63件中 41 - 50件表示
  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見た地下鉄

    1925年、ハーバート・チャップマンが監督に就任する。チャップマンによる革新的な戦術やトレーニング法の導入、アレックス・ジェームスやクリフ・バスティンといったスター選手の獲得が、1930年代にアーセナルがイングランドサッカーを支配する礎となった。チャップマンの下で1929-30に初のFAカップ優勝、1930-31に初のリーグ優勝を果たす。また、スタジアム最寄りの地下鉄の駅名を「ギレスピー・ロード」から「アーセナル」へと変更させたのもチャップマンの手腕によるものと言われている。ロンドンの地下鉄の中で、サッカークラブのチーム名が駅名となっているのはアーセナルだけである。夜間の試合のためにハイバリーのウェストスタンドに投降照明器を採用したのもチャップマンがリーグで初めてであり、イングランドのサッカー協会はその使用を50年代まで認めなかった。リーグにおいて選手の背番号制を初めて導入したのもチャップマンである。このように、アーセナルだけでなくサッカーの近代化に大きな貢献をしたチャップマンは1934年に肺炎で急逝した。その死後ジョー・ショー、続いてジョージ・アリソンが監督を引き継ぎ、2人の下でアーセナルは3度のリーグ優勝 (1933-34, 1934-35, 1937-38) と2回のFAカップ優勝を果たした。しかし、第2次大戦の勃発と共にリーグは中断を余儀なくされる。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たサンセリフ

    クラブのモットーは "Victoria Concordia Crescit"。「勝利は調和の中から生まれる」という意味のラテン語である。1949年から使用されたクレスト(エンブレム・ロゴ)に初めて登場する。現行のクレストは2002年から使用されている。大砲の上にサンセリフ体でチーム名が書かれている。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たイスカリオテのユダ

    同じ北ロンドンに本拠を構えるクラブ同士としてトッテナムとはライバル関係にあり、サポーター同士のいがみ合いが強く両者の間には争いごとが絶えない。それをよく象徴するのが、かつて同クラブから移籍してきたソル・キャンベルに対してトッテナムファンからユダと呼ばれたという出来事である。両チームの対戦は「ノースロンドン・ダービー」と呼ばれ、マンチェスター(マンチェスター・ユナイテッド対マンチェスター・シティ)、マージーサイド(リバプール対エバートン)と並び3大ダービーの一つに数えられている。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見た2006 FIFAワールドカップ

    ワールドカップ・ドイツ大会に、当時17歳の若さで、セオ・ウォルコットが同クラブでの公式戦出場がないにも関わらず選出され、イングランド国内外でサプライズ招集として注目を浴びたが、試合出場の機会は無かった。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たプレミアリーグ

    アーセナル・フットボールクラブ(Arsenal Football Club、イギリス英語発音: アーサヌル・フトゥボール・クラブ) はイングランドの首都ロンドン北部に拠点を置くプロサッカークラブである。プレミアリーグ所属。愛称は、Arsenal=兵器工場(工廠)から Gunners=砲撃手「ガナーズ」と呼ばれている。また、アーセナルのサポーターのことを「グーナー」(Gooner) という。これまでリーグ優勝13回、FAカップ優勝10回など多くのタイトルを獲得しているが、2004-05シーズンのFAカップ優勝を最後に10シーズン近くもの間、タイトルから遠ざかっている。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たUEFAカップウィナーズカップ

    第二次世界大戦後、アリソンの後を継いだトム・ウィタカーの下でも1947-48, 1952-53の2回のリーグ優勝、1949-50のFAカップ優勝を成し遂げるが、その後チームは低迷し、50年代はメジャーなタイトルを獲得することなく終わる。1966年、クラブのフィジオセラピストだったバーティー・ミーが予想外に監督へ抜擢される。2度のリーグ杯準優勝を経て、1969-70に初のヨーロッパでのタイトルとなるインターシティーズ・フェアーズカップを獲得。更に1970-71にはリーグとFAカップ優勝の“ダブル”を達成した。しかし、ダブルを達成したメンバーは徐々にチームを離れていき、1970年代はタイトル獲得の一歩手前で足踏みするシーズンが続く。1972-73にはリーグ2位、3度のFAカップ準優勝 (1971-72, 1977-78, 1979-80)、UEFAカップウィナーズカップ準優勝 (1979-80) がこの間の成績で、獲得したタイトルは1978-79のFAカップ優勝のみである。マンチェスター・ユナイテッドを終了間際のゴールで3対2で破ったこの試合は、アーセナルの名勝負のひとつに数えられている。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たマンチェスター

    同じ北ロンドンに本拠を構えるクラブ同士としてトッテナムとはライバル関係にあり、サポーター同士のいがみ合いが強く両者の間には争いごとが絶えない。それをよく象徴するのが、かつて同クラブから移籍してきたソル・キャンベルに対してトッテナムファンからユダと呼ばれたという出来事である。両チームの対戦は「ノースロンドン・ダービー」と呼ばれ、マンチェスター(マンチェスター・ユナイテッド対マンチェスター・シティ)、マージーサイド(リバプール対エバートン)と並び3大ダービーの一つに数えられている。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たインターシティーズ・フェアーズカップ

    第二次世界大戦後、アリソンの後を継いだトム・ウィタカーの下でも1947-48, 1952-53の2回のリーグ優勝、1949-50のFAカップ優勝を成し遂げるが、その後チームは低迷し、50年代はメジャーなタイトルを獲得することなく終わる。1966年、クラブのフィジオセラピストだったバーティー・ミーが予想外に監督へ抜擢される。2度のリーグ杯準優勝を経て、1969-70に初のヨーロッパでのタイトルとなるインターシティーズ・フェアーズカップを獲得。更に1970-71にはリーグとFAカップ優勝の“ダブル”を達成した。しかし、ダブルを達成したメンバーは徐々にチームを離れていき、1970年代はタイトル獲得の一歩手前で足踏みするシーズンが続く。1972-73にはリーグ2位、3度のFAカップ準優勝 (1971-72, 1977-78, 1979-80)、UEFAカップウィナーズカップ準優勝 (1979-80) がこの間の成績で、獲得したタイトルは1978-79のFAカップ優勝のみである。マンチェスター・ユナイテッドを終了間際のゴールで3対2で破ったこの試合は、アーセナルの名勝負のひとつに数えられている。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たFIFA U-17ワールドカップ

    国家による労働法・雇用法の違いを利用し、18歳未満の選手を無償で獲得する手法には各方面から批判が上がるが、法律上は問題はないのでむしろ各クラブのモラルの問題と見る声もある。その例として2003年16歳にしてFIFA U-17ワールドカップで得点王とMVPを獲得したバルセロナ所属のセスク・ファブレガスは、アーセナルに17歳で移籍した。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC

    アーセナルFCから見たシェフィールド・ユナイテッド

    1927年1月22日に行われた対シェフィールド・ユナイテッド戦は、イングランドで初めてラジオ中継されたリーグ戦だった。また1937年9月16日に行われたアーセナルのファースト・チームとリザーブ・チームのエキシビション・マッチは、サッカーの歴史上初めてテレビで生中継された試合である。アーセナルFC フレッシュアイペディアより)

63件中 41 - 50件表示

「アーセナル」のニューストピックワード