376件中 121 - 130件表示
  • アーノルド

    アーノルドから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガー - アメリカの俳優。アーノルド フレッシュアイペディアより)

  • リトル・ミス・サンシャイン

    リトル・ミス・サンシャインから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    脚本を執筆する前にアーントはアーノルド・シュワルツェネッガーが高校生のグループと対談し、「もし私がこの世で最も嫌いなものがあるとすれば、それは負け犬だ。私は彼らを軽蔑する」と発言したことを新聞を読んで知った。その結果はアーントは思考プロセスを刺激されて脚本執筆を始め、後に「そして私はその態度に何か問題があると考えた。(中略)私は人生においてあなたが上昇、または下降するという考えを攻撃したかった。(中略)は最も愚かで無意味な競争する人々の典型だった」と回想した。共同監督のジョナサン・デイトンもまた「ページェントが進行するまで、映画がページェントについてでないことは我々にとって非常に重要だった。それは場違いであるのに関するものであり、あなたがどこで終わるかを知らないことに関するものだ」と述べた。アビゲイル・ブレスリン以外の美人コンテストの参加者役の少女たちは本物の美人コンテストの参加者である。彼女たちは実際と同様の格好をして同じパフォーマンスを披露した。撮影準備にあたって、監督たちは南カリフォルニアでいくつかのコンテストに出席し、プロセスの詳細を学ぶためにコーディネーターと会った。映画のコンテストの母親は、コンテストの場面が演出過剰であると主張し、「多くのコンテストでは少女の脚を剃ったり、偽の日焼けを施し、厚化粧をしたりはしない」と述べた。リトル・ミス・サンシャイン フレッシュアイペディアより)

  • ニューローズホテル (映画)

    ニューローズホテル (映画)から見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    フェラーラによれば、サンディ役には、ヴィルジニー・ルドワイヤンやクロエ・セヴィニーの起用が検討されたという。また、フェラーラによれば、アーノルド・シュワルツェネッガーのフォックス役での起用も検討されたという。ニューローズホテル (映画) フレッシュアイペディアより)

  • タイポスクワッティング

    タイポスクワッティングから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    企業は、タイポスクワッティングを防止するために、よくあるスペルミスのWebサイトをいくつか取得し、それを正しく綴られたWebサイトにリダイレクトしようとする。例えば、www.gooogle.com、www.goolge.com、www.gogle.comなどはすべてwww.google.comにリダイレクトされ、www.gppgle.comはwww.google.co.jpにリダイレクトされる。他の例としては、俳優で政治家のアーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Schwarzenegger)は、姓のよくあるミススペルのうち、最も多い10個のドメインをコントロールしているといわれる。タイポスクワッティング フレッシュアイペディアより)

  • スタンリー・ウィリアムズ

    スタンリー・ウィリアムズから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    ルイジアナ州ニューオーリンズ出身。1971年にストリートギャング「クリップス」に加わり組織を拡大した。1979年に2件の強盗殺人容疑で逮捕され、1981年に死刑の宣告を受ける。収監後、改心し反ギャング活動を行い1996年からギャング暴力に反対する9冊の本を執筆している。2001年から2005年の間ノーベル平和賞にノミネートされ、多数の減刑嘆願書が出されていた。しかしアーノルド・シュワルツェネッガー州知事は、ウィリアムズが自身の犯した殺人事件を依然として否認し、謝罪も行っていないことから「証拠を検討したが、恩赦を出す余地は見いだせなかった」と今回の決定を説明した。この決定に従い、収監されていたカリフォルニア州サン・クウェンテン連邦刑務所で予定通り12月13日午前0時1分(現地時間)にウィリアムズへの薬物注射による死刑が執行された。スタンリー・ウィリアムズ フレッシュアイペディアより)

  • ショルダー・プレス

    ショルダー・プレスから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーが行っていたエクササイズ。ショルダー・プレス フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・アイアンサイド

    マイケル・アイアンサイドから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    1970年代後半まではカナダの規模の小さい劇団の舞台で収入を得たり、インディーズ系の映画に幾つか主演していたが、デヴィッド・クローネンバーグ監督のメジャー代表作ともいえる『スキャナーズ』の主人公が当たり役となり、続く『面会時間』での狂気の演技で注目されてからは、カナダからハリウッドに活躍の場を移した。その後は、精神異常をきたしているかのような犯罪者や、強烈な悪役を主に演じたが、『マーダー・イン・スペース』の勇ましいクルー役、SFアクションTVシリーズ『V』でのハム役、トム・クルーズ主演の『トップガン』の教官役などでは、冷静で頼もしい脇役を務めた。1990年の『トータル・リコール』では、主演のアーノルド・シュワルツェネッガーと渡り合い、バイプレイヤーの地位を不動のものとした。マイケル・アイアンサイド フレッシュアイペディアより)

  • スヴェン=オーレ・トールセン

    スヴェン=オーレ・トールセンから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    その後渡米し、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の『コナン・ザ・グレート』で俳優デビュー。以降、シュワルツェネッガー作品を中心に、主にアクション映画で主人公と対峙する悪役の屈強な手下やスタントを多数こなす。大抵名もない役やクレジットなしの場合が多い。『グラディエーター』で2001年度トーラス・ワールド・スタント賞を受賞した。スヴェン=オーレ・トールセン フレッシュアイペディアより)

  • また戻ってくる

    また戻ってくるから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    「また戻ってくる」(またもどってくる、)は、俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーが映画で演じる数多くの人物が発する台詞である。日本語訳は翻訳者により若干異なる。また戻ってくる フレッシュアイペディアより)

  • リック・ダコマン

    リック・ダコマンから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    1952年にカナダのプリンス・アルバートにて生まれる。カナダのテレビ番組などに出演してから、アメリカへ活動拠点を移し、その後は主に米国で活躍している。大柄な体格を生かしたコミカルな演技を得意とし、トム・ハンクスが若手の頃に出演したコメディ映画『メイフィールドの怪人たち』ではハンクスの親友役を演じて印象を残した。その他、ブルース・ウィリスの出世作『ダイ・ハード』やアーノルド・シュワルツェネッガー主演の『ラスト・アクション・ヒーロー』などの出演作がある。リック・ダコマン フレッシュアイペディアより)

376件中 121 - 130件表示

「アーノルド・シュワルツェネッガー」のニューストピックワード