302件中 71 - 80件表示
  • 水曜シアター9

    水曜シアター9から見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    「7月7日は七夕の日。日本では短冊に願い事を書くそうだが、俺(アーノルド・シュワルツェネッガー)だったら…『打倒!プレデター!(プレデターに勝てますように)』」水曜シアター9 フレッシュアイペディアより)

  • カントリー・ジョー・マクドナルド

    カントリー・ジョー・マクドナルドから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    2005年春、マクドナルドは、当時カリフォルニア州の知事だったアーノルド・シュワルツェネッガーの歳出削減提案に反対してカリフォルニア州会議事堂(California State Capitol)で行なわれた大規模な抗議行動に参加した。カントリー・ジョー・マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • 少女コマンドーIZUMI

    少女コマンドーIZUMIから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガー主演のアクション映画と同名の「コマンドー」を冠したタイトルに加えて、予告編で主人公が対戦車ロケットランチャー(M72 LAW)を使うシーンが使われ、OPでもM72 LAWを撃つシーンが使用されていたが、主人公は組織から脱走しており、『スケバン刑事』とは違って支援組織もない状態のためM72 LAW使用したのは第1話と最終回くらいで、実際には手錠のような形のワイヤーソウ(携帯式ワイヤーノコギリ)をトラップの回避や格闘に使用した。少女コマンドーIZUMI フレッシュアイペディアより)

  • ヒロ・ヤマガタ

    ヒロ・ヤマガタから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    1990年、アーノルド・シュワルツェネッガーがテキストを書いた英語版画集「YAMAGATA」が出版。「アメリカ移民200周年」、ベルリンの「フリーダム・キャンペーン」公式作品を制作。同年、メキシコシティ国立美術館で個展開催。ヒロ・ヤマガタ フレッシュアイペディアより)

  • パティ・スマイス

    パティ・スマイスから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    1985年にザ・フーターズのアルバム"Nervous Night"にゲスト参加。このときの縁がもとで、1987年に発表したファースト・ソロ・アルバム"Never Enough "にフーターズのメンバーが曲作りで参加。1992年には、ブルース・スプリングスティーンのE Street Bandのキーボード奏者ロイ・ビタンのプロデュースによる2枚目のソロ・アルバム『パティ・スマイス』をリリース。ここからシングル・カットされた、元イーグルスのドン・ヘンリーとのデュエット曲"Sometimes Love Just Ain't Enough"がビルボードの2位まで上昇する大ヒットとなり、ゴールド・ディスクを獲得する(スマイスは、そのキャリアの初期にヘンリーのレコーディングにバック・シンガーとして参加したことがあった)。同アルバムからはさらに"No Mistakes"が全米Top40に食い込んだほか、"I Should Be Laughing"がマイナーヒットとなった。映画音楽も手がけ、1994年にはアーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画『ジュニア』のサウンドトラックに"Look What Love Has Done"を提供し、アカデミー賞、グラミー賞の双方にノミネートされたほか、1998年にSF映画アルマゲドンに"Wish I Were You"が収録された。パティ・スマイス フレッシュアイペディアより)

  • バトルクロード

    バトルクロードから見たアーノルド・シュワルツネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    モデルはターミネーターのT-800ことアーノルド・シュワルツネッガー。「T-8P」は「T-800」の当て字。バトルクロード フレッシュアイペディアより)

  • レッドリボン軍

    レッドリボン軍から見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    マッスルタワー3階の番人。サングラスをかけた大柄な筋肉キャラで、アーノルド・シュワルツェネッガーのような容姿をしている。悟空を苦戦させるが、実は乾電池で動くロボットで、長期戦により電池が切れ停止。口からミサイルを発射の他、頭が吹き飛んでも行動が出来る。レッドリボン軍 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・アイアンサイド

    マイケル・アイアンサイドから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    1970年代後半まではカナダの規模の小さい劇団の舞台で収入を得たり、インディーズ系の映画に幾つか主演していたが、デヴィッド・クローネンバーグ監督のメジャー代表作ともいえる『スキャナーズ』の主人公が当たり役となり、続く『面会時間』での狂気の演技で注目されてからは、カナダからハリウッドに活躍の場を移した。その後は、精神異常をきたしているかのような犯罪者や、強烈な悪役を主に演じたが、『マーダー・イン・スペース』の勇ましいクルー役、SFアクションTVシリーズ『V』でのハム役、トム・クルーズ主演の『トップガン』の教官役などでは、冷静で頼もしい脇役を務めた。1990年の『トータル・リコール』では、主演のアーノルド・シュワルツェネッガーと渡り合い、バイプレイヤーの地位を不動のものとした。マイケル・アイアンサイド フレッシュアイペディアより)

  • 男性の妊娠

    男性の妊娠から見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    『ジュニア』Junior (シュワルツェネッガー主演、1994年)- 科学的にありえそうな試みを扱っている。男性の妊娠 フレッシュアイペディアより)

  • アズ・アイ・レイ・ダイング

    アズ・アイ・レイ・ダイングから見たアーノルド・シュワルツェネッガーアーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーを敬愛している。アズ・アイ・レイ・ダイング フレッシュアイペディアより)

302件中 71 - 80件表示

「アーノルド・シュワルツェネッガー」のニューストピックワード