前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
130件中 1 - 10件表示
  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たチェルシーFC

    ベンゲル指揮下の16シーズン中8シーズン、アーセナルはリーグ優勝か2位の座を獲得している。1993年のプレミアリーグ設立後、リーグ優勝を果たした6チーム(マンチェスター・ユナイテッド、ブラックバーン・ローヴァーズ、チェルシー、マンチェスター・シティFC、レスター・シティFC)のひとつである。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たセスク・ファブレガス

    またこの時期のクラブ経営陣はチームの主力級の選手に対してチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドといった他のビッグクラブで主力級の選手が得ている程の高額な年俸の支払いを認めなかった上、たとえタイトルに恵まれない状況下でもトップレベルの実力と経験のある選手の獲得のために資金を投入しようとはしなかったため、タイトルの獲得やより高い報酬を求めてクラブを去る主力選手が後を絶たなかった。またこのような理由でクラブを離れた選手には、パトリック・ヴィエラ、マチュー・フラミニ、アレクサンドル・フレブ、アシュリー・コール、ガエル・クリシー、セスク・ファブレガス、サミル・ナスリ、エマニュエル・アデバヨール、ロビン・ファン・ペルシー等がいた。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たアーロン・ラムジー

    このように2000年代中頃から2010年代初頭はクラブ史における低迷期とも言える時期であったが、同時に世代交代の時期でもあった。ベルカンプ、ティエリ・アンリ、ヌワンコ・カヌ、ロベール・ピレス、パトリック・ヴィエラ、フレドリック・ユングベリ、ローレン・エタメ・マイヤー、ソル・キャンベルといった黄金時代を支えた選手達が去る中でクラブは急速に世代交代を進めていき、チームの中心はセスク・ファブレガス、フラミニ、アデバヨール、トマーシュ・ロシツキー、ナスリ、ウィリアム・ギャラス、アンドレイ・アルシャビン、コロ・トゥーレ、トーマス・フェルマーレン、バカリ・サニャ、ファン・ペルシーといった選手が占めるようになっていった。若手を中心としたチームはポテンシャルを感じさせるプレーを度々見せたものの、精神面やパフォーマンスに安定を欠いていたためか内紛が多く、先述のように主力選手が他のビッグクラブへと去ることも多かった。しかしこの間もセオ・ウォルコットやアーロン・ラムジー、ジャック・ウィルシャー、ローラン・コシールニーなどはチームに留まり続け、その後のチームの屋台骨を支える選手として成長していった。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たペトル・チェフ

    2015年7月30日、ライバルのチェルシーFCからペトル・チェフを獲得。続く8月2日には2015 FAコミュニティーシールドでそのチェルシーと対戦して1-0で勝利し、コミュニティーシールドの通算タイトル獲得数を14に伸ばした。2015-16シーズンは2004-05シーズン以来の2位となった。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見た釜本邦茂

    1968年5月に来日し、当時のサッカー日本代表と3試合を行ったことがある。結果はアーセナルの3勝。釜本邦茂が出場している。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たティエリ・アンリ

    このように2000年代中頃から2010年代初頭はクラブ史における低迷期とも言える時期であったが、同時に世代交代の時期でもあった。ベルカンプ、ティエリ・アンリ、ヌワンコ・カヌ、ロベール・ピレス、パトリック・ヴィエラ、フレドリック・ユングベリ、ローレン・エタメ・マイヤー、ソル・キャンベルといった黄金時代を支えた選手達が去る中でクラブは急速に世代交代を進めていき、チームの中心はセスク・ファブレガス、フラミニ、アデバヨール、トマーシュ・ロシツキー、ナスリ、ウィリアム・ギャラス、アンドレイ・アルシャビン、コロ・トゥーレ、トーマス・フェルマーレン、バカリ・サニャ、ファン・ペルシーといった選手が占めるようになっていった。若手を中心としたチームはポテンシャルを感じさせるプレーを度々見せたものの、精神面やパフォーマンスに安定を欠いていたためか内紛が多く、先述のように主力選手が他のビッグクラブへと去ることも多かった。しかしこの間もセオ・ウォルコットやアーロン・ラムジー、ジャック・ウィルシャー、ローラン・コシールニーなどはチームに留まり続け、その後のチームの屋台骨を支える選手として成長していった。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たアシュリー・コール

    またこの時期のクラブ経営陣はチームの主力級の選手に対してチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドといった他のビッグクラブで主力級の選手が得ている程の高額な年俸の支払いを認めなかった上、たとえタイトルに恵まれない状況下でもトップレベルの実力と経験のある選手の獲得のために資金を投入しようとはしなかったため、タイトルの獲得やより高い報酬を求めてクラブを去る主力選手が後を絶たなかった。またこのような理由でクラブを離れた選手には、パトリック・ヴィエラ、マチュー・フラミニ、アレクサンドル・フレブ、アシュリー・コール、ガエル・クリシー、セスク・ファブレガス、サミル・ナスリ、エマニュエル・アデバヨール、ロビン・ファン・ペルシー等がいた。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たアレクシス・サンチェス

    翌年の2014-15シーズンにはFCバルセロナから3500万ポンド(60億円)でチリ代表のアレクシス・サンチェスを、ニースから2014 FIFAワールドカップで脚光を浴びたコロンビア代表のダビド・オスピナを、ニューカッスル・ユナイテッドからフランス代表のマテュー・ドゥビュシーなど6名を獲得するなど、積極的な補強を行った。シーズン最初の2014 FAコミュニティーシールドでは前季リーグ王者のマンチェスター・シティと対戦し3-0で勝利をおさめ、このシーズン最初のタイトルを獲得した。リーグ戦で例年よりも安定した戦績を積み3位となった他、FAカップでは決勝でアストン・ヴィラに4-0での勝利をおさめ、二季連続でFAカップを制した。この優勝によりアーセナルのFAカップにおける優勝回数は12回となり、アーセナルはマンチェスター・ユナイテッドを単独で上回る歴代最多優勝チームとなった。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たパトリック・ヴィエラ

    またこの時期のクラブ経営陣はチームの主力級の選手に対してチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドといった他のビッグクラブで主力級の選手が得ている程の高額な年俸の支払いを認めなかった上、たとえタイトルに恵まれない状況下でもトップレベルの実力と経験のある選手の獲得のために資金を投入しようとはしなかったため、タイトルの獲得やより高い報酬を求めてクラブを去る主力選手が後を絶たなかった。またこのような理由でクラブを離れた選手には、パトリック・ヴィエラ、マチュー・フラミニ、アレクサンドル・フレブ、アシュリー・コール、ガエル・クリシー、セスク・ファブレガス、サミル・ナスリ、エマニュエル・アデバヨール、ロビン・ファン・ペルシー等がいた。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たジョゼ・モウリーニョ

    しかし、ジョゼ・モウリーニョが監督に就任したチェルシーFCに得失点差で及ばずリーグ優勝を逃した2004-05シーズン以降、10シーズン以上もの間リーグで優勝できず、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッド等の後塵を拝する形で次第に優勝争いからさえも遠ざかる状況が常態化するようになっていった。またFAカップでも2004-05シーズンの優勝以降9年間タイトルに恵まれなかった。チャンピオンズリーグでは2005-06年大会の決勝戦でFCバルセロナに破れて初優勝を逃したとき以外決勝の舞台には立てておらず、中には決勝トーナメント一回戦で敗退する年すらあった。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
130件中 1 - 10件表示

「アーセナル」のニューストピックワード