534件中 31 - 40件表示
  • デロイト・フットボール・マネー・リーグ

    デロイト・フットボール・マネー・リーグから見たアーセナルFCアーセナルFC

    レアル・マドリード(スペイン)がスポーツクラブとして初めて5億ユーロを超え、8シーズン連続1位となった。これは、1996-97シーズンから2003-04シーズンまで連続で1位となったマンチェスター・ユナイテッドFC(イングランド)に並ぶ記録である。FCバルセロナ(スペイン)が4シーズン連続で2位となり、1位から6位のアーセナルFC(イングランド)までは前シーズンから順位の変動がなかった。7位には大きく順位を上げたマンチェスター・シティFC(イングランド)が入り、11位のボルシア・ドルトムント(ドイツ)や15位のSSCナポリ(イタリア)も大きく順位を上げている。20クラブの国別内訳は、イングランドが7クラブ、イタリアが5クラブ、ドイツが4クラブ、スペインとフランスが2クラブである。デロイト・フットボール・マネー・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • オグニェン・ヴコイェヴィッチ

    オグニェン・ヴコイェヴィッチから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2006-07シーズンのヴコイェヴィッチは、UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07予選のFKエクラナス, アーセナルFC、UEFAカップ第1ラウンドのAJオセールと欧州戦で合計6試合出場した。また、エクラナス戦では、1ゴールを決め5-2で勝利した。翌2007-08シーズンはUEFAチャンピオンズリーグ 2007-08予選に6試合出場し、とヴェルダー・ブレーメン相手にゴールを決めた。さらにUEFAカップ 2007-08にも6試合出場し、SKブランとスタッド・レンヌ相手にゴールした。また、このシーズンのリーグ戦では29試合11ゴールを記録し、3年連続の優勝に貢献。ディナモ・ザグレブ在籍時にリーグ戦3連覇・カップ戦連覇した。オグニェン・ヴコイェヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ナチョ・モンレアル

    ナチョ・モンレアルから見たアーセナルFCアーセナルFC

    ナチョ・モンレアル(Nacho Monreal)ことイグナシオ・モンレアル・エラソ(Ignacio Monreal Eraso、1986年2月26日 - )は、スペイン・パンプローナ出身のサッカー選手。プレミアリーグ、アーセナルFC所属。ポジションはDF(左サイドバック)。ナチョ・モンレアル フレッシュアイペディアより)

  • アシュリー・コール

    アシュリー・コールから見たアーセナルFCアーセナルFC

    地元アーセナルの下部組織に加入し、クリスタル・パレスへレンタル移籍した後、アーセナルへ復帰。持ち前の突破力と的確なクロスでレギュラーを掴み、2001-2002シーズンにはFAプレミアリーグとFAカップでそれぞれ優勝を収めた。その活躍が認められ、2001年3月28日のアルバニア戦でイングランド代表デビューを果たし、2002年の日韓W杯では5試合に出場した。2006年8月31日にはウィリアム・ギャラス+700万ユーロのトレードでチェルシーに移籍。加入した序盤はあまり馴染めずにいたものの、徐々に順応していった。2008-2009シーズンはウェイン・ブリッジが移籍した事もあり、代えの利かないサイドバック選手として活躍し、プレーヤーズ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。アシュリー・コール フレッシュアイペディアより)

  • バカリ・サニャ

    バカリ・サニャから見たアーセナルFCアーセナルFC

    バカリ・サニャ(Bacary Sagna, 1983年2月14日 - )は、フランス・ブルゴーニュ地域圏ヨンヌ県サンス出身の同国代表サッカー選手。U-21フランス代表を経験している。FAプレミアリーグ・アーセナルFC所属。ポジションはディフェンダー(右サイドバック)。本職は右のサイドバックであるものの、ディフェンスラインの他のポジションや中盤でもプレーできるユーティリティプレイヤーである。バカリ・サニャ フレッシュアイペディアより)

  • フラン・メリダ

    フラン・メリダから見たアーセナルFCアーセナルFC

    カタルーニャ州・バルセロナに生まれ、8歳の時に地元のFCバルセロナの下部組織に入団した。2005年9月にクラブを離れ、代理人のホセバ・ディアスによってクラブの目の届かない場所に移され、FCバルセロナにまったく補償なしにイングランドに旅立つ可能性があるとの推測を呼んだ。メリダの両親はFCバルセロナの下部組織に所属する選手のことを心配し、若手選手はより良い機会を掴むのが良いことだと考えた。この結果、彼らはセスク・ファブレガスの代理人でもあるディアスに接触し、彼は即座にレアル・マドリードやACミランやアーセナルFCに警笛を鳴らした。FCバルセロナの懸念はメリダが一切の補償なしにアーセナルFCに加入するという形で具現化した。メリダはまだ、FCバルセロナとはプロ契約を行っていなかった。フラン・メリダ フレッシュアイペディアより)

  • デニス・ベルカンプ

    デニス・ベルカンプから見たアーセナルFCアーセナルFC

    その後、インテルに移籍したが能力を発揮できず、1995年にアーセナルに移籍しチームの中心として活躍。97?98シーズン、01?02シーズンの二冠等に貢献。また、2003-2004シーズンには無敗でプレミアリーグを制するなど、一時代を築いた。1998年フランスワールドカップのアルゼンチン代表戦や01年プレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッド戦など伝説的なゴールを数多く挙げ、パトリック・クライファートが2003年に更新するまでオランダ代表の最多得点記録も保持していた。デニス・ベルカンプ フレッシュアイペディアより)

  • セバスティアン・ビエラ

    セバスティアン・ビエラから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2003年にナシオナル・モンテビデオからデビューした。2005年8月にはイングランド・プレミアリーグのアーセナルFCへの移籍すると思われたが、メディカルチェックをパスしなかったことからアーセン・ベンゲル監督は獲得を取りやめた。同8月、ホセ・マヌエル・レイナの後釜を探していたスペイン・リーガ・エスパニョーラのビジャレアルCFと4年契約を結んだ。同時期にアルゼンチン人GKマリアーノ・バルボサも加入したが、2005-06シーズンと2006-07シーズンはバルボサとポジションを争い、より多くの試合に出場している。2005-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは準決勝まで勝ち進んだが、アーセナルFC戦には2戦とも出場を逃した。2007-08シーズンもレギュラーとしてシーズン開幕を迎えたが、2007-08シーズン中盤に新加入のディエゴ・ロペスにポジションを明け渡した。2008-09シーズンはリーグ戦の出場機会がゼロとなり、2009年7月に契約満了により退団するまでにポジションを奪い返すことはできなかった。セバスティアン・ビエラ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・オルドリッジ

    ジョン・オルドリッジから見たアーセナルFCアーセナルFC

    1986-1987シーズンの終了後、エースストライカーのイアン・ラッシュをユヴェントスFCへ失うことになるリヴァプールFCは、実績と経験のある選手を探していた。チェルシーFCのやアーセナルFCのなどと共に、外見的にも似通っていたオルドリッジが候補の一人に挙げられた。1987年1月27日にケニー・ダルグリッシュが監督するリヴァプールへ移籍金75万ポンドで加入、ラッシュのパートナーとしてプレーすることになる。(以前は、選手兼監督のダルグリッシュとが務めていた役割を埋めることになる)この時点でオルドリッジは、オックスフォードで25試合15得点を記録していた。ジョン・オルドリッジ フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・ソング

    アレクサンドル・ソングから見たアーセナルFCアーセナルFC

    SCバスティアでプロとしてのキャリアをスタート。2005年にアーセナルのトライアウトを受験し、これに合格した。2007年1月からシーズン終了まで、チャールトンへレンタル移籍。07-08シーズンからはアーセナルへ戻った。アレクサンドル・ソング フレッシュアイペディアより)

534件中 31 - 40件表示

「アーセナル」のニューストピックワード