534件中 21 - 30件表示
  • フットボールリーグ1988-1989

    フットボールリーグ1988-1989から見たアーセナルFCアーセナルFC

       フットボールリーグ1988-1989シーズンは、フットボールリーグの91回目のシーズンである。ディヴィジョン1はアーセナルとリヴァプールが勝ち点76・得失点差+37で共に並んだが、総得点が多かったアーセナルが1970?71シーズン以来18シーズンぶり9度目の優勝を果たした。ディヴィジョン2はチェルシー、ディヴィジョン3はウォルバーハンプトン・ワンダラーズ、ディヴィジョン4はロザラム・ユナイテッドが優勝した。フットボールリーグ1988-1989 フレッシュアイペディアより)

  • レミ・ガルデ

    レミ・ガルデから見たアーセナルFCアーセナルFC

    1996-97シーズン、アーセナルFCの監督に就任したばかりのアーセン・ヴェンゲルの希望で加入。3シーズン在籍したアーセナルFCでの役目は主に、パトリック・ヴィエラやエマニュエル・プティのバックアップだった。1999年6月、怪我の影響もあり引退した。レミ・ガルデ フレッシュアイペディアより)

  • プレミアリーグ2010-2011

    プレミアリーグ2010-2011から見たアーセナルFCアーセナルFC

    アーセナル 6-0 ブラックプール リーグ第2節 2010.8.21プレミアリーグ2010-2011 フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝から見たアーセナルFCアーセナルFC

    UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06の決勝戦は、2006年5月17日にフランス・パリ郊外のサン=ドニにあるスタッド・ド・フランスで開催され、スペインのFCバルセロナとイングランドのアーセナルFCが対戦した。UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • セルジュ・ニャブリ

    セルジュ・ニャブリから見たアーセナルFCアーセナルFC

    セルジュ・ニャブリ(Serge Gnabry, 1995年7月14日 - )は、ドイツ・シュトゥットガルト出身のサッカー選手。ポジションはMF。アーセナルFC所属。セルジュ・ニャブリ フレッシュアイペディアより)

  • ミケル・アルテタ

    ミケル・アルテタから見たアーセナルFCアーセナルFC

    ミケル・アルテタ・アマトリアイン(Mikel Arteta Amatriain, 1982年3月26日 - )は、スペイン・バスク自治州ギプスコア県の県都サン・セバスティアン出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。プレミアリーグのアーセナルFC所属。バスク人。ミケル・アルテタ フレッシュアイペディアより)

  • FAプレミアリーグ2003-2004

    FAプレミアリーグ2003-2004から見たアーセナルFCアーセナルFC

    FAプレミアリーグ 2003-04は1992-93シーズンにリニューアルされてから12シーズン目のFAプレミアリーグ。アーセナルがリーグ戦無敗での優勝。FAプレミアリーグ2003-2004 フレッシュアイペディアより)

  • ジム・レイトン

    ジム・レイトンから見たアーセナルFCアーセナルFC

    現役時代は、アバディーン、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、レディング、ダンディー、シェフィールド、ハイバーニアンでプレーした。ジム・レイトン フレッシュアイペディアより)

  • ダレン・フレッチャー

    ダレン・フレッチャーから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2007-08シーズンは、オーウェン・ハーグリーヴス、アンデルソン、ルイス・ナニが加入し、シーズンの初めは出場機会はさらに減少し、十分な出場機会が与えられないことから、一時はクラブを去るのではないかと噂されていた。事実、ファーガソンは、キャリック、スコールズ、ギグス、ロナウドの中盤を好み、フレッチャーは新加入選手よりも、出場機会を与えられなかった。しかし、フレッチャーは、4-0で勝利したFAカップ4回戦のアーセナルFC戦で2ゴールを挙げるなど、与えられたチャンス活かし、好パフォーマンスを見せた。ダレン・フレッチャー フレッシュアイペディアより)

  • アラン・パーデュー

    アラン・パーデューから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2010年12月6日、ニューカッスル・ユナイテッドFCはプレミアリーグ昇格の立役者であるクリス・ヒュートン監督を解任した。3日後の12月9日、パーデューはニューカッスル・Uと5年半の契約を結んで監督に就任した。Sky Sportsはニューカッスル・Uの新監督の適任者を選ぶインターネット投票を行っているが、そこでは4万件の投票のうち5.5%を得ただけであり、地元紙によるアンケートでもパーデュー就任を望んだサポーターは2%にも満たなかった。パーデューは「私はジョルディではないが、試合をこよなく愛するサッカー人であり、私がやる気、チームへの願望、仕事への責任を持っていることは保障する。昨シーズンのクリス・ヒュートンは良い仕事をしてクラブをプレミアリーグ復帰に導き、今シーズンもまずまずの成果を上げていた。すぐに基盤を築き、クラブを成長させることを目指している」と述べた。選手・サポーターらとの対立に直面するかもしれないことを認め、他の監督らに「あそこ(ニューカッスル・U)に行くなんて、君は正気ではない」と忠告されたことを認めたが、パーデューは「このクラブはイングランドで五指に入るクラブである。見通しは非常に厳しいが、私は決して諦めない」と断言した。12月11日にセント・ジェームズ・パークで行われたリヴァプールFC戦(3-1)が初采配試合となり、ケヴィン・ノーラン、ジョーイ・バートン、アンディ・キャロルの得点で6戦ぶりの勝利を飾った。年が明けて最初のホームゲームとなった古巣ウェストハム・U戦は5-0で大勝した。2000年代前半にボビー・ロブソンの下で働いたこともあるジョン・カーヴァー(アシスタントコーチ)を始めとするコーチングスタッフを呼び寄せ、アンディ・ウッドマンはパーデューの下で再びゴールキーパーコーチに就任した。FAカップ3回戦ではリーグ2のスティブネイジ・ボロFCと対戦し、クラブ史に残る惨めな敗北(1-3)を喫したが、2月5日のアーセナルFC戦(4-4)では劣勢の試合を引き分けに持ち込んだ。ハーフタイムの時点でニューカッスル・Uは0-4と大量リードを許していたが、相手MFアブー・ディアビが一発退場してから試合の流れが一変し、プレミアリーグの歴史の中で最も顕著な挽回のひとつに数えられる采配を見せ、後半に4得点して引き分けに持ち込んだ。その後は欧州カップ戦出場権争いにも残留争いにも絡まない順位で推移した。5月7日のバーミンガム・シティFC戦に2-1で勝利し、2試合を残してプレミアリーグ残留を決めると、その後はチェルシーFCに2-2、セント・ジェームズ・パークでのウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCに3-3という結果が続いたが、最終的な順位は就任時と変わらず12位であった。アラン・パーデュー フレッシュアイペディアより)

534件中 21 - 30件表示

「アーセナル」のニューストピックワード