807件中 71 - 80件表示
  • インヴィンシブルズ (サッカー)

    インヴィンシブルズ (サッカー)から見たアーセナルFCアーセナルFC

    サッカーにおいて、インヴィンシブルズ(The Invincibles、無敵の者達)は無敗優勝を達成したチームの称号としてよく使われる言葉である。後述の通り、インヴィンシブルズと呼ばれたチームは歴史上複数存在するが、一般的にはアーセン・ヴェンゲル監督の指揮の下、2003-04シーズンにプレミアリーグ無敗優勝を達成したアーセナルFCを指すことが多い。インヴィンシブルズ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • フレドリック・ユングベリ

    フレドリック・ユングベリから見たアーセナルFCアーセナルFC

    1998年、プレミアリーグのアーセナルFCに移籍。移籍金300万ポンドは当時のスウェーデン人選手史上最高額であった。途中出場したマンチェスター・ユナイテッドFC戦で初得点を決め、デビュー戦を3-0の勝利で飾った。2001年のFAカップ決勝ではリヴァプールFCと対戦し、イングランド国外の選手として初めて同大会決勝での得点を記録したが、試合には敗れて準優勝に終わった。2001-02シーズンは最高のコンディションを維持し、プレミアリーグとFAカップの2冠を達成した。FAカップ決勝ではチェルシーFCと対戦し、史上初めて2年連続で同大会決勝での得点を記録した。2005-06シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグで決勝に進出し、怪我を押してFCバルセロナとの試合に出場した。2008年にはアーセナルFCのファンが選ぶベストプレーヤーの11位に選ばれた。フレドリック・ユングベリ フレッシュアイペディアより)

  • ジム・レイトン

    ジム・レイトンから見たアーセナルFCアーセナルFC

    現役時代は、アバディーン、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、レディング、ダンディー、シェフィールド、ハイバーニアンでプレーした。ジム・レイトン フレッシュアイペディアより)

  • マルト・ポーム

    マルト・ポームから見たアーセナルFCアーセナルFC

    ダービー・カウンティFCの正GKとして長く活躍した。2005-06シーズンからレンタル選手としてアーセナルFCに半年在籍後に完全移籍したが、リーグ戦での出場機会には恵まれなかった。2007年5月26日、チャンピオンシップへの降格が決定し、ベン・フォスターがマンチェスター・ユナイテッドFCへレンタルバックするワトフォードFCへ加入。2008年9月のレディングFC戦で肩を負傷して以降はプレーすることができず、翌年5月2日にクラブとの双方合意により契約を解除した。マルト・ポーム フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たアーセナルFCアーセナルFC

    ロナウジーニョはグレミオの下部組織でサッカーを始め、1998年のコパ・リベルタドーレスでトップチームデビューした。2001年にはイングランドのアーセナルFCがロナウジーニョとの契約に興味を示したが、彼はEU圏外選手であり、イギリスの労働許可証の取得条件を満たさなかったため、この移籍話は破談となった。同年にはスコティッシュ・プレミアリーグのセント・ミレンFCにレンタル移籍することを検討したが、偽造パスポート事件に巻き込まれたために取りやめとなった。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ロベール・ピレス

    ロベール・ピレスから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2000年にイングランド・プレミアリーグのアーセナルへ移籍。移籍当初は水が合わず思うような活躍が出来なかったが、2001-02シーズンにはフランス代表でも共にプレーするティエリ・アンリ、パトリック・ヴィエラらと共に主力として活躍し、プレミアリーグとFAカップの2冠を達成した。またこのシーズンは記者選定による最優秀選手に選ばれるなど、代表とクラブ双方にとって不可欠な存在となった。これらの活躍ぶりから2002年のワールドカップ・日韓大会でもフランス代表の主力メンバーとして期待されていたが、大会前に右膝の靭帯断裂という大怪我を負い選考から外れた。ロベール・ピレス フレッシュアイペディアより)

  • トゥンジャイ・シャンル

    トゥンジャイ・シャンルから見たアーセナルFCアーセナルFC

    ミドルズブラ加入当初はリーグになかなか馴染めず、12試合で無得点だったが、2007年12月1日のレディングFC戦 (1-1) においてルーク・ヤングのクロスから頭で初得点を挙げると、次のアーセナルFC戦、更にその次のダービー・カウンティFC戦でも得点を挙げて3試合3得点とした。なお、ダービー・カウンティ戦でのスチュワート・ダウニングのクロスからのボレーシュートは、BBCスポーツによる月間最優秀得点賞に輝き、年間最優秀得点賞の方で候補入りしている。その後、12月29日のポーツマスFC戦で、54年ぶりとなるトップリーグの試合における敵地フラットン・パークでの勝利に導くシーズン4得点目を挙げ、アンフィールドでのリヴァプールFC戦 (2-3) で先制点、31節目のダービー・カウンティ戦 (1-0) で決勝点を挙げており、終盤戦のサンダーランドAFCとポーツマス相手にそれぞれ1得点を挙げて、最終的にダウニングに次ぐチーム2位となるリーグ戦8得点を記録した。トゥンジャイ・シャンル フレッシュアイペディアより)

  • ハル・シティAFC

    ハル・シティAFCから見たアーセナルFCアーセナルFC

    初のトップリーグとなった2008-09シーズンの序盤は、アウェイでニューカッスル、アーセナル、トッテナムを破った他、これまたアウェイで敗れはしたもののマンチェスターU相手に3-4と好勝負を演じるなど旋風を巻き起こし、一時は3位まで上り詰めた。しかし、選手層の薄さや対戦相手に研究され始めたことから、シーズン中盤から後半戦はほとんど勝つことができず、残り2試合の時点で降格圏内の18位にまで順位を落とした。更に、勝てば残留となるホームでの最終節でも敗れた。しかし、序盤に獲得した勝ち点と残留を争っていたニューカッスルとミドルスブラが共に敗戦という状況にも助けられ、辛うじて残留を果たすことができた。ところが、翌2009-10シーズンは19位となり、2部に降格した。ハル・シティAFC フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼップ・グアルディオラ

    ジョゼップ・グアルディオラから見たアーセナルFCアーセナルFC

    ウディネーゼ・カルチョよりアレクシス・サンチェスを、アーセナルFCより元カンテラーノのセスク・ファブレガスを獲得した。ジョゼップ・グアルディオラ フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・オブ・ウェールズ

    ヘンリー・オブ・ウェールズから見たアーセナルFCアーセナルFC

    スポーツ好きとして知られ、イートン校時代はラグビーとポロのチームに所属した。現在もスキー、モトクロス、ポロなどを趣味としている。サッカーでは、アーセナルFCの大ファンである。また英国王室の人間はほとんどがアーセナルFCのサポーターであると語っている。レゲエやヒップホップなどの音楽への造詣も深い。ヘンリー・オブ・ウェールズ フレッシュアイペディアより)

807件中 71 - 80件表示

「アーセナル」のニューストピックワード