807件中 81 - 90件表示
  • アレクサンドル・ラカゼット

    アレクサンドル・ラカゼットから見たアーセナルFCアーセナルFC

    アレクサンドル・ラカゼト(、、 1991年5月28日 - )は、フランス・リヨン出身のサッカー選手。アーセナルFC所属。ポジションはFW。フランス代表。アレクサンドル・ラカゼット フレッシュアイペディアより)

  • アンソニー・ストークス

    アンソニー・ストークスから見たアーセナルFCアーセナルFC

    アーセナルFCでプロ生活を開始したが、2006年に期限付き移籍で在籍したフォルカークFCでリーグ戦16試合14得点を挙げて地位を確立する。その後、移籍金200万ポンドでサンダーランドAFCと契約するも、出場機会を得るのに苦労した結果、2009年8月5日に移籍金50万ポンドでハイバーニアンFCと契約してスコットランドサッカー界に復帰し、1シーズンの間に20得点以上を挙げてスコティッシュ・プレミアリーグで成功を収めた。翌シーズン開幕から程なくして、移籍金120万ポンドで少年時代の憧れのクラブであるセルティックFCと契約した。アンソニー・ストークス フレッシュアイペディアより)

  • ペリー・グローヴス

    ペリー・グローヴスから見たアーセナルFCアーセナルFC

    ペリー・グローヴス(Perry Groves, 1965年4月19日 - )は、イギリス・ボー出身の元サッカー選手。主にアーセナルFCに所属した選手として知られている。ポジションは左ウイング。ペリー・グローヴス フレッシュアイペディアより)

  • ウカシュ・ファビアンスキ

    ウカシュ・ファビアンスキから見たアーセナルFCアーセナルFC

    コストシン・ナド・オドロンに生まれ、でキャリアを開始したファビアンスキは、14歳の時に独立したサッカーアカデミーであるMSPシャモトゥウィで技術を磨き、その後、様々なクラブでプレーする中で2004年夏にイングランド1部のアーセナルFCの訓練に招待されて参加した。ウカシュ・ファビアンスキ フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・ロペス・フェリペ

    リカルド・ロペス・フェリペから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2017年1月12日、千葉県市川市にあるサッカースクール「アーセナルサッカースクール市川」のテクニカル・ディレクターに就任した。リカルド・ロペス・フェリペ フレッシュアイペディアより)

  • SCブラガ

    SCブラガから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2009-10シーズンの国内リーグでは開幕から7連勝を記録し、その後も安定した成績を残して2010年1月まで首位を守った。その後も2位の座を守りきり、ベンフィカと勝ち点5差の2位でUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。2010-11シーズンにはクラブ史上初めてUEFAチャンピオンズリーグに出場した。予選3回戦のセルティックFC(スコットランド)戦ではホームで3-0と快勝し、アウェーのセルティック・パークでは1-2と敗れたものの、2試合合計4-2としてプレーオフ出場を決めた。プレーオフではセビージャと対戦し、2試合合計4-4(ホームで1-0、アウェーで3-4)ではあったが、アウェーゴールルールで本選グループリーグ初出場を決め、アーセナルFC(イングランド)、FCシャフタール・ドネツク(ウクライナ)、FKパルチザン(セルビア)と同組となった。ブラガのユニフォームカラ―はアーセナルに由来している(後述)。グループリーグ初戦、エミレーツ・スタジアムで行なわれたアーセナル戦には0-6で大敗し、シャフタール戦には0-3で敗れたが、パルチザン戦には2-0で勝利した。その2週間後には再びパルチザンに1-0で勝利し、ホームでのアーセナル戦には2-0で勝利した。5戦を終えて3勝2敗(勝ち点9)のグループ2位だったが、最終戦のシャフタール戦に0-2で敗れ、またアーセナルがパルチザンに勝利したことでグループ3位に転落し、シャフタールとアーセナルが決勝トーナメントに進出した。ブラガはUEFAヨーロッパリーグに回り、レフ・ポズナン(ポーランド)、リヴァプールFC(イングランド)を破って準々決勝に進出した。欧州カップ戦でベスト8以上の成績を残すのはクラブ史上初だった。準々決勝ではFCディナモ・キエフ(ウクライナ)を破り、ベンフィカやFCポルトとともに、欧州カップ戦で初めてベスト4にポルトガルから3クラブが勝ち残った。同国対決となった準決勝のベンフィカ戦ファーストレグには1-2で敗れたが、セカンドレグには1-0で勝利し、2試合合計2-2ながらアウェーゴール差で決勝進出を決めた。アイルランド・ダブリンのアビバ・スタジアムで行なわれたポルトとの決勝には0-1で敗れて準優勝に終わった。国内リーグこそ4位と順位を落としたが、ドミンゴス・パシエンシア監督の下、クラブ史上最高のシーズンのひとつとなった。SCブラガ フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・バロテッリ

    マリオ・バロテッリから見たアーセナルFCアーセナルFC

    2010年8月19日のUEFAヨーロッパリーグプレーオフ1stレグ、FCポリテフニカ・ティミショアラ戦に途中出場し決勝点を挙げ、シティでのデビュー戦を飾った。しかしこの試合で右膝を負傷し、9月8日には手術を受け、10月末まで戦列を離れることとなった。10月24日のアーセナルFC戦に途中出場しプレミアリーグデビューを果たすと、10月30日のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦では初めてフル出場を記録した。11月7日のウェストブロムウィッチ・アルビオンFC戦でプレミアリーグ初得点を記録したものの、ユースフ・ムルンブへのファウルでレッドカードを受け退場した。12月1日のヨーロッパリーグ、レッドブル・ザルツブルク戦では移籍後初の1試合2得点を記録した。12月22日にはトゥット・スポルト社が主催する21歳以下の最優秀選手賞であるゴールデン・ボーイ賞を受賞した。12月28日のアストン・ヴィラFC戦では移籍後初のハットトリックを達成した。2011年3月17日のUEFAヨーロッパリーグ・ディナモ・キエフ戦で前半36分に相手を蹴りつけ一発退場となった。早い時間での退場で、1stレグのビハインドをチームは逆転することができずに敗退し、ロベルト・マンチーニ監督の怒りを買った。2011年3月にはシティの下部組織の選手に対しダーツを投げつけた。怪我人は無かったもののチームはこのトラブルを重要視しバロテッリに10万ポンドの罰金を課した。4月16日のFAカップ準決勝のマンチェスター・ユナイテッドFC戦の勝利後にユニフォームのエンブレムをユナイテッドサポーターに見せつけ、ピッチを去るリオ・ファーディナンドに何度も挑発的なウィンクをしたとしてファーディナンドから詰め寄られ、試合後にも批判された。5月14日のストーク・シティFCとのFAカップ決勝ではマンオブザマッチに選ばれる活躍で、シティの35年ぶりのタイトル獲得に貢献した。マリオ・バロテッリ フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・オレアリー

    デヴィッド・オレアリーから見たアーセナルFCアーセナルFC

    現役生活20年の大部分をアーセナルFCで過ごしており、そのアーセナルでの公式戦出場722試合は、クラブ最多出場記録となっている。また、指導者としては晩年に在籍したリーズ・ユナイテッドAFCでキャリアをスタートさせ、アストン・ヴィラFCでも指揮をした。2010年代はアル・アハリ・ドバイの監督を務めていた。デヴィッド・オレアリー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ウォルターズ

    ジョン・ウォルターズから見たアーセナルFCアーセナルFC

    マージーサイドのモートンに生まれたウォルターズは、イーストハム地区ジュニアリーグでシャフツベリー (Shaftesbury) のU-16チームとしてプレーしていた際にトレンメア・ローヴァーズFC戦でハットトリック、マンチェスター・ユナイテッドFC戦で2得点と持ち前の快速で活躍していたところをブラックバーン・ローヴァーズFCからスカウトされ、同クラブの下部組織に入団をした。ブラックバーンでは、下部組織とリザーブチームで得点を量産し、2001年にはFAユースカップで得点王になる活躍を見せてアーセナルFCとの決勝戦 (3-6) 進出に貢献したものの、2002年3月に重大な規律違反によって退団となった。ジョン・ウォルターズ フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・ヴィエラ

    パトリック・ヴィエラから見たアーセナルFCアーセナルFC

    セネガルの首都ダカールで生まれ、幼少の頃にフランスへ渡り、1993年にASカンヌでプロデビューを果たした。その後1996年にACミランへ移籍するが出場は僅か2試合にとどまり、才能を開花させたのはプレミアリーグのアーセナルFCに移籍してから。同胞のアーセン・ヴェンゲル監督のもとで冷静さと戦術眼に磨きをかけ、チームの中核に成長した。2003-04シーズンは無敗優勝の立役者にもなった。パトリック・ヴィエラ フレッシュアイペディアより)

807件中 81 - 90件表示

「アーセナル」のニューストピックワード