125件中 61 - 70件表示
  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たロサンゼルス

    2008年1月31日に、ロサンゼルス市内で同じ共和党所属で大統領候補のジョン・マケイン上院議員と共に記者会見を開き、2008年アメリカ合衆国大統領選挙においての支持を表明。マケイン上院議員とは地球温暖化問題などで協力するなど古くからの友人で、マケイン上院議員はシュワルツェネッガーが計画する州独自の排ガス規制に賛意を示していた。しかし、シュワルツェネッガーの妻であるマリア・シュライバーは2月3日、民主党のバラク・オバマ上院議員の支持を表明したため、夫婦で別々の政党の候補を支持する形となった。一方で排ガス規制を提案しているのにもかかわらず、自身はビジネスジェットで通勤しており矛盾を指摘されている。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たカメオ出演

    『ターミネーター』における台詞「I'll be back」(また戻ってくる)もしくは「I'm back」(戻ったぞ)は、以後の出演作品の台詞でもしばしばカメオ的に使われた事から世界的に有名になっており、来日した際や日本のみならず海外のマスメディアのインタビューの際にも必ずこの台詞を発している。ターミネーターシリーズ以外でこの台詞が使用されたのは『コマンドー』『ゴリラ』『バトルランナー』『ツインズ』『キンダガートン・コップ』『ラスト・アクション・ヒーロー』『トゥルーライズ』『シックス・デイ』『エクスペンダブルズ2』。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たターミネーター4

    2004年『80デイズ』を最後に、下記のカリフォルニア州知事選などの政治業を主に行うため俳優業を暫くの間休業することになった。そのため、『ターミネーター4』には出演しなかったが、若き日の顔をアーノルドとよく似たローランド・キッキンガーの体にCG合成することで出演している。また、後に一家で鑑賞した後に子供達に「シリーズ最高の傑作だった」と言われて深く傷付いたとのこと。後にシュワルツェネッガーはインタビューでターミネーター4を批判している。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たSF超人ヘラクレス

    全米ボディビルダーで優勝を飾った後、専門のボディビルダーとして大衆から飽きられることに危機感を持った彼は、俳優への転身を図る。その体格を見込まれ、『SF超人ヘラクレス』(1970年)のヘラクレス役としてデビュー。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たアナボリックステロイド

    1977年に製作された『パンピング・アイアン(鋼鉄の男)』というドキュメンタリーにおいて、ボディビルダー時代にステロイドと大麻を使用していたと告白している。肉体作りのために使用していたステロイドについては、使用していたことについての後悔は全く無いと述べ、大麻の使用については、GQ誌でこの事に言及された際に「大麻は麻薬じゃない」と述べたが、彼の報道官は「単なる冗談」だったとして弁解している。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たロッキー・ザ・ファイナル

    2008年1月24日、シルヴェスター・スタローンが主演・監督・脚本を務めた映画『ランボー/最後の戦場』のワールドプレミアを米・ラスベガス市内のホテル「プラネットハリウッド・リゾート&カジノ」で行い、シュワルツェネッガーも息子2人を連れて出席した。舞台挨拶に立ったスタローンは「今日はターミネーターが来ているんだ」と、会場に向かって嬉しそうにシュワルツェネッガーを紹介したという。レストランチェーン「プラネット・ハリウッド」と同ホテルの共同出資者というビジネスパートナーでもあり、会場を同チェーンのラスベガス店にした理由もそこにあった(ただし、シュワルツェネッガーは2000年にプラネット・ハリウッドの株を売却しているため、現在はオーナーではない)。ガッチリと固い握手を交わし、肩をたたき合うなど約5分間の交流に、スタローンは「アーノルドも来てくれたし、素晴らしい夜だ。気分は最高だよ」と述べていた。シュワルツェネッガーは、2006年12月にロサンゼルスで行われたスタローンの『ロッキー・ザ・ファイナル』の試写会場にも足を運んでおり、1年ぶりのツーショットとなった。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たSF映画

    1984年にジェームズ・キャメロン監督によるSF映画『ターミネーター』(1984)に出演、同作の悪役アンドロイド「ターミネーター」として有名になり、アクション映画俳優として確固たる地位を築き上げる。彼はまた自らの演技にコメディの要素を取り入れることに成功し、それまでのアクション俳優にない「知的」な印象を持つ俳優として人気が出始め、スターとしての地位を確立した。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たミスター・オリンピア

    特筆すべきはミスター・オリンピア(ボディビルディングの世界最高峰)での活躍であり、特にアーノルドとその他の選手のオリンピアまでの道のりと、戦いを映したドキュメンタリー『パンピング・アイアン』はボディビル人気に一気に火をつけ、同時にゴールドジムを一躍世界最大のジムにまで成長させた。オリンピアでの戦績の面でもほぼ無敗という記録を持っており、セルジオ・オリバに唯一敗北しているもののそれ以降はまさしく無敗であり、連続して6連勝という記録を作り上げた。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見た環境問題

    共和党に所属するが、環境問題に積極的で、同性婚には反対しつつ、同性愛者の人権保障やドメスティック・パートナーシップは支持するなど、政治的には中道的な立場をとっている。葉巻を愛喫し、好きな銘柄はキューバ産のコイーバである。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たラスベガス

    2008年1月24日、シルヴェスター・スタローンが主演・監督・脚本を務めた映画『ランボー/最後の戦場』のワールドプレミアを米・ラスベガス市内のホテル「プラネットハリウッド・リゾート&カジノ」で行い、シュワルツェネッガーも息子2人を連れて出席した。舞台挨拶に立ったスタローンは「今日はターミネーターが来ているんだ」と、会場に向かって嬉しそうにシュワルツェネッガーを紹介したという。レストランチェーン「プラネット・ハリウッド」と同ホテルの共同出資者というビジネスパートナーでもあり、会場を同チェーンのラスベガス店にした理由もそこにあった(ただし、シュワルツェネッガーは2000年にプラネット・ハリウッドの株を売却しているため、現在はオーナーではない)。ガッチリと固い握手を交わし、肩をたたき合うなど約5分間の交流に、スタローンは「アーノルドも来てくれたし、素晴らしい夜だ。気分は最高だよ」と述べていた。シュワルツェネッガーは、2006年12月にロサンゼルスで行われたスタローンの『ロッキー・ザ・ファイナル』の試写会場にも足を運んでおり、1年ぶりのツーショットとなった。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

125件中 61 - 70件表示

「アーノルド・シュワルツェネッガー」のニューストピックワード