前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示
  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見た釜本邦茂

    1968年5月に来日し、当時のサッカー日本代表と3試合を行ったことがある。結果はアーセナルの3勝。釜本邦茂が出場している。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たエミレーツ航空

    長らくホームスタジアムとして有名だったハイバリー(1913年建設)から、2006年7月にエミレーツ・スタジアムに移転した。これはUAEの航空会社、エミレーツ航空が命名権を獲得したことによるもので、その契約内容は15年で1億ポンド(約200億円)と巨額なものとなっている。なお、使用されなくなったハイバリースタジアムの跡地にはスタンドの一部を残し高級アパートが建設されている。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たトニー・アダムス

    1990年代後半から2000年代にかけてのクラブの成功は、1996年に就任したアーセン・ベンゲルの手腕によるところが大きい。ベンゲルは新たな戦術、トレーニング法を導入すると同時に、イングランド人を補完する形で外国人選手を獲得した。食事制限や禁酒の徹底、外国人選手の登用などがプレミアリーグ全体にもたらしたインパクトは大きく、ベンゲルの影響を受けていない監督は一人もいないと言われる。アーセナルは伝統的にフィジカルを前面に押し出した守備的な戦い方で知られており、1990年代後半はフェイマス4と呼ばれた4バックトニー・アダムス、ナイジェル・ウィンターバーン、リー・ディクソン、マーティン・キーオンとGKのデイヴィッド・シーマンを擁して堅固な守備を誇った。また、他チームのサポーターや攻撃的サッカーを好む一般のマスコミからは「1-0のアーセナル」「退屈で守備サッカーを展開するチーム」としてややもすると嘲笑の対象となっていた。しかし、ベンゲル就任後はこの伝統の守備的なチームカラーから一転、海外の選手を積極的に補強し、華麗なパスワークを武器にした圧倒的な攻撃力を誇るチームへと生まれ変わった。ベンゲルは1997-98にクラブ史上2度目となるリーグ優勝とFAカップ優勝のダブルを達成し、更に2001-02には3度目のダブルを果たす。1999-00にはUEFAカップ準優勝、2002-03と2004-05にはFAカップを優勝。2003-04シーズンには、シーズンを通じて一度も負けることなくプレミアリーグ優勝を果たし、このチームは「The Invincibles」(無敵)と讃えられた。その後49戦無敗を続け、この記録は未だに破られていない。なお、カップ戦を含めた無敗記録は2007年4月9日-2007年11月24日にかけての28試合である。2005-06シーズン、初めてチャンピオンズリーグ決勝に進出したが、FCバルセロナに破れた。ベンゲル指揮下の16シーズン中8シーズン、アーセナルはリーグ優勝か2位の座を獲得している。1993年のプレミアリーグ設立後、リーグ優勝を果たした5チーム(マンチェスター・ユナイテッド、ブラックバーン・ローヴァーズ、チェルシー、マンチェスター・シティー)のひとつである。しかし、2季連続で優勝したことはない上、2003-04シーズンを最後に10シーズン近くもの間、リーグ優勝から遠ざかっている。そのため毎年の様にタイトル獲得を求めてクラブを去る主力選手が後を絶たない。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たチェルシーFC

    1990年代後半から2000年代にかけてのクラブの成功は、1996年に就任したアーセン・ベンゲルの手腕によるところが大きい。ベンゲルは新たな戦術、トレーニング法を導入すると同時に、イングランド人を補完する形で外国人選手を獲得した。食事制限や禁酒の徹底、外国人選手の登用などがプレミアリーグ全体にもたらしたインパクトは大きく、ベンゲルの影響を受けていない監督は一人もいないと言われる。アーセナルは伝統的にフィジカルを前面に押し出した守備的な戦い方で知られており、1990年代後半はフェイマス4と呼ばれた4バックトニー・アダムス、ナイジェル・ウィンターバーン、リー・ディクソン、マーティン・キーオンとGKのデイヴィッド・シーマンを擁して堅固な守備を誇った。また、他チームのサポーターや攻撃的サッカーを好む一般のマスコミからは「1-0のアーセナル」「退屈で守備サッカーを展開するチーム」としてややもすると嘲笑の対象となっていた。しかし、ベンゲル就任後はこの伝統の守備的なチームカラーから一転、海外の選手を積極的に補強し、華麗なパスワークを武器にした圧倒的な攻撃力を誇るチームへと生まれ変わった。ベンゲルは1997-98にクラブ史上2度目となるリーグ優勝とFAカップ優勝のダブルを達成し、更に2001-02には3度目のダブルを果たす。1999-00にはUEFAカップ準優勝、2002-03と2004-05にはFAカップを優勝。2003-04シーズンには、シーズンを通じて一度も負けることなくプレミアリーグ優勝を果たし、このチームは「The Invincibles」(無敵)と讃えられた。その後49戦無敗を続け、この記録は未だに破られていない。なお、カップ戦を含めた無敗記録は2007年4月9日-2007年11月24日にかけての28試合である。2005-06シーズン、初めてチャンピオンズリーグ決勝に進出したが、FCバルセロナに破れた。ベンゲル指揮下の16シーズン中8シーズン、アーセナルはリーグ優勝か2位の座を獲得している。1993年のプレミアリーグ設立後、リーグ優勝を果たした5チーム(マンチェスター・ユナイテッド、ブラックバーン・ローヴァーズ、チェルシー、マンチェスター・シティー)のひとつである。しかし、2季連続で優勝したことはない上、2003-04シーズンを最後に10シーズン近くもの間、リーグ優勝から遠ざかっている。そのため毎年の様にタイトル獲得を求めてクラブを去る主力選手が後を絶たない。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たリヴァプールFC

    1986年に就任したジョージ・グラハムは元アーセナルの選手であり、クラブに第3の黄金期をもたらした。就任1年目の1986-87にリーグカップを優勝。1988-89のリーグ優勝はシーズン最終節で優勝を争っていたリヴァプールFCを、その本拠地アンフィールドでロスタイムに下すという劇的なものだった。これは最も有名なアーセナルの試合のひとつである。1990-91には1敗したのみでリーグ優勝、1992-93にはFAカップとリーグカップを獲得、1993-94にはカップ・ウィナーズ・カップを獲得。しかし、選手獲得の際にリベートを受け取っていたことが明らかとなって、1995年にグラハムは解雇され、ブルース・リオッホが就任するも1シーズンでクラブを離れている。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たセオ・ウォルコット

    ワールドカップ・ドイツ大会に、当時17歳の若さで、セオ・ウォルコットが同クラブでの公式戦出場がないにも関わらず選出され、イングランド国内外でサプライズ招集として注目を浴びたが、試合出場の機会は無かった。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たデニス・ベルカンプ

    2006年6月、93年間使用したハイバリーに別れを告げ、エミレーツ・スタジアムへ移転した。杮落しはアヤックスを招いて行われたデニス・ベルカンプの引退試合であった。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たソル・キャンベル

    同じ北ロンドンに本拠を構えるクラブ同士としてトッテナムとはライバル関係にあり、サポーター同士のいがみ合いが強く両者の間には争いごとが絶えない。それをよく象徴するのが、かつて同クラブから移籍してきたソル・キャンベルに対してトッテナムファンからユダと呼ばれたという出来事である。両チームの対戦は「ノースロンドン・ダービー」と呼ばれ、マンチェスター(マンチェスター・ユナイテッド対マンチェスター・シティ)、マージーサイド(リバプール対エバートン)と並び3大ダービーの一つに数えられている。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たマーティン・キーオン

    1990年代後半から2000年代にかけてのクラブの成功は、1996年に就任したアーセン・ベンゲルの手腕によるところが大きい。ベンゲルは新たな戦術、トレーニング法を導入すると同時に、イングランド人を補完する形で外国人選手を獲得した。食事制限や禁酒の徹底、外国人選手の登用などがプレミアリーグ全体にもたらしたインパクトは大きく、ベンゲルの影響を受けていない監督は一人もいないと言われる。アーセナルは伝統的にフィジカルを前面に押し出した守備的な戦い方で知られており、1990年代後半はフェイマス4と呼ばれた4バックトニー・アダムス、ナイジェル・ウィンターバーン、リー・ディクソン、マーティン・キーオンとGKのデイヴィッド・シーマンを擁して堅固な守備を誇った。また、他チームのサポーターや攻撃的サッカーを好む一般のマスコミからは「1-0のアーセナル」「退屈で守備サッカーを展開するチーム」としてややもすると嘲笑の対象となっていた。しかし、ベンゲル就任後はこの伝統の守備的なチームカラーから一転、海外の選手を積極的に補強し、華麗なパスワークを武器にした圧倒的な攻撃力を誇るチームへと生まれ変わった。ベンゲルは1997-98にクラブ史上2度目となるリーグ優勝とFAカップ優勝のダブルを達成し、更に2001-02には3度目のダブルを果たす。1999-00にはUEFAカップ準優勝、2002-03と2004-05にはFAカップを優勝。2003-04シーズンには、シーズンを通じて一度も負けることなくプレミアリーグ優勝を果たし、このチームは「The Invincibles」(無敵)と讃えられた。その後49戦無敗を続け、この記録は未だに破られていない。なお、カップ戦を含めた無敗記録は2007年4月9日-2007年11月24日にかけての28試合である。2005-06シーズン、初めてチャンピオンズリーグ決勝に進出したが、FCバルセロナに破れた。ベンゲル指揮下の16シーズン中8シーズン、アーセナルはリーグ優勝か2位の座を獲得している。1993年のプレミアリーグ設立後、リーグ優勝を果たした5チーム(マンチェスター・ユナイテッド、ブラックバーン・ローヴァーズ、チェルシー、マンチェスター・シティー)のひとつである。しかし、2季連続で優勝したことはない上、2003-04シーズンを最後に10シーズン近くもの間、リーグ優勝から遠ざかっている。そのため毎年の様にタイトル獲得を求めてクラブを去る主力選手が後を絶たない。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たデイヴィッド・シーマン

    1990年代後半から2000年代にかけてのクラブの成功は、1996年に就任したアーセン・ベンゲルの手腕によるところが大きい。ベンゲルは新たな戦術、トレーニング法を導入すると同時に、イングランド人を補完する形で外国人選手を獲得した。食事制限や禁酒の徹底、外国人選手の登用などがプレミアリーグ全体にもたらしたインパクトは大きく、ベンゲルの影響を受けていない監督は一人もいないと言われる。アーセナルは伝統的にフィジカルを前面に押し出した守備的な戦い方で知られており、1990年代後半はフェイマス4と呼ばれた4バックトニー・アダムス、ナイジェル・ウィンターバーン、リー・ディクソン、マーティン・キーオンとGKのデイヴィッド・シーマンを擁して堅固な守備を誇った。また、他チームのサポーターや攻撃的サッカーを好む一般のマスコミからは「1-0のアーセナル」「退屈で守備サッカーを展開するチーム」としてややもすると嘲笑の対象となっていた。しかし、ベンゲル就任後はこの伝統の守備的なチームカラーから一転、海外の選手を積極的に補強し、華麗なパスワークを武器にした圧倒的な攻撃力を誇るチームへと生まれ変わった。ベンゲルは1997-98にクラブ史上2度目となるリーグ優勝とFAカップ優勝のダブルを達成し、更に2001-02には3度目のダブルを果たす。1999-00にはUEFAカップ準優勝、2002-03と2004-05にはFAカップを優勝。2003-04シーズンには、シーズンを通じて一度も負けることなくプレミアリーグ優勝を果たし、このチームは「The Invincibles」(無敵)と讃えられた。その後49戦無敗を続け、この記録は未だに破られていない。なお、カップ戦を含めた無敗記録は2007年4月9日-2007年11月24日にかけての28試合である。2005-06シーズン、初めてチャンピオンズリーグ決勝に進出したが、FCバルセロナに破れた。ベンゲル指揮下の16シーズン中8シーズン、アーセナルはリーグ優勝か2位の座を獲得している。1993年のプレミアリーグ設立後、リーグ優勝を果たした5チーム(マンチェスター・ユナイテッド、ブラックバーン・ローヴァーズ、チェルシー、マンチェスター・シティー)のひとつである。しかし、2季連続で優勝したことはない上、2003-04シーズンを最後に10シーズン近くもの間、リーグ優勝から遠ざかっている。そのため毎年の様にタイトル獲得を求めてクラブを去る主力選手が後を絶たない。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示

「アーセナル」のニューストピックワード