534件中 61 - 70件表示
  • オリヴィエ・ジルー

    オリヴィエ・ジルーから見たアーセナルFCアーセナルFC

    オリヴィエ・ジルー(Olivier Giroud, 1986年9月30日 - )は、フランス・サヴォワ県シャンベリ出身のサッカー選手。プレミアリーグ・アーセナルFC所属。ポジションはFW。オリヴィエ・ジルー フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・ポドルスキ

    ルーカス・ポドルスキから見たアーセナルFCアーセナルFC

    ルーカス・ヨーゼフ・ポドルスキ(Lukas Josef Podolski, 1985年6月4日 - )は、ポーランド・グリヴィツェ出身のドイツ代表。プレミアリーグ・アーセナル所属のサッカー選手。ポジションはフォワード。サイドハーフでもプレーができる。愛称は「ポルディ」。ポーランド系ドイツ人である。ルカーシュ・ポドルスキーとも表記される。ルーカス・ポドルスキ フレッシュアイペディアより)

  • ヌワンコ・カヌ

    ヌワンコ・カヌから見たアーセナルFCアーセナルFC

    1999年2月にアーセナルに移籍。アーセナルでのデビュー戦となったFAカップの対シェフィールド・ユナイテッド戦は物議を醸したプレイも。負傷したシェフィールドの選手を気遣いライン外にボールが出された後、味方選手がスローインで、紳士的に相手GKにボールを返そうとしたのだが、状況が把握できていなかったカヌーはこのボールを奪ってゴール前にセンタリングをあげ、マルク・オーフェルマルスが得点を決めてしまう。これが決勝点となっていったんは試合が成立したが、シェフィールドU側が抗議し、アーセナル側も試合直後から再試合を提案していたことから再試合が行われた。再試合の結果は、やはり2対1でアーセナルの勝利であった。ヌワンコ・カヌ フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・バロテッリ

    マリオ・バロテッリから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2010年8月19日のUEFAヨーロッパリーグプレーオフ1stレグ、FCポリテフニカ・ティミショアラ戦に途中出場し決勝点を挙げ、シティでのデビュー戦を飾った。しかしこの試合で右膝を負傷し、9月8日には手術を受け、10月末まで戦列を離れることとなった。10月24日のアーセナルFC戦に途中出場しプレミアリーグデビューを果たすと、10月30日のウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦では初めてフル出場を記録した。11月7日のウェストブロムウィッチ・アルビオンFC戦でプレミアリーグ初得点を記録したものの、ユースフ・ムルンブへのファウルでレッドカードを受け退場した。12月1日のヨーロッパリーグ、レッドブル・ザルツブルク戦では移籍後初の1試合2得点を記録した。12月22日にはトゥット・スポルト社が主催する21歳以下の最優秀選手賞であるゴールデン・ボーイ賞を受賞した。12月28日のアストン・ヴィラFC戦では移籍後初のハットトリックを達成した。2011年3月17日のUEFAヨーロッパリーグ・ディナモ・キエフ戦で前半36分に相手を蹴りつけ一発退場となった。早い時間での退場で、1stレグのビハインドをチームは逆転することができずに敗退し、ロベルト・マンチーニ監督の怒りを買った。2011年3月にはシティの下部組織の選手に対しダーツを投げつけた。怪我人は無かったもののチームはこのトラブルを重要視しバロテッリに10万ポンドの罰金を課した。4月16日のFAカップ準決勝のマンチェスター・ユナイテッドFC戦の勝利後にユニフォームのエンブレムをユナイテッドサポーターに見せつけ、ピッチを去るリオ・ファーディナンドに何度も挑発的なウィンクをしたとしてファーディナンドから詰め寄られ、試合後にも批判された。5月14日のストーク・シティFCとのFAカップ決勝ではマンオブザマッチに選ばれる活躍で、シティの35年ぶりのタイトル獲得に貢献した。マリオ・バロテッリ フレッシュアイペディアより)

  • 稲本潤一

    稲本潤一から見たアーセナルFCアーセナルFC

    2001年、以前Jリーグで監督をしていたアーセン・ベンゲルに見込まれて、イングランドプレミアリーグのアーセナルFCにレンタル移籍。稲本潤一 フレッシュアイペディアより)

  • サウサンプトンFC

    サウサンプトンFCから見たアーセナルFCアーセナルFC

    チャンピオンシップ1年目の2005-06シーズンは、2005年8月29日のコヴェントリー・シティ戦から2006年3月28日のバーンリー戦まで35試合で5勝しかできず、プレミアリーグ昇格どころか残留も危ぶまれたが、最後の6試合で5勝してシーズンを12位で終了し、降格を免れた。なお、シーズン中の2005年12月、ハリー・レドナップは辞任して再びポーツマスの監督に復帰し、2006年1月、期待の若手のセオ・ウォルコット(当時16歳)が、報酬500万ポンドから1200万ポンドという条件でアーセナルに移籍した。サウサンプトンFC フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・オーウェン

    マイケル・オーウェンから見たアーセナルFCアーセナルFC

    13歳になりハイ・スクールに通い始めたオーウェンはスクールボーイ契約を結べる資格を有していた。チェルシーFC、マンチェスター・ユナイテッドFC、アーセナルFCからも誘いを受けたが、オーウェンはリヴァプールFCを選び、14歳の時にクラブはシュロップシャー州リレシャルにあるFAのスクールに通うようにオーウェンを説得した。この時までオーウェンはハワーデン・ハイ・スクールで学習を続けており、10科目のGCSEを取得した。マイケル・オーウェン フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・モウリーニョ

    ジョゼ・モウリーニョから見たアーセナルFCアーセナルFC

    アーセナルFCのアシュリー・コールと秘密裏に会談していたとして2005年6月に20万ポンドの罰金を課された。これは後に7万5千ポンドに減額された。モウリーニョはアーセナルの監督アーセン・ベンゲルを「覗き魔」だと批判した。ベンゲルはこのコメントに激怒し告訴を検討したが、モウリーニョが謝罪したことで事態は収束した。ジョゼ・モウリーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト

    ジョバンニ・ファン・ブロンクホルストから見たアーセナルFCアーセナルFC

    フェイエノールトの下部組織で育ち、1994年にトップチームデビューした。1998年に移籍したスコットランドのグラスゴー・レンジャーズFCではスコティッシュ・プレミアリーグ優勝2度、スコティッシュ・カップ優勝2度など数々のタイトルを獲得し、2001年にイングランドのアーセナルFCに移籍した。2003年からはスペインのFCバルセロナでプレーし、2005-06シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグで優勝するなどキャリア最高の活躍を見せた。2007年に古巣フェイエノールトに戻り、2010年までプレーした。ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト フレッシュアイペディアより)

  • クレイグ・イーストモンド

    クレイグ・イーストモンドから見たアーセナルFCアーセナルFC

    クレイグ・レオン・イーストモンド(Craig Leon Eastmond, 1990年12月9日 - )は、イギリス出身のサッカー選手。ポジションはディフェンシブ・ミッドフィルダー及び右サイドバック。アーセナルFC所属。クレイグ・イーストモンド フレッシュアイペディアより)

534件中 61 - 70件表示

「アーセナル」のニューストピックワード