534件中 41 - 50件表示
  • ガレス・ベイル

    ガレス・ベイルから見たアーセナルFCアーセナルFC

    翌年の2007年には様々なクラブ間での争奪戦が行われた末、 トッテナム・ホットスパーFCに4年契約で移籍。(その当時の背番号は16)。デビュー年から活躍し、フラムFC戦でファーストゴールをあげ、対アーセナルFCではフリーキックでゴールを奪った。ガレス・ベイル フレッシュアイペディアより)

  • ジェルヴィーニョ

    ジェルヴィーニョから見たアーセナルFCアーセナルFC

    ジェルヴィーニョ(Gervinho)ことジェルヴェ・ヤオ・クアッシ(Gervais Yao Kouassi, 1987年5月27日 - )は、コートジボワール・アニャマ出身のサッカー選手。プレミアリーグ、アーセナルFC所属。コートジボワール代表である。ポジションはFW。ジェルヴィーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ヨッシ・ベナユン

    ヨッシ・ベナユンから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2011年8月31日、レンタル移籍でアーセナルFCに加入した。途中出場がメインだったものの、19試合で4得点を挙げた。2012年9月1日、レンタル移籍でウェストハムに5年ぶりに復帰。ヨッシ・ベナユン フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ラムジー

    アーロン・ラムジーから見たアーセナルFCアーセナルFC

    アーロン・ジェームズ・ラムジー(Aaron James Ramsey, 1990年12月26日 - )は、ウェールズ出身のサッカー選手。ウェールズ代表のミッドフィールダーで、現在はアーセナルFCに所属している。ウェールズの選手としてはライアン・ギグス以来の逸材と言われている。アーロン・ラムジー フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・オレアリー

    デヴィッド・オレアリーから見たアーセナルFCアーセナルFC

    デヴィッド・アンソニー・オレアリー(David Anthony O'Leary、1958年5月2日 - )は、イングランド・ロンドンのストーク・ニューイントン出身の元同国代表の元サッカー選手。現在はサッカー指導者。指導者としてのキャリアはリーズ・ユナイテッドAFCでスタートし、後にアストン・ヴィラFCで指揮した。最近はアル・アハリ・ドバイの監督として働いていた。現役時代はDF (CB)として20年プレーし、その大部分をアーセナルFCで過ごした。また、アーセナルでの全コンペティションを含めた出場722試合は、クラブ最多出場記録となっている。デヴィッド・オレアリー フレッシュアイペディアより)

  • コルベイン・シグソールソン

    コルベイン・シグソールソンから見たアーセナルFCアーセナルFC

    HKコーパヴォグスでキャリアを開始し、2006-07シーズンにデビューした。その後、レアル・マドリードやアーセナルFC等いくつかのクラブから関心を集めたが、AZアルクマールへ移籍することを決め、2010-11シーズンにファーストチーム入りを果たした。翌シーズンにアヤックス・アムステルダムへ450万ユーロで移籍した。コルベイン・シグソールソン フレッシュアイペディアより)

  • ギルフィ・シグルズソン

    ギルフィ・シグルズソンから見たアーセナルFCアーセナルFC

    アイスランドのレイキャヴィーク・ハフナルフィヨルズゥルで生まれた。地元のクラブとブレイザブリクUBKでプレーし、U-17代表でもあった。2005年10月1日に、レディングFCのユースチームと契約する前にアーセナルFCのトライアルに参加していた。レディングのユースとリザーブチームで3年間過ごした後、2007-08シーズンが開幕する前に、ギルフィと他5名の若手選手たちはプロ契約を結んだ。ギルフィ・シグルズソン フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・アネルカ

    ニコラ・アネルカから見たアーセナルFCアーセナルFC

    1996年にフランスリーグ・アンのパリ・サンジェルマンでキャリアをスタート。能力の高さをアーセン・ベンゲルに見込まれて、当時18歳ながら50万ポンドという異例の高額で1997年にFAプレミアリーグ・アーセナルへ移籍し、得点を着実に重ねて評価を上げた。ペレはこのころの彼を評し、「ストライカーに必要なものを全て兼ね備えている」とベタ褒めした。1999年にスペインのレアル・マドリードに移籍するも、怪我もあり不振が続いたことがあり高い評価を得られなかった。UEFAチャンピオンズリーグでは予選で2度大敗した天敵バイエルンに準決勝で2得点を奪い、勝利に貢献するという活躍もあったが結局退団。それからパリ・サンジェルマン、リヴァプール、マンチェスター・シティと移籍を繰り返し、フランス代表からは遠ざかっていた。常々フランス代表のメンバーに名を列ねているが、過去3度のW杯の代表選考では最後のほうで毎回落選している。唯一EURO2000の時だけメンバーに選ばれ、優勝を経験。ニコラ・アネルカ フレッシュアイペディアより)

  • ヌリ・シャヒン

    ヌリ・シャヒンから見たアーセナルFCアーセナルFC

    ボルシア・ドルトムントの下部組織出身である。2005年夏には、イングランド・プレミアリーグに属するチェルシーFCやアーセナルFC、マンチェスター・ユナイテッドFCが獲得に乗りだす。特にアーセナルFCのアーセン・ベンゲル監督は「18歳以下ではヨーロッパで最も才能のある選手」とシャヒンを高く評価、同年8月6日、16歳334日でドイツ・ブンデスリーガデビューし、ブンデスリーガの最年少出場記録を塗り替えた。 同年夏にはUEFAインタートトカップのSKシグマ・オロモウツ戦に出場し、クラブの最年少欧州カップ戦出場記録を更新した。11月25日には1.FCニュルンベルク戦でリーグ戦初得点を記録し、こちらも最年少得点記録を更新した。ヌリ・シャヒン フレッシュアイペディアより)

  • ステファン・セセニョン

    ステファン・セセニョンから見たアーセナルFCアーセナルFC

    ル・マンUCでの華々しい2シーズンのおかげでプレミアリーグのアーセナルFCやニューカッスル・ユナイテッドFCなどのビッグクラブからも注目を集める存在となったが、パリ・サンジェルマンFCと4年契約を結び、背番号10を貰った。移籍金の額は800万ユーロから1000万ユーロの間と言われている。2008年8月16日、シーズン開幕戦のFCジロンダン・ボルドー戦でデビューし、1-0で勝利した。次の試合でFCソショー相手に初得点を決めた。12月13日、AJオセール戦でキャリア通算3度目となる1試合2得点を成し遂げ、2-1での勝利に貢献した。この12月には月間最優秀選手賞を受賞した。2008-09シーズンのUEFAカップには9試合に出場し、FCトゥヴェンテ戦で1得点した。ディフェンシブミッドフィールダーのクロード・マケレレとセンターハーフのジェレミー・クレマンとのトリオの活躍で一時はリーグ戦2位に上り詰めたが、フロントの混乱から最終的には6位でシーズンを終えた。クープ・ドゥ・ラ・リーグでは準決勝に進出し、UEFAカップはベスト8に進出した。すべての試合をあわせると49試合に出場して8得点11アシストを決めた、リーグの最優秀選手賞とクラブの最優秀選手賞にノミネートされた。ステファン・セセニョン フレッシュアイペディアより)

534件中 41 - 50件表示

「アーセナル」のニューストピックワード