前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • レティーフ・グーセン

    レティーフ・グーセンから見たアーニー・エルスアーニー・エルス

    レティーフ・グーセン(Retief Goosen, 1969年2月3日 - )は、南アフリカ・リンポポ州ポロクワネ(旧名ピーターズブルグ)出身のプロゴルファーである。2001年と2004年の2度、全米オープンで優勝した実力者である。これまでにヨーロッパツアーで14勝、アメリカPGAツアーで7勝を挙げる(メジャー大会である全米オープンの優勝は、アメリカ・ヨーロッパの両方のツアーで優勝回数をカウントされる)。同じ南アフリカ出身のアーニー・エルスとは若い頃からのライバルであり、親友でもある。世界ランキング自己最高位は3位。レティーフ・グーセン フレッシュアイペディアより)

  • アダム・スコット

    アダム・スコットから見たアーニー・エルスアーニー・エルス

    2012年の全英オープンでは3日目を終え11アンダーの首位に立ち最終日も14番までは順調であった。しかし、15番から4連続ボギーを叩いてアーニー・エルスにかわされ惜しくも2位となる。アダム・スコット フレッシュアイペディアより)

  • ダンロップフェニックストーナメント

    ダンロップフェニックストーナメントから見たアーニー・エルスアーニー・エルス

    過去40年間には帝王ジャック・ニクラスをはじめ、ジョニー・ミラー(1974年優勝)、ヒューバート・グリーン(1975年優勝)、トム・ワトソン(1980年,1997年優勝)、セベ・バレステロス(1977年,1981年優勝)、クレイグ・スタドラー(1987年優勝)、ラリー・ネルソン(1991年優勝)、フレッド・カプルス、アーニー・エルス(1993年優勝)、グレグ・ノーマン、ビジェイ・シン、フィル・ミケルソン、レティーフ・グーセン、セルヒオ・ガルシア、デビッド・デュバル(2001年優勝)、タイガー・ウッズ(2004年・2005年優勝)、パドレイグ・ハリントン(2006年優勝)、ルーク・ドナルド(2012年・2013年優勝)、ジョーダン・スピースなど数々の世界のトッププレーヤーが参戦したトーナメントである(2012年まではアメリカPGAツアーは11月初旬にシーズンオフに入るため、他の日本国内大会に比べて有名選手を招待しやすい時期でもあった)。ダンロップフェニックストーナメント フレッシュアイペディアより)

  • エルス

    エルスから見たアーニー・エルスアーニー・エルス

    エルス フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・レッドベター

    デビッド・レッドベターから見たアーニー・エルスアーニー・エルス

    元々ツアープロ選手としてデビューしたが、1985年ごろから競技選手の第一線を退き、ティーチングプロ(指導者系のプロゴルファー)に就任。ニック・ファルドやアーニー・エルス、ミシェル・ウィーらを指導し、一流ゴルファーに成長させた。デビッド・レッドベター フレッシュアイペディアより)

  • トッド・ハミルトン

    トッド・ハミルトンから見たアーニー・エルスアーニー・エルス

    2003年末に、アメリカPGAツアーの「クオリファイイング・スクール」(通称 Q-School)に8度目の挑戦で合格し、12年間の修業地となった日本を離れ、ようやく帰国を果たす。2004年3月に「ザ・ホンダ・クラシック」でアメリカツアー初優勝。同年7月、38歳にしてメジャー大会の全英オープンで優勝し、PGAツアーの5年シード権を獲得した。この時は 10 アンダーパー(-10, 274ストローク)で並んだアーニー・エルスとのプレーオフを制し、世界ランキング3位の強豪の同大会2年ぶりの優勝を阻止している。トッド・ハミルトン フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・デュバル

    デビッド・デュバルから見たアーニー・エルスアーニー・エルス

    全英オープンで優勝した後、2001年11月に初来日する。初出場のダンロップ・フェニックス選手権で、当年度の日本オープンゴルフ優勝者手嶋多一とのプレーオフを制して初優勝。宮崎の「フェニックス・カントリークラブ」には彼の名前にちなんで「デビッド・デュバル・ゴルフアカデミー」が設立された。(現在はデュバルの冠が取れ、「フェニックス・ゴルフアカデミー」と改名した。)翌週に静岡県御殿場市の「太平洋クラブ御殿場コース」で開かれた「EMCワールドカップ」のアメリカ代表として、世界ランキング1位のタイガー・ウッズとコンビを組んで出場する。大会期間中は2人とも万全の体調ではなかったが、最終日のフォアサムで最終18番ホール(パー5、517ヤード)の第2打をデュバルがミスした後、ウッズの“ミラクル・チップイン・イーグル”でアメリカ・チームはプレーオフに残った。4ヶ国によるプレーオフはアーニー・エルスとレティーフ・グーセンによる南アフリカチームが制し、アメリカ・チームはプレーオフ1ホール目で脱落した。デビッド・デュバル フレッシュアイペディアより)

  • タッド・フジカワ

    タッド・フジカワから見たアーニー・エルスアーニー・エルス

    2009年1月17日、ソニーオープン・イン・ハワイで、ワイアラエ・カントリークラブの現コースレイアウトでのコースレコードタイ(他にアーニー・エルスらが記録)となる62をマークした。タッド・フジカワ フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ビヨン

    トーマス・ビヨンから見たアーニー・エルスアーニー・エルス

    日本のダンロップ・フェニックス選手権で1999年、2003年の2度優勝していることから、日本でも高い知名度を持つ選手である。2001年11月に静岡県御殿場市の「太平洋クラブ御殿場コース」に誘致されたEMCワールドカップにもデンマーク代表として来日し、ソレン・ハンセンとコンビを組んで出場した。デンマークは4チームによるプレーオフに進んだが、そこで南アフリカチーム(アーニー・エルス&レティーフ・グーセン組)に敗れてワールドカップ優勝を逃した。トーマス・ビヨン フレッシュアイペディアより)

  • アーニー

    アーニーから見たアーニー・エルスアーニー・エルス

    アーニー・エルス - 1969年生まれ、南アフリカ出身のプロゴルファー。アーニー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「アーニー・エルス」のニューストピックワード