63件中 11 - 20件表示
  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たセスク・ファブレガス

    国家による労働法・雇用法の違いを利用し、18歳未満の選手を無償で獲得する手法には各方面から批判が上がるが、法律上は問題はないのでむしろ各クラブのモラルの問題と見る声もある。その例として2003年16歳にしてFIFA U-17ワールドカップで得点王とMVPを獲得したバルセロナ所属のセスク・ファブレガスは、アーセナルに17歳で移籍した。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たジョージ・グラハム (サッカー選手)

    1986年に就任したジョージ・グラハムは元アーセナルの選手であり、クラブに第3の黄金期をもたらした。就任1年目の1986-87にリーグカップを優勝。1988-89のリーグ優勝はシーズン最終節で優勝を争っていたリヴァプールFCを、その本拠地アンフィールドでロスタイムに下すという劇的なものだった。これは最も有名なアーセナルの試合のひとつである。1990-91には1敗したのみでリーグ優勝、1992-93にはFAカップとリーグカップを獲得、1993-94にはカップ・ウィナーズ・カップを獲得。しかし、選手獲得の際にリベートを受け取っていたことが明らかとなって、1995年にグラハムは解雇され、ブルース・リオッホが就任するも1シーズンでクラブを離れている。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たアーセン・ベンゲル

    1990年代後半から2000年代にかけてのクラブの成功は、1996年に就任したアーセン・ベンゲルの手腕によるところが大きい。ベンゲルは新たな戦術、トレーニング法を導入すると同時に、イングランド人を補完する形で外国人選手を獲得した。食事制限や禁酒の徹底、外国人選手の登用などがプレミアリーグ全体にもたらしたインパクトは大きく、ベンゲルの影響を受けていない監督は一人もいないと言われる。アーセナルは伝統的にフィジカルを前面に押し出した守備的な戦い方で知られており、1990年代後半はフェイマス4と呼ばれた4バックトニー・アダムス、ナイジェル・ウィンターバーン、リー・ディクソン、マーティン・キーオンとGKのデイヴィッド・シーマンを擁して堅固な守備を誇った。また、他チームのサポーターや攻撃的サッカーを好む一般のマスコミからは「1-0のアーセナル」「退屈で守備サッカーを展開するチーム」としてややもすると嘲笑の対象となっていた。しかし、ベンゲル就任後はこの伝統の守備的なチームカラーから一転、海外の選手を積極的に補強し、華麗なパスワークを武器にした圧倒的な攻撃力を誇るチームへと生まれ変わった。ベンゲルは1997-98にクラブ史上2度目となるリーグ優勝とFAカップ優勝のダブルを達成し、更に2001-02には3度目のダブルを果たす。1999-00にはUEFAカップ準優勝、2002-03と2004-05にはFAカップを優勝。2003-04シーズンには、シーズンを通じて一度も負けることなくプレミアリーグ優勝を果たし、このチームは「The Invincibles」(無敵)と讃えられた。その後49戦無敗を続け、この記録は未だに破られていない。なお、カップ戦を含めた無敗記録は2007年4月9日-2007年11月24日にかけての28試合である。2005-06シーズン、初めてチャンピオンズリーグ決勝に進出したが、FCバルセロナに破れた。ベンゲル指揮下の16シーズン中8シーズン、アーセナルはリーグ優勝か2位の座を獲得している。1993年のプレミアリーグ設立後、リーグ優勝を果たした5チーム(マンチェスター・ユナイテッド、ブラックバーン・ローヴァーズ、チェルシー、マンチェスター・シティー)のひとつである。しかし、2季連続で優勝したことはない上、2003-04シーズンを最後に10シーズン近くもの間、リーグ優勝から遠ざかっている。そのため毎年の様にタイトル獲得を求めてクラブを去る主力選手が後を絶たない。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たバレンシアCF

    参加チーム:アーセナル、パリ・サンジェルマン、バレンシア、インテル・ミラノアーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たフィリップ (エディンバラ公)

    バッキンガム宮殿における エリザベス女王主催のお茶会にサッカークラブとして初めて招待された。エミレーツ・スタジアムの落成式にはエリザベス女王が臨席する予定であったが、体調を崩していたため、夫のエディンバラ公フィリップが代理出席した。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たオリンピック・リヨン

    参加チーム:アーセナル、セルティックFC、オリンピック・リヨン、ACミランアーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たサッカー日本代表

    1968年5月に来日し、当時のサッカー日本代表と3試合を行ったことがある。結果はアーセナルの3勝。釜本邦茂が出場している。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    なお、UEFAチャンピオンズリーグの開催時はUEFAの規定により『アーセナル・スタジアム』の名称になる。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たロンドン

    アーセナル・フットボールクラブ(Arsenal Football Club、イギリス英語発音: アーサヌル・フトゥボール・クラブ) はイングランドの首都ロンドン北部に拠点を置くプロサッカークラブである。プレミアリーグ所属。愛称は、Arsenal=兵器工場(工廠)から Gunners=砲撃手「ガナーズ」と呼ばれている。また、アーセナルのサポーターのことを「グーナー」(Gooner) という。これまでリーグ優勝13回、FAカップ優勝10回など多くのタイトルを獲得しているが、2004-05シーズンのFAカップ優勝を最後に10シーズン近くもの間、タイトルから遠ざかっている。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見た川崎フロンターレ

    地元密着のための方策の一つとして、毎年ロンドン市と共同で子供向けに外国語学習教材を製作し配布している。教材には現役選手も多数登場するのが恒例。ちなみに2009年より川崎フロンターレが毎年製作している算数ドリルは、この教材に範を取って作られた。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

63件中 11 - 20件表示

「アーセナル」のニューストピックワード

  • 限られた知見のなかでは当初予測が難しかった

  • 残り1週間、いよいよ(プーチン)大統領訪日に向けて仕上げの作業を行う

  • 論点はかなり絞られてきている。