前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
657件中 1 - 10件表示
  • ダイエー

    ダイエーから見たイオン (企業)イオン (企業)

    株式会社ダイエー()は、関東・近畿地方でスーパーマーケットを展開している企業。元は全国チェーンの一大企業であったが、バブル崩壊後の1990年代より業績不振になり、イオンによる株式公開買付けを経て、2015年(平成27年)1月1日より、イオングループの一員(完全子会社)となった。ダイエー フレッシュアイペディアより)

  • 中間持株会社

    中間持株会社から見たイオン (企業)イオン (企業)

    イオンフィナンシャルサービス(イオン傘下。イオン銀行・イオンクレジットサービスなどグループの金融事業を統括)中間持株会社 フレッシュアイペディアより)

  • オリジン東秀

    オリジン東秀から見たイオン (企業)イオン (企業)

    オリジン東秀株式会社(オリジンとうしゅう、)は、惣菜、弁当の製造・販売を中心とするイオンの子会社である。本社は東京都調布市。持ち帰り弁当チェーン「オリジン弁当」、中華料理チェーン「中華東秀」などを展開する。惣菜は外部委託している。オリジン東秀 フレッシュアイペディアより)

  • ミニストップ

    ミニストップから見たイオン (企業)イオン (企業)

    ミニストップ株式会社()は、イオングループのコンビニエンスストアである。イオンの連結子会社。ミニストップ フレッシュアイペディアより)

  • イオンモール高の原

    イオンモール高の原から見たイオン (企業)イオン (企業)

    土地を所有する都市再生機構と事業用借地契約を締結している関西文化学術研究都市センターが建設した「サンタウンプラザこすもす館」をイオンが一括で借用。2007年(平成19年)5月1日にイオン高の原ショッピングセンターとして開業した。核店舗はマイカルサティを核店舗とし、専門店はイオン奈良登美ヶ丘ショッピングセンター(現在はイオンモール奈良登美ヶ丘)などと重複しないものを中心にレディースファッション・生活雑貨が多く入居。サティとシネマコンプレックスを入居させたのは、他のイオングループのショッピングセンターと差別化を図るためであり、店舗構成もイオン奈良登美ヶ丘ショッピングセンターが60代の団塊世代のニーズに合わせたのに対して、この店舗は立地する平城・相楽ニュータウンの住民の多くを占める40代の団塊ジュニア層のニーズに合わせたものになった。イオンモール高の原 フレッシュアイペディアより)

  • マックスバリュ東北

    マックスバリュ東北から見たイオン (企業)イオン (企業)

    ジャパン・ユナイテッド・ストアーズ・カンパニーを社名の起源とするジャスコ(現:イオン)は、連邦制を掲げ、東海道メガロポリスを中心にローカルスーパーのグループ化を進めた。マックスバリュ東北 フレッシュアイペディアより)

  • 幕張新都心

    幕張新都心から見たイオン (企業)イオン (企業)

    千葉市側の「豊砂地区」と習志野市側の「芝園地区」からなる。1989年(平成元年)に編入されて以来整備が進められており、コストコ幕張店、カレスト幕張、東京インテリア幕張店などが立地している。当初はソニー、日本航空、三井物産などの企業十数社が土地利用の契約内定や本契約をしたが、バブル崩壊後に契約解除や計画の凍結が相次ぎ、2007年(平成19年)3月に一旦分譲を休止した。2010年(平成22年)、「豊砂地区」の未利用地8区画約18.3haを早期に活用するため土地利用を見直し、オフィス用途から企業ニーズに合う商業用途に変更した。同年9月から一括開発をしてくれる事業者を条件に公募を再開し、12月にイオンを進出事業者に決定。2013年(平成25年)12月には、イオンモールの旗艦店となる「イオンモール幕張新都心」(店舗面積約9.6万m2)が開業し、開業時点における首都圏の商業施設ではイオンレイクタウン(同約13万m2)、ららぽーとTOKYO-BAY(同約11.6万m2)に次いで3番目の店舗面積となった。また、千葉市や進出企業等が費用を負担する請願駅として、京葉線の新習志野駅 - 海浜幕張駅間(コストコ及びイオンモール付近)に新駅を設置する計画(現状では構想段階)もある。幕張新都心 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の経済

    2011年の経済から見たイオン (企業)イオン (企業)

    イオングループ傘下の総合スーパー運営会社イオンリテール、マイカルの2社が合併。これにより「ジャスコ」と「サティ」の名称が消滅し、店名を「イオン」に統一し、収益強化を図る。2011年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • マルナカ (チェーンストア)

    マルナカ (チェーンストア)から見たイオン (企業)イオン (企業)

    資本上においては「マルナカ」と「山陽マルナカ」は親子関係ではなく兄弟会社の関係で、現在はいずれもイオングループの企業となっている。一方で「マルナカホールディングス」そのものはイオン株を所持している法人株主のうちの一社である。マルナカ (チェーンストア) フレッシュアイペディアより)

  • イオンクレジットサービス

    イオンクレジットサービスから見たイオン (企業)イオン (企業)

    イオングループにおいて銀行代理業、信用保証事業、ATM共同事業、電子マネー事業、クレジットカードに係るプロセシング事業などを担う。現在の法人は2012年に設立された2代目の法人で、初代の法人は現在の親会社であるイオンフィナンシャルサービスにあたる。イオンフィナンシャルサービスは1981年に大手スーパーのジャスコ(現:イオン)の子会社「日本クレジットサービス株式会社」として設立され、1994年に「イオンクレジットサービス」に商号変更、2013年にイオングループの金融事業再編に伴いイオン銀行と経営統合の後に、イオン銀行並びに現在の法人に事業譲渡を行ったものである。イオンクレジットサービス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
657件中 1 - 10件表示