657件中 131 - 140件表示
  • 海浜幕張駅 .

    海浜幕張駅 .から見たイオン (企業)イオン (企業)

    当駅は幕張新都心の玄関口であり、北西側と南西側にはイオン本社ビル(イオンタワー)をはじめとしたオフィスビルや商業施設・宿泊施設などが立地する。海浜幕張駅 . フレッシュアイペディアより)

  • 橘百貨店

    橘百貨店から見たイオン (企業)イオン (企業)

    橘百貨店は1976年にジャスコ(現在のイオン株式会社)が再建。1977年に『橘ジャスコ』として再オープンし、1988年には全面改装してイオングループの百貨店『ボンベルタ橘』としてオープンした。若者・中年以下向けを主なターゲットとした品揃えで競合の宮崎山形屋と棲み分けを図ったが、それが故に2005年のイオンモール宮崎開業による打撃は宮崎山形屋より大きかった。宮崎山形屋の新館オープン前には、得意とするキャリアウーマン向けのブランドをさらに充実させるリニューアルを行い、宮崎山形屋やイオンとの差別化を図ったが苦戦、その後は百貨店から事実上専門店ビルへと業態を転換。また、イオングループの中でも、百貨店というきわめて珍しい業態が今後も存続するのか非常に不透明な状況であった。橘百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • ハタ鉱泉

    ハタ鉱泉から見たイオン (企業)イオン (企業)

    清涼飲料水の製造販売をおこなう。特にラムネの生産量で首位に位置し、全国シェアの半分近くを占める。近年はたこ焼き風のラムネやキムチ風のラムネを開発したり、道頓堀などの観光スポットやイオンなどが運営する大型ショッピングモールなどに出店している駄菓子屋などでも販売されている。ハタ鉱泉 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本地震 (1906年)

    熊本地震 (1906年)から見たイオン (企業)イオン (企業)

    イオン九州の熊本県内の店舗では店内が使えず臨時休業となっている代わりに、食料や飲料水を駐車場の臨時売り場で販売する措置を取っている。また、自治体からの要望に応える形で食料品や毛布などの物資提供を親会社のイオンやイオンリテールと共同で行っている。物資輸送は日本航空(JAL)との緊急輸送協定に基づき、発送地から長崎空港までの輸送はJALが、長崎空港から御船町の集積地までは陸上自衛隊が輸送を担当している。また、災害用大型テントの設置を陸上自衛隊やJALと共同で実施している。集積先はローソンと同様、熊本県民総合運動公園陸上競技場となっている。熊本地震 (1906年) フレッシュアイペディアより)

  • 仙台初売り

    仙台初売りから見たイオン (企業)イオン (企業)

    11月、ジャスコ株式会社(現:イオン株式会社)社長の岡田元也が仙台商工会議所を訪れ、翌年より元日初売りを行うと表明。その後、同所会頭とのトップ会談等により、ジャスコの元日初売りを見送る替わりに、「仙台初売り」を改善するための検討の場を設置することになった。仙台初売り フレッシュアイペディアより)

  • イオンスーパーセンター一関店

    イオンスーパーセンター一関店から見たイオン (企業)イオン (企業)

    ジャスコ株式会社(現・イオン株式会社)は1981年(昭和56年)、ジャスコ一関店の出店を計画していたが、商業活動調整協議会の審議により店舗面積を大幅削減され、出店を断念しており、イオン株式会社となって再び一関市への出店を目指した形となった。(ジャスコ一関店は現在の一関サティ(現・イオン一関店)の場所に出店予定だった。)また、今回の計画当初、敷地約50,000m2、店舗面積20,000m2の予定であったが、用地確保の難航などにより、15,246m2と大幅縮小した形での出店となった。また、駐車場出入り口も、当初計画の7か所から4か所へ変更された。イオンスーパーセンター一関店 フレッシュアイペディアより)

  • 金剛ニュータウン

    金剛ニュータウンから見たイオン (企業)イオン (企業)

    南海難波駅から20キロ圏にある金剛駅に近接した金剛ニュータウンが好評を博したことから、第二期として丘陵の東側の開発が始まった。これが金剛東ニュータウンで、藤沢台・向陽台・小金台・津々山台といった地区が該当する。金剛駅からは遠ざかるもの国道309号が縦断しており、1990年代に入ると向陽台に郊外型大型商業施設のエコール・ロゼ(核テナントはイオン金剛東店)がオープンし、住宅地内に商業地区が確立され、近隣の住民も車で買い物に来るようになった。この頃から、戸建住宅のみならず、高層住宅の販売も行われるようになる。金剛ニュータウン フレッシュアイペディアより)

  • アクリフーズ農薬混入事件

    アクリフーズ農薬混入事件から見たイオン (企業)イオン (企業)

    アクリフーズ群馬工場で製造された冷凍食品を購入した客から「異臭がする」などの苦情が、2013年11月13日から12月29日までに全国各地から20件寄せられた。調査した結果、高濃度の有機リン系の農薬・マラチオン(殺虫剤の一種)が返品された商品から検出された。12月29日、アクリフーズは群馬工場の操業・出荷を停止し、市場に出回った全ての生産商品計88品目(イオン「イオントップバリュ」、西友「みなさまのお墨付き」、セブン&アイ・ホールディングス「セブンプレミアム」、生協ブランドなどのPBも含め)を自主回収(リコール)すると発表した。アクリフーズは「マラチオンに急性症状は無く体重20キロで一度に60個を食べないと健康には影響ない」と説明。アクリフーズ農薬混入事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松田七星

    松田七星から見たイオン (企業)イオン (企業)

    イオン つくろう!my新入学-学習机篇-(2007年)松田七星 フレッシュアイペディアより)

  • 公正取引

    公正取引から見たイオン (企業)イオン (企業)

    日本のフェアトレードは、1986年に株式会社プレス・オルターナティブの「第3世界ショップ」に始まる。1989年にオルター・トレード・ジャパン(ATJ)が設立され、主として生協内でフェアトレードを広げた。1990年代にはいくつもの団体が生まれ、日本各地でフェアトレードショップができた。2000年代に入り2002年にスターバックスコーヒーの販売を始めたことを筆頭に、2003年にイオンがコーヒーの販売を始めるなど特にコーヒー製品で大手企業が参入している。公正取引 フレッシュアイペディアより)

657件中 131 - 140件表示