807件中 51 - 60件表示
  • ティモシー・フォス=メンサー

    ティモシー・フォス=メンサーから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2016年2月28日に行われたマンチェスター・ユナイテッド対アーセナル戦で、55分にマルコス・ロホが負傷したため途中出場でプレミアデビューを果たした。ロホが抜けた左サイドバックでそのまま35分ほどプレーした。左サイドバックを本職としいるジョー・ライリーが控えていたのだが、ルイ・ファン・ハール監督はアーセナルとのビッグマッチでトップチームデビューさせた。ティモシー・フォス=メンサー フレッシュアイペディアより)

  • オグニェン・ヴコイェヴィッチ

    オグニェン・ヴコイェヴィッチから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2006年3月4日の戦(ホーム3-0勝利)で移籍後初出場を飾って以降、同2006-07シーズンに地位を確立し、そのプレースタイルから度々"ディナモ(もしくはクロアチア)のガットゥーゾ"の愛称で呼ばれた。また、欧州カップ戦ではUEFAチャンピオンズリーグ 2006-07予選のFKエクラナス戦とアーセナルFC戦との4試合、UEFAカップ2006-07・1回戦のAJオセール戦との2試合の全6試合中全試合に出場し、うちエクラナス戦(ホーム5-2勝利)で1得点を挙げた。オグニェン・ヴコイェヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝から見たアーセナルFCアーセナルFC

    UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06の決勝戦は、2006年5月17日にフランス・パリ郊外のサン=ドニにあるスタッド・ド・フランスで開催され、スペインのFCバルセロナとイングランドのアーセナルFCが対戦した。UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • 2番目のキス

    2番目のキスから見たアーセナルFCアーセナルFC

    原作およびイギリス版ではサッカーが題材となっていたが、本作ではアメリカ市場に合わせて野球を題材としている。イギリス版、アメリカ版共にスポーツにおいて劇的、あるいは予期せぬ勝利をおさめており、原作では1989年にアーセナルFCがリーグ決勝戦にてリヴァプールFCに最後数分で勝利したこと、本作ではボストン・レッドソックスが2004年のワールドシリーズで優勝したことに焦点を当てている。2番目のキス フレッシュアイペディアより)

  • ダレン・フレッチャー

    ダレン・フレッチャーから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2007-08シーズンは、オーウェン・ハーグリーヴス、アンデルソン、ナニが加入し、シーズンの初めは出場機会はさらに減少し、十分な出場機会が与えられないことから、一時はクラブを去るのではないかと噂されていた。事実、ファーガソンは、キャリック、スコールズ、ギグス、ロナウドの中盤を好み、フレッチャーは新加入選手よりも、出場機会を与えられなかった。しかし、フレッチャーは、4-0で勝利したFAカップ4回戦のアーセナルFC戦で2ゴールを挙げるなど、与えられたチャンス活かし、好パフォーマンスを見せた。ダレン・フレッチャー フレッシュアイペディアより)

  • ヨッシ・ベナユン

    ヨッシ・ベナユンから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2007年7月12日にリヴァプールFCに移籍。移籍金は推定500万ポンド (約12億5千万円) と見られている。リヴァプールに移籍するにあたり、ベナユンの実力はビッグクラブに見合うものなのか否かという懐疑的な意見が少なからず見受けられた。しかしチームの窮地を救うゴールを幾度も挙げるなど、リヴァプールでも攻撃にアクセントを付けられる貴重な存在として活躍している。特に08/09シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグのアウェーのレアル・マドリード戦では決勝点、4-4という劇的なスコアとなったプレミアリーグのアーセナル戦ではロスタイムでの同点弾を含む2ゴールなど、ビッグクラブを相手にした活躍が高い評価を得ている。ヨッシ・ベナユン フレッシュアイペディアより)

  • FAプレミアリーグ1998-1999

    FAプレミアリーグ1998-1999から見たアーセナルFCアーセナルFC

    アーセナルは、マンチェスター・ユナイテッドがライバルのリヴァプールと2-2で引き分ける一方で、トッテナム・ホットスパーに勝利した際には最も優勝に近い位置にいたが、最終的に1ポイント差で連覇を逃した。FAプレミアリーグ1998-1999 フレッシュアイペディアより)

  • ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト

    ジョバンニ・ファン・ブロンクホルストから見たアーセナルFCアーセナルFC

    フェイエノールトの下部組織で育ち、1994年にトップチームデビューした。1998年に移籍したスコットランドのレンジャーズFCではスコティッシュ・プレミアリーグ優勝2度、スコティッシュ・カップ優勝2度など数々のタイトルを獲得し、2001年にイングランドのアーセナルFCに移籍した。2003年からはスペインのFCバルセロナでプレーし、2005-06シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグで優勝するなどキャリア最高の活躍を見せた。2007年に古巣フェイエノールトに戻り、2010年までプレーした。ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト フレッシュアイペディアより)

  • 銀河系軍団

    銀河系軍団から見たアーセナルFCアーセナルFC

    2006年2月にUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のアーセナルFC戦とリーガ・エスパニョーラにおけるRCDマヨルカ戦での連敗により2季連続の無冠が濃厚となったため、同年2月27日にペレスは責任を取る形で会長職を辞任した。銀河系軍団 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・キャメロン

    ジェフ・キャメロンから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2012年7月にイングランド1部のストーク・シティFCと移籍金250万ドルで合意に達し、8月8日に労働許可証が付与されたことで正式に契約を締結した。ドイツ1部SpVggグロイター・フュルトとのシーズン前の親善試合で移籍後初出場を飾り、同試合で活躍を示していたが、ビザの問題からレディングFCとの開幕戦を逃したことで26日のアーセナルFC戦(0-0)まで公式戦初出場を待たなければならなかった。日頃から自身の最適な位置はセンターバックまたは中盤中央と語っていたキャメロンは、ストークでは右サイドバックで起用されており、当初は不慣れなためにトニー・ピューリス監督に不満を述べるも却下された。しかし、最終的に「最適な位置でのプレーよりも出場機会を好む」との判断からビデオで日々学んでいったことで新境地を開拓することに成功し、経験があまりないにもかかわらず感銘を与えるプレーを見せていき、移籍1季目は公式戦38試合に出場し、13位でシーズンを終了することに貢献した。シーズン終了後、シーズン中のメジャーリーグサッカーから開幕前の状態にある別のリーグへ移動したことで1年半も実戦の状態にあり、シーズン終盤は疲労との格闘に苦労したと感想を述べた。ジェフ・キャメロン フレッシュアイペディアより)

807件中 51 - 60件表示

「アーセナル」のニューストピックワード