807件中 31 - 40件表示
  • プレミアリーグ2010-2011

    プレミアリーグ2010-2011から見たアーセナルFCアーセナルFC

    アーセナル 6-0 ブラックプール リーグ第2節 2010.8.21プレミアリーグ2010-2011 フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ビーティー

    ジェームズ・ビーティーから見たアーセナルFCアーセナルFC

    ビーティーのプロデビューは、1996年10月26日に行われ、2-0で勝利したアーセナル戦である。ブラックバーンでは、トップチームでは7試合しか出場する機会がなく、得点を挙げることは出来なかった。1998年にサウサンプトンへ移籍することとなった。ジェームズ・ビーティー フレッシュアイペディアより)

  • ルアン・スアン・チュオン

    ルアン・スアン・チュオンから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2012年、ホアン・アイン・ザライFCの下部組織であるHAGLアーセナルJMG(U-17)の欧州遠征メンバーに選出された。HAGLアーセナルJMGはアーセナルFC・ユースとの親善試合に1-0で勝利するなど活躍し、スアン・チュオンとグエン・コン・フオン、グエン・トゥアン・アイン、チャン・フー・ドン・チエウの4選手がU-18アーセナルFCの練習に招待された。ルアン・スアン・チュオン フレッシュアイペディアより)

  • ジウベルト・シウバ

    ジウベルト・シウバから見たアーセナルFCアーセナルFC

    アーセナルFCでは2006-07シーズンから副キャプテンを務めた。2008-09シーズンからはギリシャのパナシナイコスFCでプレイした。2010年5月に母国ブラジルの名門グレミオFBPAへの移籍が発表された。ジウベルト・シウバ フレッシュアイペディアより)

  • ステファン・セセニョン

    ステファン・セセニョンから見たアーセナルFCアーセナルFC

    ル・マンUCでの華々しい2シーズンのおかげでプレミアリーグのアーセナルFCやニューカッスル・ユナイテッドFCなどのビッグクラブからも注目を集める存在となったが、パリ・サンジェルマンFCと4年契約を結び、背番号10を貰った。移籍金の額は800万ユーロから1000万ユーロの間と言われている。2008年8月16日、シーズン開幕戦のFCジロンダン・ボルドー戦でデビューし、1-0で勝利した。次の試合でFCソショー相手に初得点を決めた。12月13日、AJオセール戦でキャリア通算3度目となる1試合2得点を成し遂げ、2-1での勝利に貢献した。この12月には月間最優秀選手賞を受賞した。2008-09シーズンのUEFAカップには9試合に出場し、FCトゥウェンテ戦で1得点した。ディフェンシブミッドフィールダーのクロード・マケレレとセンターハーフのジェレミー・クレマンとのトリオの活躍で一時はリーグ戦2位に上り詰めたが、フロントの混乱から最終的には6位でシーズンを終えた。クープ・ドゥ・ラ・リーグでは準決勝に進出し、UEFAカップはベスト8に進出した。すべての試合をあわせると49試合に出場して8得点11アシストを決めた、リーグの最優秀選手賞とクラブの最優秀選手賞にノミネートされた。ステファン・セセニョン フレッシュアイペディアより)

  • コリン・カジム=リチャーズ

    コリン・カジム=リチャーズから見たアーセナルFCアーセナルFC

    クイーンズ・パーク・レンジャーズFCとアーセナルFCの下部組織を経て、ベリーFCの下部組織からプロキャリアを開始する。ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC、プレミアリーグ (イングランド1部) のシェフィールド・ユナイテッドFCでそれぞれ1シーズンを過ごした後は、フェネルバフチェSK、トゥールーズFC、ガラタサライSK、オリンピアコスFC、フェイエノールトといった欧州各国の様々なクラブに所属した。コリン・カジム=リチャーズ フレッシュアイペディアより)

  • デニウソン・ペレイラ・ネヴェス

    デニウソン・ペレイラ・ネヴェスから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2006年8月31日にアーセナルFCに加入。同年、カーリングカップのウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦でトップチームデビューした。2008年8月30日第3節ホームでのニューカッスル・ユナイテッドFC戦の後半14分にプレミアリーグでの初得点をマークした。この試合ではマン・オブ・ザ・マッチに輝き、記念にもらったシャンパンは家に飾ってある。2008-09シーズンは移籍したマチュー・フラミニに代わって中盤のレギュラーを務め、セスク・ファブレガスとコンビを組み、3得点した。デニウソン・ペレイラ・ネヴェス フレッシュアイペディアより)

  • グエン・コン・フオン

    グエン・コン・フオンから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2007年、アーセナルFCとJMGアカデミー、ホアン・アイン・ザライ・グループによって創設されたホアン・アイン・ザライ・アーセナルJMGアカデミーに入団した。2010年6月、グエン・コン・フオンとグエン・トゥアン・アインはJMGアカデミーの優秀選手に選ばれ、マリで行われた海外トレーニングに参加した。2012年、コン・フオンとトゥアン・アイン、ルアン・スアン・チュオン、チャン・フー・ドン・チエウの4選手がアーセナル・ユースチームの練習に参加した。グエン・コン・フオン フレッシュアイペディアより)

  • ランドリー・エングエモ

    ランドリー・エングエモから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2009年1月にイングランドとフランスのメディアがアーセナルFC, サンダーランドAFC, エヴァートンFCから関心を寄せているとの報道を聞き、いつかはチームを去りプレミアリーグの舞台でプレーしたいことを明かした。同月31日のル・アーヴルAC戦で試合終了間際の90分に決勝点にして自身初得点を決めると、5月23日のオリンピック・マルセイユ戦でも同様な形で2得点目を挙げるも、今度は2-1で敗れた。ランドリー・エングエモ フレッシュアイペディアより)

  • アラン・パーデュー

    アラン・パーデューから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2010年12月6日、ニューカッスル・ユナイテッドFCはプレミアリーグ昇格の立役者であるクリス・ヒュートン監督を解任した。3日後の12月9日、パーデューはニューカッスル・Uと5年半の契約を結んで監督に就任した。Sky Sportsはニューカッスル・Uの新監督の適任者を選ぶインターネット投票を行っているが、そこでは4万件の投票のうち5.5%を得ただけであり、地元紙によるアンケートでもパーデュー就任を望んだサポーターは2%にも満たなかった。パーデューは「私はジョルディではないが、試合をこよなく愛するサッカー人であり、私がやる気、チームへの願望、仕事への責任を持っていることは保障する。昨シーズンのクリス・ヒュートンは良い仕事をしてクラブをプレミアリーグ復帰に導き、今シーズンもまずまずの成果を上げていた。すぐに基盤を築き、クラブを成長させることを目指している」と述べた。選手・サポーターらとの対立に直面するかもしれないことを認め、他の監督らに「あそこ(ニューカッスル・U)に行くなんて、君は正気ではない」と忠告されたことを認めたが、パーデューは「このクラブはイングランドで五指に入るクラブである。見通しは非常に厳しいが、私は決して諦めない」と断言した。12月11日にセント・ジェームズ・パークで行われたリヴァプールFC戦(3-1)が初采配試合となり、ケヴィン・ノーラン、ジョーイ・バートン、アンディ・キャロルの得点で6戦ぶりの勝利を飾った。年が明けて最初のホームゲームとなった古巣ウェストハム・U戦は5-0で大勝した。2000年代前半にボビー・ロブソンの下で働いたこともあるジョン・カーヴァー(アシスタントコーチ)を始めとするコーチングスタッフを呼び寄せ、アンディ・ウッドマンはパーデューの下で再びゴールキーパーコーチに就任した。FAカップ3回戦ではリーグ2のスティブネイジ・ボロFCと対戦し、クラブ史に残る惨めな敗北(1-3)を喫したが、2月5日のアーセナルFC戦(4-4)では劣勢の試合を引き分けに持ち込んだ。ハーフタイムの時点でニューカッスル・Uは0-4と大量リードを許していたが、相手MFアブー・ディアビが一発退場してから試合の流れが一変し、プレミアリーグの歴史の中で最も顕著な挽回のひとつに数えられる采配を見せ、後半に4得点して引き分けに持ち込んだ。その後は欧州カップ戦出場権争いにも残留争いにも絡まない順位で推移した。5月7日のバーミンガム・シティFC戦に2-1で勝利し、2試合を残してプレミアリーグ残留を決めると、その後はチェルシーFCに2-2、セント・ジェームズ・パークでのウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCに3-3という結果が続いたが、最終的な順位は就任時と変わらず12位であった。アラン・パーデュー フレッシュアイペディアより)

807件中 31 - 40件表示

「アーセナル」のニューストピックワード