前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示
  • アーニー・エルス

    アーニー・エルスから見たトム・レーマン

    1997年には、コングレッショナルカントリークラブ・ブルーコースでの「全米オープン」で3年ぶり2度目の優勝。54ホール終えた時点で3年連続首位のトム・レーマンが、3年連続で最終日に逆転された。レーマンは終盤、16番ホールでピンを狙いすぎてボギー、17番ホール(480ヤード、パー4)では第2打を池に入れ、3位に終わった。最終日のエルスはレーマンと2打差の2位スタートであったが、最後まで競り合った同組のモンゴメリーとは、17番ホールで勝敗が分かれた。エルスのドライバーショットは完璧で、ピンから2.5mに2オンし、2パットでパーセーブしたのに対し、モンゴメリーはドライバーショットを曲げてラフに入れてしまい、ピンから2mに3オンしたが2パットしてボギー。この1打差を18番ホール(パー3)で守っての優勝であり、最後の5ホールをパーでしのいだのが勝因であった。アーニー・エルス フレッシュアイペディアより)

  • アーニー・エルス

    アーニー・エルスから見たアダム・スコット

    2012年の第141回「全英オープン」(ロイヤルリザム&セントアンズ、開催11回目)では、親交のあるアダム・スコットを終盤に逆転して、10年ぶりとなるメジャー大会4勝目を挙げた。アーニー・エルス フレッシュアイペディアより)

  • アーニー・エルス

    アーニー・エルスから見たレティーフ・グーセン

    2001年11月、日本の太平洋クラブ・御殿場コースで開催された世界ゴルフ選手権の「EMCワールドカップ」に南アフリカ代表として出場、レティーフ・グーセンとコンビを組んで優勝した。この時はアメリカを含む4チームによるプレーオフを制している。アーニー・エルス フレッシュアイペディアより)

  • アーニー・エルス

    アーニー・エルスから見たゲーリー・プレイヤー

    初期は主に南アフリカのツアーで活躍し、1992年には南アフリカのツアーで11戦6勝を挙げ、2ヶ月間に南アフリカPGA選手権、南アフリカマスターズ、南アフリカオープンで優勝し、ゲーリー・プレイヤー以来の南アの3冠制覇を成し遂げた。さらに、この年7月のミュアフィールド(開催14回目)での「全英オープン」では66-69で予選を通過して、4日間通算では首位のニック・ファルドに5打差の5位タイとなる活躍であった。1993年は「ダンロップ・フェニックス選手権」で優勝している。アーニー・エルス フレッシュアイペディアより)

  • アーニー・エルス

    アーニー・エルスから見た太平洋クラブ

    2001年11月、日本の太平洋クラブ・御殿場コースで開催された世界ゴルフ選手権の「EMCワールドカップ」に南アフリカ代表として出場、レティーフ・グーセンとコンビを組んで優勝した。この時はアメリカを含む4チームによるプレーオフを制している。アーニー・エルス フレッシュアイペディアより)

  • アーニー・エルス

    アーニー・エルスから見た全英オープン (ゴルフ)

    初期は主に南アフリカのツアーで活躍し、1992年には南アフリカのツアーで11戦6勝を挙げ、2ヶ月間に南アフリカPGA選手権、南アフリカマスターズ、南アフリカオープンで優勝し、ゲーリー・プレイヤー以来の南アの3冠制覇を成し遂げた。さらに、この年7月のミュアフィールド(開催14回目)での「全英オープン」では66-69で予選を通過して、4日間通算では首位のニック・ファルドに5打差の5位タイとなる活躍であった。1993年は「ダンロップ・フェニックス選手権」で優勝している。アーニー・エルス フレッシュアイペディアより)

  • アーニー・エルス

    アーニー・エルスから見たコリン・モンゴメリー

    1994年のオークモントカントリークラブでの「全米オープン」でメジャー大会初優勝を果たした。最終日6月19日にエルスは単独首位発進したが73打を叩く間に、70打で廻ったコリン・モンゴメリーとローレン・ロバーツに5アンダーパー(279打)で首位に並ばれ、翌6月20日に行った2種類のプレイオフをエルスが制した。まず、18ホールのプレイオフを行い、78打のモンゴメリーが脱落、ともに74打のエルスとロバーツがサドンデスのプレイオフへと突入し、2ホール目にエルスがパー、ロバーツがボギーで勝負あり。この優勝を機に米国・欧州ツアーに本格参戦し始める。アーニー・エルス フレッシュアイペディアより)

  • アーニー・エルス

    アーニー・エルスから見たニック・ファルド

    初期は主に南アフリカのツアーで活躍し、1992年には南アフリカのツアーで11戦6勝を挙げ、2ヶ月間に南アフリカPGA選手権、南アフリカマスターズ、南アフリカオープンで優勝し、ゲーリー・プレイヤー以来の南アの3冠制覇を成し遂げた。さらに、この年7月のミュアフィールド(開催14回目)での「全英オープン」では66-69で予選を通過して、4日間通算では首位のニック・ファルドに5打差の5位タイとなる活躍であった。1993年は「ダンロップ・フェニックス選手権」で優勝している。アーニー・エルス フレッシュアイペディアより)

  • アーニー・エルス

    アーニー・エルスから見た世界ゴルフ選手権

    2001年11月、日本の太平洋クラブ・御殿場コースで開催された世界ゴルフ選手権の「EMCワールドカップ」に南アフリカ代表として出場、レティーフ・グーセンとコンビを組んで優勝した。この時はアメリカを含む4チームによるプレーオフを制している。アーニー・エルス フレッシュアイペディアより)

  • アーニー・エルス

    アーニー・エルスから見たワールドゴルフランキング

    1998年前半の数週間、断続的に世界ランキング1位の位置にいたことがある。しかし、この年の後半は病気に苦しみ、しばらく試合を欠場した時期があった。アーニー・エルス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示

「アーニー・エルス」のニューストピックワード