177件中 91 - 100件表示
  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たミスター・オリンピア

    特筆すべきはミスター・オリンピア(ボディビルディングの世界最高峰)での活躍であり、特にシュワルツェネッガーとその他の選手のオリンピアまでの道のりと、戦いを映したドキュメンタリー『パンピング・アイアン』はボディビル人気に一気に火をつけ、同時にゴールドジムを一躍世界最大のジムにまで成長させた。オリンピアでの戦績の面でもほぼ無敗という記録を持っており、セルジオ・オリバに唯一敗北しているもののそれ以降はまさしく無敗であり、連続して6連勝という記録を作り上げた。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見た炭酸飲料

    2005年9月、シュワルツェネッガーは10代の肥満防止対策として州立高校での炭酸飲料の販売を禁止する法案に署名した。これにより今後州立高校の敷地内で販売できる飲料は水、牛乳、果汁50%以上のジュースなど一部のものに限られる。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見た環境問題

    共和党に所属するが、環境問題に積極的で、同性婚には反対しつつ、同性愛者の人権保障やドメスティック・パートナーシップは支持するなど、政治的には中道的な立場をとっている。葉巻を愛喫し、好きな銘柄はキューバ産のコイーバである。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たツインズ (映画)

    アクション映画以外にも、名優ダニー・デビートとの競演によるコメディー『ツインズ』(1988)に出演、役柄を広げた。コメディー路線としては『キンダガートン・コップ』(1990)なども挙げられる。前述の二作品におけるそれまで見せる事のなかったコミカルな演技によって、これまでのアクション路線とは一線を画す、新しい境地を見つけたと評価された。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見た負債

    カリフォルニア電力危機などによって60億ドルにも上る負債を抱えた州の財政をどう再建するか、経済をどのように活性化させるかが特に重要視され、シュワルツェネッガーは「増税なき財政再建」を掲げたことで注目された。と同時に、その公約を裏打ちするだけの具体的な政策がないことを指摘、批判する声もあった。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たアプレンティス

    ドナルド・トランプ大統領に、トランプの後任として2017年の一月からシュワルツェネッガー自身がホストを務めるリアリティ番組「アプレンティス セレブたちのビジネス・バトル」について低視聴率を揶揄する発言をされているが、それに対してツイッターで大統領と司会者の職を交代するよう提案(皮肉)している。同年3月、視聴率は低迷し、シュワルツェネッガーの番組からの降板が発表された。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たラスベガス

    2008年1月24日、シルヴェスター・スタローンが主演・監督・脚本を務めた映画『ランボー/最後の戦場』のワールドプレミアを米・ラスベガス市内のホテル「プラネットハリウッド・リゾート&カジノ」で行い、シュワルツェネッガーも息子2人を連れて出席した。舞台挨拶に立ったスタローンは「今日はターミネーターが来ているんだ」と、会場に向かって嬉しそうにシュワルツェネッガーを紹介したという。レストランチェーン「プラネット・ハリウッド」と同ホテルの共同出資者というビジネスパートナーでもあり、会場を同チェーンのラスベガス店にした理由もそこにあった(ただし、シュワルツェネッガーは2000年にプラネット・ハリウッドの株を売却しているため、現在はオーナーではない)。ガッチリと固い握手を交わし、肩をたたき合うなど約5分間の交流に、スタローンは「アーノルドも来てくれたし、素晴らしい夜だ。気分は最高だよ」と述べていた。シュワルツェネッガーは、2006年12月にロサンゼルスで行われたスタローンの『ロッキー・ザ・ファイナル』の試写会場にも足を運んでおり、1年ぶりのツーショットとなった。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見た徴兵

    その後、母国オーストリアの徴兵でオーストリア陸軍第四戦車大隊に配属され、史上最年少記録の18歳で戦車兵として任務に就いていた。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たオマージュ

    憧れの俳優として、クリント・イーストウッド、ジョン・ウェイン、カーク・ダグラスを挙げている。特にイーストウッドは『荒野の用心棒』の頃からのファンであり、ダーティハリーシリーズに感銘を受けたことでアクション映画を志すようになったという。『ダーティハリー』のDVDには彼のインタビューが収録されている。また『ターミネーター2』におけるショットガンのアクションはジョンウェインのオマージュである。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見た住民投票

    2005年11月、シュワルツェネッガーは財政改革のための州憲法改正など、4項目を問う住民投票を行ったが、4項目とも大差で否決されてしまった。これにより、シュワルツェネッガーの政治力の低下は避けられないという指摘もなされた。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

177件中 91 - 100件表示

「アーノルド・シュワルツェネッガー」のニューストピックワード