63件中 31 - 40件表示
  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たバッキンガム宮殿

    バッキンガム宮殿における エリザベス女王主催のお茶会にサッカークラブとして初めて招待された。エミレーツ・スタジアムの落成式にはエリザベス女王が臨席する予定であったが、体調を崩していたため、夫のエディンバラ公フィリップが代理出席した。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たデロイト トウシュ トーマツ

    2012年2月、世界最大の会計事務所である『デロイト』が公表したデロイト・フットボール・マネー・リーグでは、2010-2011シーズンのクラブ収入は2億5110万ユーロ(約280億円)であり、欧州第5位、イングランドではマンチェスター・ユナイテッドFCに次ぐ第2位である。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たマンチェスター・ユナイテッドFC

    第二次世界大戦後、アリソンの後を継いだトム・ウィタカーの下でも1947-48, 1952-53の2回のリーグ優勝、1949-50のFAカップ優勝を成し遂げるが、その後チームは低迷し、50年代はメジャーなタイトルを獲得することなく終わる。1966年、クラブのフィジオセラピストだったバーティー・ミーが予想外に監督へ抜擢される。2度のリーグ杯準優勝を経て、1969-70に初のヨーロッパでのタイトルとなるインターシティーズ・フェアーズカップを獲得。更に1970-71にはリーグとFAカップ優勝の“ダブル”を達成した。しかし、ダブルを達成したメンバーは徐々にチームを離れていき、1970年代はタイトル獲得の一歩手前で足踏みするシーズンが続く。1972-73にはリーグ2位、3度のFAカップ準優勝 (1971-72, 1977-78, 1979-80)、UEFAカップウィナーズカップ準優勝 (1979-80) がこの間の成績で、獲得したタイトルは1978-79のFAカップ優勝のみである。マンチェスター・ユナイテッドを終了間際のゴールで3対2で破ったこの試合は、アーセナルの名勝負のひとつに数えられている。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たFAカップ

    アーセナル・フットボールクラブ(Arsenal Football Club、イギリス英語発音: アーサヌル・フトゥボール・クラブ) はイングランドの首都ロンドン北部に拠点を置くプロサッカークラブである。プレミアリーグ所属。愛称は、Arsenal=兵器工場(工廠)から Gunners=砲撃手「ガナーズ」と呼ばれている。また、アーセナルのサポーターのことを「グーナー」(Gooner) という。これまでリーグ優勝13回、FAカップ優勝10回など多くのタイトルを獲得しているが、2004-05シーズンのFAカップ優勝を最後に10シーズン近くもの間、タイトルから遠ざかっている。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たアーセナル・スタジアム

    長らくホームスタジアムとして有名だったハイバリー(1913年建設)から、2006年7月にエミレーツ・スタジアムに移転した。これはUAEの航空会社、エミレーツ航空が命名権を獲得したことによるもので、その契約内容は15年で1億ポンド(約200億円)と巨額なものとなっている。なお、使用されなくなったハイバリースタジアムの跡地にはスタンドの一部を残し高級アパートが建設されている。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たエミレーツ・スタジアム

    2006年6月、93年間使用したハイバリーに別れを告げ、エミレーツ・スタジアムへ移転した。杮落しはアヤックスを招いて行われたデニス・ベルカンプの引退試合であった。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たトッテナム・ホットスパー

    第一次世界大戦中、アーセナルは1886年、ダイアル・スクエア (Dial Square)という名称のもと、ロンドン南東部ウーリッチ地区にある労働者8万人が働いていた王立兵器工場ロイヤル・アーセナルの労働者によって結成された。1886年12月11日に初めての試合をイースタン・ワンダラーズと行った(6対0で勝利)。しばらくしてロイヤル・アーセナル (Royal Arsenal) と名称を変更する。更に1891年、プロ化を果たすとともにウーリッチ・アーセナル (Woolwich Arsenal) へと改称。1893年、フットボールリーグの2部へ加盟し、1904年に1部へ昇格した。だが地理的要因により集客力が悪かったため、1910年に破産状態に陥り、ヘンリー・ノリスに買収される。2部へ降格後の1913年、ノリスはチームを北ロンドンのハイバリーにあるアーセナル・スタジアムへと移転させる。翌年、名称から「ウーリッチ」が外されて、現在の名称となる。1919年に5位でシーズンを終えるも、近隣のライバルであるトッテナム・ホットスパーを差し置いて1部昇格を果たす。これが現在まで続く両チームの激しいライバル関係の端緒となったという見方もある。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たセルティックFC

    参加チーム:アーセナル、セルティックFC、オリンピック・リヨン、ACミランアーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たラテン語

    クラブのモットーは "Victoria Concordia Crescit"。「勝利は調和の中から生まれる」という意味のラテン語である。1949年から使用されたクレスト(エンブレム・ロゴ)に初めて登場する。現行のクレストは2002年から使用されている。大砲の上にサンセリフ体でチーム名が書かれている。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たマンチェスター・シティFC

    同じ北ロンドンに本拠を構えるクラブ同士としてトッテナムとはライバル関係にあり、サポーター同士のいがみ合いが強く両者の間には争いごとが絶えない。それをよく象徴するのが、かつて同クラブから移籍してきたソル・キャンベルに対してトッテナムファンからユダと呼ばれたという出来事である。両チームの対戦は「ノースロンドン・ダービー」と呼ばれ、マンチェスター(マンチェスター・ユナイテッド対マンチェスター・シティ)、マージーサイド(リバプール対エバートン)と並び3大ダービーの一つに数えられている。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「アーセナル」のニューストピックワード