125件中 21 - 30件表示
  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見た2009年

    2009年2月、スタローンの監督・主演映画『エクスペンダブルズ』へ出演することを明らかにした。スタローンのインタビューによると、現職の州知事ということもあり、他のキャストを立てることも考慮しつつオファーしたところ、職務に影響がないことを条件に快諾したという。映画でシュワルツェネッガーが演じるのは、当初は現在の彼の姿であるカリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー本人役であると報道されていたが、後に公開された情報では、スタローン演じる役の元・ライバルで傭兵部隊の元・リーダーで、役名も本名ではないという設定となった。本編では上記の通りライバルPMCの経営者役を演じ、ブルース・ウィリス演じるCIA担当官からの依頼に対して「自殺行為だ」と依頼を受けずに立ち去る数分間のカメオ出演であった。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見た玄田哲章玄田 哲章

    日本語吹き替え版では85年の『コマンドー』より玄田哲章が当てる事が多くなり、雑誌メディア等もシュワルツェネッガーの映画作品の特集を組む際には吹き替え声優として玄田哲章にインタビューをしており、声優に詳しくない映画ファンにも玄田の声が浸透した。カリフォルニア州知事就任時、カリフォルニア州が制作した日本向けの観光広報ビデオ『カリフォルニア州観光局 なんでもアリフォルニア カリフォルニア』に出演した州知事・シュワルツェネッガーの声を担当する際、正式に玄田がシュワルツェネッガー本人からフィックスとして認められた。その事も関係しているのか、特に20世紀FOX作品では、かつて屋良有作もしくは他の声優版しかなかった吹き替え版も玄田版が追加、もしくは置き換えられて再発売されている作品がある。パッケージラベルに「シュワルツェネッガーの声といえば玄田哲章」という赤いシールが貼ってあり、拘りがうかがえる。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たダニー・デビート

    アクション映画以外にも、名優ダニー・デビートとの競演によるコメディー『ツインズ』(1988)に出演、役柄を広げた。コメディー路線としては『キンダガートン・コップ』(1990)なども挙げられる。前述の二作品におけるそれまで見せる事のなかったコミカルな演技によって、これまでのアクション路線とは一線を画す、新しい境地を見つけたと評価された。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たロニー・コールマン

    達成した合計7回の優勝という記録は、リー・ヘイニーが1991年に、ロニー・コールマンが2005年に共に連続8連覇を成し遂げるまで破られなかった。また連続という点では、ドリアン・イエーツが1997年に連続6連覇を成し遂げている。ちなみにロニー・コールマンへのトロフィー授与の際にはアーノルド自身も立ち会った。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たジョン・ウェイン

    憧れの俳優として、クリント・イーストウッド、ジョン・ウェイン、カーク・ダグラスを挙げている。特にイーストウッドは『荒野の用心棒』の頃からのファンであり、ダーティハリーシリーズに感銘を受けたことでアクション映画を志すようになったという。『ダーティハリー』のDVDには彼のインタビューが収録されている。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たAC/DC

    AC/DC - "Big Gun" (『ラスト・アクション・ヒーロー』主題歌/ジャック・スレイター役)アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たドリアン・イエーツ

    達成した合計7回の優勝という記録は、リー・ヘイニーが1991年に、ロニー・コールマンが2005年に共に連続8連覇を成し遂げるまで破られなかった。また連続という点では、ドリアン・イエーツが1997年に連続6連覇を成し遂げている。ちなみにロニー・コールマンへのトロフィー授与の際にはアーノルド自身も立ち会った。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たマイク・メンツァー

    その後いったんは俳優業に移るものの、1980年に突如としてボディビルに復帰した。この復帰はかなり突然のものであり、他のオリンピア出場者が飛行機で乗りあった際も映画の撮影であると思われていたといわれている。この大会において優勝7回という大きな記録を作り上げたが、事前に審査委員がアーノルドと親しい人物と変わっていたり、明らかに体の仕上がりが甘い、映画の宣伝を兼ねた勝利だとの声も上がり疑惑が残ったままの勝利と大論争を巻き起こすこととなった。この際に、優勝を確信されていたマイク・メンツァーはその後もアーノルドと険悪な関係が続いた。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たジェシー・ベンチュラ

    1987年の『プレデター』(1987)にはミネソタ州知事ジェシー・ベンチュラとケンタッキー州知事選に出馬経験のあるソニー・ランダムが出演している。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たカーク・ダグラス

    憧れの俳優として、クリント・イーストウッド、ジョン・ウェイン、カーク・ダグラスを挙げている。特にイーストウッドは『荒野の用心棒』の頃からのファンであり、ダーティハリーシリーズに感銘を受けたことでアクション映画を志すようになったという。『ダーティハリー』のDVDには彼のインタビューが収録されている。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

125件中 21 - 30件表示

「アーノルド・シュワルツェネッガー」のニューストピックワード