールに2度輝いたアルフレッド・ディ・ステファノが監督に就任し、1970-71シーズンには1947年以来となる4度目のリーグ優勝を遂げた。この結果、1971-72シーズンにはクラブ史上初めてUEFAチャンピオンズカップに出場したが、3回戦でウーイペシュトFC(ハンガリー)に敗れた。同シーズンの国内リーグ戦ではレアル・マドリードに次ぐ2位であり、国内カップ戦では決勝でアトレティコ・マドリードに敗れて準優勝だった。1970年代にはオーストリア人ミッドフィールダーのクルト・ヤーラ、オランダ人フォワードのヨニー・レップ、アルゼンチン代表フォワードのマリオ・ケンペスなどが在籍し、ケンペスは1976-77シーズンと1977-78シーズンの2シーズン連続で得点王のタイトル(ピチーチ賞)を獲得した。1974年のディ・ステファノ退任によって過渡期を迎えたが、1978-79シーズンのコパ・デル・レイ決勝、レアル・マドリード戦ではケンペスが2点を叩きこんで5度目のリーグ優勝に貢献した。ケンペスはアルゼンチン代表として1978 FIFAワールドカップに出場し、決勝のオランダ戦でも2得点している。1979-80シーズンにはディ・ステファノが監督に復帰し、UEFAカップウィナーズカップ決勝ではアーセナルFC(イングランド)をPK戦の末に破って優勝した。1980年のUEFAスーパーカップでは、UEFAチャンピオンズカップ王者のノッティンガム・フォレストFC(イングランド)と対戦し、アウェーゴール差で上回って新たなトロフィーを加えた。バレンシアCF フレッシュアイペディアより)

  • ガレス・ベイル

    ガレス・ベイルから見たアーセナルFCアーセナルFC

    幼少時代はアーセナルのファンであった。ガレス・ベイル フレッシュアイペディアより)

  • ジル・グリマンディ

    ジル・グリマンディから見たアーセナルFCアーセナルFC

    ジル・グリマンディ(Gilles Grimandi, 1970年11月11日 - )は、フランス・ギャップ出身の元サッカー選手。ポジションはDF。現在はアーセナルFCのフランス駐在スカウトを務めている。ジル・グリマンディ フレッシュアイペディアより)

  • フットボールリーグ1988-1989

    フットボールリーグ1988-1989から見たアーセナルFCアーセナルFC

       フットボールリーグ1988-1989シーズンは、フットボールリーグの91回目のシーズンである。ディヴィジョン1はアーセナルとリヴァプールが勝ち点76・得失点差+37で共に並んだが、総得点が多かったアーセナルが1970?71シーズン以来18シーズンぶり9度目の優勝を果たした。ディヴィジョン2はチェルシー、ディヴィジョン3はウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ、ディヴィジョン4はロザラム・ユナイテッドが優勝した。フットボールリーグ1988-1989 フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ディーン

    マイク・ディーンから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2004年のFAコミュニティ・シールド、アーセナルFC対マンチェスター・ユナイテッド戦(3-1でアーセナルの勝利)の主審を務めた。同年のFAカップ決勝の主審も務めた。マイク・ディーン フレッシュアイペディアより)

  • レイ・パーラー

    レイ・パーラーから見たアーセナルFCアーセナルFC

    1992年から2007年までの間をプロ選手としてアーセナルFC、ミドルズブラFC、ハル・シティAFCで過ごしたパーラーは、アーセナル時代に古臭い印象から皮肉っぽいユーモアを込めて"The Romford Pelé"(ロムフォードのペレ)の愛称で親しまれ、また、その風貌に合う「縁の下の力持ち」としてチームを支える安定したパフォーマスはファンから人気を集めた。ちなみに、愛称の名付け親は同僚のマルク・オーフェルマルスである。レイ・パーラー フレッシュアイペディアより)

  • デロイト・フットボール・マネー・リーグ

    デロイト・フットボール・マネー・リーグから見たアーセナルFCアーセナルFC

    レアル・マドリード(スペイン)がスポーツクラブとして初めて5億ユーロを超え、8シーズン連続1位となった。これは、1996-97シーズンから2003-04シーズンまで連続で1位となったマンチェスター・ユナイテッドFC(イングランド)に並ぶ記録である。FCバルセロナ(スペイン)が4シーズン連続で2位となり、1位から6位のアーセナルFC(イングランド)までは前シーズンから順位の変動がなかった。7位には大きく順位を上げたマンチェスター・シティFC(イングランド)が入り、11位のボルシア・ドルトムント(ドイツ)や15位のSSCナポリ(イタリア)も大きく順位を上げている。20クラブの国別内訳は、イングランドが7クラブ、イタリアが5クラブ、ドイツが4クラブ、スペインとフランスが2クラブである。デロイト・フットボール・マネー・リーグ フレッシュアイペディアより)

807件中 21 - 30件表示

「アーセナル」のニューストピックワード