376件中 111 - 120件表示
  • ザック・ギルフォード (俳優)

    ザック・ギルフォード (俳優)から見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    1982年、イリノイ州エバンストン生まれ。ノースウェスタン大学で演劇を学び、役者の道を進む。2003年にテレビシリーズ『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』へ出演してメジャーデビュー。特にその名が知られるようになったのは2006年から2011年までレギュラー出演したテレビドラマシリーズ『Friday Night Lights』で、62エピソードに出演している。それ以降もコンスタントに映画、テレビなどへの出演を重ねておりアーノルド・シュワルツェネッガーがカリフォルニア州知事を退職した後に久々にスクリーン復帰した『ラストスタンド』や、恋愛コメディ『恋する履歴書』などへも出演した。また、カントリー・ミュージック歌手のテイラー・スウィフトの楽曲『Ours』のミュージック・ビデオへも出演している。ザック・ギルフォード (俳優) フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・ケント

    ピーター・ケントから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーのスタントを15年間担当した。ピーター・ケント フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・タイソン

    リチャード・タイソンから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    1990年の映画『キンダガートン・コップ』で、アーノルド・シュワルツェネッガー演じる鬼刑事と渡り合う麻薬密売組織のボス役が有名。1993年の『ダーク・アイランド/堕ちた楽園』では女優のブリジット・バーコ演じる新妻の少女と死闘を展開する狂気の船長を演じた。本作ではブリジットとの水中で立ち泳ぎしながらの濡れ場を披露した。リチャード・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・デューク

    ビル・デュークから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    『コマンドー』(1985年)や『プレデター』(1987年)、『アクション・ジャクソン』(1988年)では、主演のアーノルド・シュワルツェネッガーやカール・ウェザースに引けをとらないほど、逞しいタフガイを演じた。ビル・デューク フレッシュアイペディアより)

  • ヴェニス (カリフォルニア州)

    ヴェニス (カリフォルニア州)から見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    元カリフォルニア州知事で俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーがボディービルダー時代に通ったゴールドジムの1号店が現存し、今日でもフィットネス、ヨガ、ボディービルのメッカとして知られる。ヴェニス (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴ・リーヴス

    スティーヴ・リーヴスから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    アメリカでは端役が多かったが、1957年にイタリアに渡り、主に1950年代末から1960年代に『ヘラクレス』などの史劇アクション映画(ソード&サンダル)で主演をつとめ、均整のとれた身体と端正な顔立ちで人気を博した。『ヘラクレス』は欧米で大ヒットすると共にボディビルブームを巻き起こし、幼少期に本作を観賞したシルヴェスター・スタローンやアーノルド・シュワルツェネッガー、ドウェイン・ジョンソンなどの後世のアクションスターにも大きな影響を与えた。スティーヴ・リーヴス フレッシュアイペディアより)

  • クリストファー・ケネディー・ローフォード

    クリストファー・ケネディー・ローフォードから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    カリフォルニア州サンタモニカで生まれた。父親は俳優のピーター・ローフォード、母親はジョン・F・ケネディの妹であるパトリシア・ケネディー・ローフォードであり、ジョン・F・ケネディは伯父にあたる。一人っ子でもある。クリストファーは、元カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガーとも親戚関係にある。クリストファー・ケネディー・ローフォード フレッシュアイペディアより)

  • ダニー・ウッドバーン

    ダニー・ウッドバーンから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    1964年、ペンシルベニア州フィラデルフィアに生まれる。地元の高校を卒業後、テンプル大学へ進学して演技を学んだ。舞台で経験を積んだ後、ロサンゼルスへ拠点を移し、1990年代前半から『ジェシカおばさんの事件簿』などのテレビドラマへ出演し始めてキャリアをスタート。小人症という特徴を生かし、順調にキャリアを構築させている。コメディアンとしてスタンダップ・コメディの経験もあるので、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の『ジングル・オール・ザ・ウェイ』やダニー・デヴィート監督の『デス・トゥ・スムーチー』、『となりのサインフェルド』などのコメディ作品への出演も多い。近年では2014年に製作された『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』でタートルズの育ての親でもあるスプリンターを演じている。ダニー・ウッドバーン フレッシュアイペディアより)

  • シンバッド (コメディアン)

    シンバッド (コメディアン)から見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    退役後は芸名を『シンバッド』とし、エンターテイメント業界でのキャリアをスタートさせ、1986年にテレビ番組『The Redd Foxx Show』でテレビデビュー。その後もビル・コスビー主演の『コスビー・ショー』などのシットコムへ出演して徐々に知名度を得ていった。1987年から1991年まで、コスビーが製作した『A Different World』のレギュラーとして出演が世間からウケて、一躍コメディアンの仲間入りを果たした。1993年には自身の冠番組『ザ・シンバッド・ショー』も製作され、コメディアンとして確固たる地位を確立している。映画への出演でも知られており、1997年に出演した『ジングル・オール・ザ・ウェイ』ではアーノルド・シュワルツェネッガーと共演し、子供のためにおもちゃ探しに奮闘する父親をコミカルに演じて印象を残している。同作品では同年のBlockbuster Entertainment Awardsで助演男優部門の優秀賞を獲得した。近年ではアメリカ国内の各地でコメディライブやトークショーも頻繁に行っており、コメディアンとして更に活躍している。シンバッド (コメディアン) フレッシュアイペディアより)

  • ヒロ・ヤマガタ

    ヒロ・ヤマガタから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    1990年、アーノルド・シュワルツェネッガーがテキストを書いた英語版画集「YAMAGATA」が出版。「アメリカ移民200周年」、ベルリンの「フリーダム・キャンペーン」公式作品を制作。同年、メキシコシティ国立美術館で個展開催。ヒロ・ヤマガタ フレッシュアイペディアより)

376件中 111 - 120件表示

「アーノルド・シュワルツェネッガー」のニューストピックワード