130件中 31 - 40件表示
  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たサンティ・カソルラ

    2011年以後の補強の成功により、チームの戦力は徐々に充実していった。セスク・ファブレガスが退団したが、ミケル・アルテタ、ヨッシ・ベナユンで補強した。2011年の夏にブレーメンからアーセナルに移籍したペア・メルテザッカーは、1年目は怪我に苦しんだものの、2年目の2012-13シーズンにはローラン・コシールニーとの息の合ったコンビネーションを見せた。この2012-13シーズンにはファン・ペルシが退団したものの、新戦力であるマラガから加入したサンティ・カソルラは加入直後からチームにフィットしてチームの躍進を支えた外、モンペリエHSCからオリヴィエ・ジルーが加入して47試合に出場し17ゴールを記録した。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たシュコドラン・ムスタフィ

    2016-17シーズンには、ボルシアMGからグラニト・ジャカ、バレンシアCFからシュコドラン・ムスタフィ、デポルティーボ・ラ・コルーニャからルーカス・ペレスを獲得した。開幕戦こそリヴァプールに敗れたものの、チェルシーに勝利するなど調子が上向きであった。しかしエジルが不調に陥り、サンチェスの個の力に依存するようになると徐々に順位を落とし、最終的には5位でシーズンを終え、UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグ連続出場が19シーズンでストップした。チャンピオンズリーグでもベスト16でバイエルン・ミュンヘンに二戦合計2-10で大敗し姿を消した。FAカップは決勝でチェルシーに2-1で勝ち、再び史上最多となる13回目の優勝を飾り無冠を免れた。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たペア・メルテザッカー

    2011年以後の補強の成功により、チームの戦力は徐々に充実していった。セスク・ファブレガスが退団したが、ミケル・アルテタ、ヨッシ・ベナユンで補強した。2011年の夏にブレーメンからアーセナルに移籍したペア・メルテザッカーは、1年目は怪我に苦しんだものの、2年目の2012-13シーズンにはローラン・コシールニーとの息の合ったコンビネーションを見せた。この2012-13シーズンにはファン・ペルシが退団したものの、新戦力であるマラガから加入したサンティ・カソルラは加入直後からチームにフィットしてチームの躍進を支えた外、モンペリエHSCからオリヴィエ・ジルーが加入して47試合に出場し17ゴールを記録した。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たマーティン・キーオン

    1990年代後半から2000年代にかけてのクラブの成功は、1996年に就任したアーセン・ベンゲルの手腕によるところが大きい。ベンゲルは新たな戦術、トレーニング法を導入すると同時に、イングランド人を補完する形で外国人選手を獲得した。食事制限や禁酒の徹底、外国人選手の登用などがプレミアリーグ全体にもたらしたインパクトは大きく、多くのチームや監督がベンゲルの影響を受けたと言われている。アーセナルは伝統的にフィジカルを前面に押し出した守備的な戦い方で知られており、1990年代後半は「フェイマス4」と呼ばれた4バック(トニー・アダムス、ナイジェル・ウィンターバーン、リー・ディクソン、マーティン・キーオン)とGKのデビッド・シーマンを擁して堅固な守備を誇った。また、他チームのサポーターや攻撃的サッカーを好む一般のマスコミからは「1-0のアーセナル」、「退屈で守備的サッカーを展開するチーム」などと揶揄された。しかし、ベンゲル就任後はこの伝統の守備的なチームカラーから一転、海外の選手を積極的に補強し、華麗なパスワークを武器にした圧倒的な攻撃力を誇るチームへと生まれ変わった。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たニック・ホーンビィ

    ぼくのプレミアライフ(ニック・ホーンビィによる自伝的小説・エッセイ)アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たヌワンコ・カヌ

    このように2000年代中頃から2010年代初頭はクラブ史における低迷期とも言える時期であったが、同時に世代交代の時期でもあった。ベルカンプ、ティエリ・アンリ、ヌワンコ・カヌ、ロベール・ピレス、パトリック・ヴィエラ、フレドリック・ユングベリ、ローレン・エタメ・マイヤー、ソル・キャンベルといった黄金時代を支えた選手達が去る中でクラブは急速に世代交代を進めていき、チームの中心はセスク・ファブレガス、フラミニ、アデバヨール、トマーシュ・ロシツキー、ナスリ、ウィリアム・ギャラス、アンドレイ・アルシャビン、コロ・トゥーレ、トーマス・フェルマーレン、バカリ・サニャ、ファン・ペルシーといった選手が占めるようになっていった。若手を中心としたチームはポテンシャルを感じさせるプレーを度々見せたものの、精神面やパフォーマンスに安定を欠いていたためか内紛が多く、先述のように主力選手が他のビッグクラブへと去ることも多かった。しかしこの間もセオ・ウォルコットやアーロン・ラムジー、ジャック・ウィルシャー、ローラン・コシールニーなどはチームに留まり続け、その後のチームの屋台骨を支える選手として成長していった。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たヨッシ・ベナユン

    2011年以後の補強の成功により、チームの戦力は徐々に充実していった。セスク・ファブレガスが退団したが、ミケル・アルテタ、ヨッシ・ベナユンで補強した。2011年の夏にブレーメンからアーセナルに移籍したペア・メルテザッカーは、1年目は怪我に苦しんだものの、2年目の2012-13シーズンにはローラン・コシールニーとの息の合ったコンビネーションを見せた。この2012-13シーズンにはファン・ペルシが退団したものの、新戦力であるマラガから加入したサンティ・カソルラは加入直後からチームにフィットしてチームの躍進を支えた外、モンペリエHSCからオリヴィエ・ジルーが加入して47試合に出場し17ゴールを記録した。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たメスト・エジル

    2013年9月2日にアーセナルはクラブ史上最高の移籍金5000万ユーロでレアル・マドリーCFよりメスト・エジルを獲得した。エジルはカソルラらと息の合ったコンビネーションを構築し、二年連続でUEFAチーム・オブ・ザ・イヤーに選出される程の卓越したパフォーマンスを披露した。このような補強の成功と戦力の増強が奏功し、チームは5月17日のFAカップ決勝にてハル・シティに逆転勝利をおさめ優勝を果たし、アーセナルは9シーズンぶりにタイトル獲得の喜びをファンと分かち合った。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たキーラン・ギブス

    就任当初は足りないところを外国人で補強するという方針を公言していたベンゲル監督だったが、その後は英国のチームながらフランスやアフリカなど監督と同じフランス語圏系の選手が大半を占め、イングランド人選手の活躍の場が結果的に少ない状況が続いていた。特に2006-07シーズン開始時、ピッチ上にイングランド人選手が全くいない試合が多くあったため、イングランド国内において外国人偏重チームと批判されることが多い。この理由についてベンゲル監督はアーセナルが若手有望株を多く登用する方針であることを指摘した上で、「だがイングランドの若手選手を獲得しようとすると、他の国の選手に比べて値段が高い。そうなれば法律的に15歳から17歳の移籍金のかからない国の有望な若手選手に目を向けることが多くなるのは自然なことだ」とコメントしている。その後ホームグロウン制度を満たす若手外国人選手の獲得は続いているものの、アカデミー出身のジャック・ウィルシャーやキーラン・ギブスやイングランドやウェールズの若手選手の獲得など、国内の選手の台頭も見られるようになった。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たジョージ・グラハム (サッカー選手)

    1986年に就任したジョージ・グラハムは元アーセナルの選手であり、クラブに第3の黄金期をもたらした。就任1年目の1986-87にリーグカップを優勝。1988-89のリーグ優勝はシーズン最終節で優勝を争っていたリヴァプールFCを、その本拠地アンフィールドでロスタイムに下すという劇的なものだった。これは最も有名なアーセナルの試合のひとつである。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

130件中 31 - 40件表示

「アーセナル」のニューストピックワード