177件中 61 - 70件表示
  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たボディビルダー

    シュワルツェネッガーはボディビルダーとしてその名が広く知られるようになった。始めたきっかけはスティーヴ・リーヴスの主演映画を見て、憧れたことによる。知名度の向上に非常に大きく貢献した点などでボディビルの歴史に於いても特に重要な人物と見なされている。ボディビルダーとして与えた影響は計り知れず、ボディビル・フィットネスをアメリカ合衆国で普及させアメリカ人の意識を変えたとされる。その結果、ハリウッド映画界において肉体派俳優という新たなジャンルを開拓することに成功。とくに昨今のハリウッド映画では出演時の役者の肉体改造が当たり前となっているが、それも'シュワルツェネッガーが最初に映画界に本格的なトレーニングを持ち込み、元祖肉体派俳優として活躍した結果であるといえる。その鍛え抜かれた肉体は「オーストリアン・オーク(オーストリアの樫の木)」の愛称をもたらし、ジュニア・ミスター・ヨーロッパ、ミスター・ワールド、五回のミスター・ユニバースなどのタイトルを得ている。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たコマンドー

    日本語吹き替え版では1982年の『コナン・ザ・グレート』で初担当。その後、『コマンドー』の吹替え時の反響が大きくより玄田哲章が当てる事が多くなり、ほぼ全ての作品での吹き替え経験を持つ。『ターミネーター4』の公開時など雑誌メディア等もシュワルツェネッガーの映画作品の特集を組む際には吹き替え声優として玄田哲章にインタビューをしており、吹替に詳しくない映画ファンからも人気が高い。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たプレデター (映画)

    プレデター』(1987)にはミネソタ州知事ジェシー・ベンチュラとケンタッキー州知事選に出馬経験のあるソニー・ランダムが出演している。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たラストスタンド

    ラストスタンド』撮影時の怪我で入院した際に偶然にもスタローンと同じ病室であった。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たT-800

    2008年1月24日、シルヴェスター・スタローンが主演・監督・脚本を務めた映画『ランボー/最後の戦場』のワールドプレミアを米・ラスベガス市内のホテル「プラネットハリウッド・リゾート&カジノ」で行い、シュワルツェネッガーも息子2人を連れて出席した。舞台挨拶に立ったスタローンは「今日はターミネーターが来ているんだ」と、会場に向かって嬉しそうにシュワルツェネッガーを紹介したという。レストランチェーン「プラネット・ハリウッド」と同ホテルの共同出資者というビジネスパートナーでもあり、会場を同チェーンのラスベガス店にした理由もそこにあった(ただし、シュワルツェネッガーは2000年にプラネット・ハリウッドの株を売却しているため、現在はオーナーではない)。ガッチリと固い握手を交わし、肩をたたき合うなど約5分間の交流に、スタローンは「アーノルドも来てくれたし、素晴らしい夜だ。気分は最高だよ」と述べていた。シュワルツェネッガーは、2006年12月にロサンゼルスで行われたスタローンの『ロッキー・ザ・ファイナル』の試写会場にも足を運んでおり、1年ぶりのツーショットとなった。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たコナン・ザ・グレート

    ボディビルダー時代には「オーストリアン・オーク(The Austrian Oak)」の愛称を持ち、最近はその出演作から「ガバナーター」または「ガバネーター」(The Governator=知事(Governor)とターミネーター(Terminator)の合成語)、「コナン・ザ・リパブリカン(共和党員コナン)」(主演作『コナン・ザ・グレート』の原題『コナン・ザ・バーバリアン(野蛮人コナン)』から)などと呼ばれている。青年時代は成功したボディビルダーとして、その後はハリウッド時代の経歴から、世界中に名を知られるようになった。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たアメリカ合衆国

    アーノルド・アロイス・シュワルツェネッガー(Arnold Alois Schwarzenegger, 1947年7月30日 - )は、アメリカ合衆国の映画俳優、実業家、元政治家、元ボディビルダー。2003年から2011年にかけてカリフォルニア州知事を務めた。日本ではシュワちゃんの愛称で呼ばれている。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たロサンゼルス

    2006年1月8日午後、カリフォルニア州ロサンゼルスの路上で、サイドカー付き大型オートバイを運転中に乗用車と衝突事故を起こし、唇を15針縫う怪我を負った。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見たカメオ出演

    2009年2月、スタローンの監督・主演映画『エクスペンダブルズ』へ出演することを明らかにした。スタローンのインタビューによると、現職の州知事ということもあり、他のキャストを立てることも考慮しつつオファーしたところ、職務に影響がないことを条件に快諾したという。映画でシュワルツェネッガーが演じるのは、当初は当時の彼の姿であるカリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー本人役であると報道されていたが、後に公開された情報では、スタローン演じる役の元・ライバルで傭兵部隊の元・リーダーで、役名も本名ではないという設定となった。本編では上記の通りライバルPMCの経営者役を演じ、ブルース・ウィリス演じるCIA担当官からの依頼を「自殺行為だ」と断って立ち去る数分間のカメオ出演であった。2012年の『エクスペンダブルズ2』では本格共演をし、2013年の『大脱出』ではスタローンとのW主演を果たしている。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見た同性愛

    共和党に所属するが、環境問題に積極的で、同性婚には反対しつつ、同性愛者の人権保障やドメスティック・パートナーシップは支持するなど、政治的には中道的な立場をとっている。葉巻を愛喫し、好きな銘柄はキューバ産のコイーバである。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

177件中 61 - 70件表示

「アーノルド・シュワルツェネッガー」のニューストピックワード