807件中 41 - 50件表示
  • ミルコ・ヴチニッチ

    ミルコ・ヴチニッチから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2006年6月21日に750万ユーロでASローマにレンタル移籍すると、UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦でゴールを決めるなど頭角を表し、シーズン終了後に移籍金750万ユーロでローマに移籍(ただしレッチェとの共同保有)。シーズン当初は左のウインガーとしてプレーしていたが、フランチェスコ・トッティが怪我で長期離脱するとワントップのセンターフォワードとして起用される。するとUEFAチャンピオンズリーグではスポルティングCP戦で決勝ゴールを決めるなど、ストライカーとしても活躍し見事にトッティの穴を埋めて見せた。チャンピオンズリーグ決勝トーナメント・対レアル・マドリード第2戦ではマンシーニに代わってピッチに立ち、彼を倒しにきたペペを退場に追い込むと1点目の基点となり、自身もロスタイムに決勝点を決めた。シーズンオフには新たに移籍金1200万ユーロでローマが保有権を買い取り、完全移籍となった。2008年11月4日のチャンピオンズリーグ・チェルシー戦では2得点を記録し勝利に貢献。しかしアーセナルとの決勝トーナメント1回戦のPK戦ではPKを外してしまい、チームも敗退してしまった。2010年3月20日のウディネーゼ戦では自身初のハットトリックを記録した。4月18日のSSラツィオとのローマダービーではPKと直接フリーキックで2得点を挙げ、チームの逆転勝利に貢献した。ミルコ・ヴチニッチ フレッシュアイペディアより)

  • アルトゥーロ・ルポリ

    アルトゥーロ・ルポリから見たアーセナルFCアーセナルFC

    パルマFCの下部組織出身であり、アーセナルFC、ダービー・カウンティなどのチームに所属していた。アルトゥーロ・ルポリ フレッシュアイペディアより)

  • ティム・シャーウッド

    ティム・シャーウッドから見たアーセナルFCアーセナルFC

    ハートフォードシャーのボアハムウッドで生まれたシャーウッドは、子どもの頃はアーセナルのサポーターであった。1987年9月12日に行われたシェフィールド・ウェンズデイ戦でワトフォードでのデビューを果たし、1989年の7月にノリッジ・シティに移籍するまでディビジョン2のリーグ戦通算32試合に出場した。ノリッジ・シティでは1992年の2月にブラックバーン・ローヴァーズに移籍するまで公式戦88試合に出場し、13ゴールを挙げた。ティム・シャーウッド フレッシュアイペディアより)

  • アダム・ジョンソン (サッカー選手)

    アダム・ジョンソン (サッカー選手)から見たアーセナルFCアーセナルFC

    2005年3月17日にUEFAカップ 2004-05のスポルティングCP戦で17歳の時にトップチームでプロデビューを果たし、それからほぼ6ヶ月後に負傷により欠場したスチュワート・ダウニングの代役としてアーセナルFC戦でリーグデビュー及び初先発出場を飾った。同2005-06シーズン前半戦は主にリーグ戦でベンチ入りするも出番はなく、UEFAカップで途中出場により経験を積む中、2度目の先発出場となった12月15日のリテックス・ロヴェチ戦 (2-0) でマッシモ・マッカローネの得点をアシストした。以後、シーズン終了するまでダウニングの代役や途中出場で出場機会を得、2006年5月3日のボルトン・ワンダラーズFC戦では、それから1週間後のUEFAカップ 2005-06決勝戦へ向けてスティーブ・マクラーレン監督が選手に大幅に入れ替えられる影響により先発出場し、プロ初得点を記録した。7月2日にクラブと契約を4年延長した。アダム・ジョンソン (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ミケル・アルテタ

    ミケル・アルテタから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2011年8月31日、1000万ポンドの移籍金でアーセナルFCへ移籍し、4年間の契約を結んだ。ミケル・アルテタ フレッシュアイペディアより)

  • チュバ・アクポム

    チュバ・アクポムから見たアーセナルFCアーセナルFC

    チュバ・アメチ・アクポム(Chuba Amechi Akpom, 1995年10月9日 - )は、イングランド・ニューアム・ロンドン特別区出身のサッカー選手。アーセナルFCに所属。ポジションはFW。チュバ・アクポム フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・アップソン

    マシュー・アップソンから見たアーセナルFCアーセナルFC

    ベッドフォードシャー州のルートン・タウンFCでキャリアを開始後、1997年5月に移籍金200万ポンドでプレミアリーグのアーセナルFCと契約した。しかし、アーセナルでは出場機会をなかなか得られず、ハイベリーでの6季は57試合の出場にとどまり、また、ノッティンガム・フォレストFC、クリスタル・パレスFC、レディングFCへと貸し出されていた。マシュー・アップソン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ロブソン

    ボビー・ロブソンから見たアーセナルFCアーセナルFC

    アーセナルと選手兼任監督としてサウスエンド・ユナイテッドが興味を持っていると報じられたが、1967年にフラムを去ったロブソンはバンクーバー・ロイヤルズと3年間の契約を結んだ。「逃すには惜しいチャンスである」と考えており、北米サッカーリーグの1968年のシーズンには選手兼任監督になることになっていたが、サンフランシスコ・ゴールデン・ゲート・ゲールズの所有者がチームの共同保有者となり、難しい立場に置かれてしまった。その影響を受け、チームのサンフランシスコ部門についてはフェレンツ・プスカシュが、バンクーバー部門についてはロブソンが監督するということになったが、こうした状況に不満を募らせたロブソンは、1968年1月にフラムからの監督就任オファーを受け入れた。ボビー・ロブソン フレッシュアイペディアより)

  • フラン・メリダ

    フラン・メリダから見たアーセナルFCアーセナルFC

    カタルーニャ州・バルセロナに生まれ、8歳の時に地元のFCバルセロナの下部組織に入団した。2005年9月にクラブを離れ、代理人のホセバ・ディアスによってクラブの目の届かない場所に移され、FCバルセロナにまったく補償なしにイングランドに旅立つ可能性があるとの推測を呼んだ。メリダの両親はFCバルセロナの下部組織に所属する選手のことを心配し、若手選手はより良い機会を掴むのが良いことだと考えた。この結果、彼らはセスク・ファブレガスの代理人でもあるディアスに接触し、彼は即座にレアル・マドリードやACミランやアーセナルFCに警笛を鳴らした。FCバルセロナの懸念はメリダが一切の補償なしにアーセナルFCに加入するという形で具現化した。メリダはまだ、FCバルセロナとはプロ契約を行っていなかった。フラン・メリダ フレッシュアイペディアより)

  • U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ

    U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジから見たアーセナルFCアーセナルFC

    世界最高レベルの育成機関織を持つ欧州強豪クラブの下部組織を招き、日本の子供や指導者たちに世界を体験してもらうことを目的に2013年に初めて開催された。これまでスペインのFCバルセロナ、RCDエスパニョール、イタリアのACミラン、イングランドのリヴァプールFC、マンチェスター・シティFC、アーセナルFCなどが参加。日本から出場するのは主にJリーグの下部組織である。U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ フレッシュアイペディアより)

807件中 41 - 50件表示

「アーセナル」のニューストピックワード