657件中 41 - 50件表示
  • Pinkish

    Pinkishから見たイオン (企業)イオン (企業)

    2月1日より1ヶ月間、イオン浦和美園、北戸田、与野の店内広場スクリーンにて「埼玉県からのお知らせ」を放映。BGMに「ゆめみるいちご」が使われた。Pinkish フレッシュアイペディアより)

  • イオンタウン古川

    イオンタウン古川から見たイオン (企業)イオン (企業)

    開業後、入居店舗はさまざまな変遷を経た。核店舗の一つであるマックスバリュ古川店は2008年8月にイオンからイオンリテールに移管され、2010年2月にはイオンリテールからマックスバリュ南東北に移管されている。その後2011年7月にはザ・ビッグ古川店に業態変更した。タカカツ運営のホームセンターは、ショッピングセンター自体も、2011年9月1日にイオン株式会社がロック開発株式会社のすべての株式を取得・100%子会社化して社名をイオンタウン株式会社に変更したことに伴い、施設名のロックタウン古川をイオンタウン古川に改称されている。イオンタウン古川 フレッシュアイペディアより)

  • マックスバリュ北海道

    マックスバリュ北海道から見たイオン (企業)イオン (企業)

    札幌市を中心に展開していた北海道地場のスーパーマーケットチェーンの札幌フードセンター(さっぽろフードセンター)を源流としており、2000年にそれまで北海道内にマックスバリューを数店舗出していた北海道ジャスコ(ほっかいどうジャスコ、札幌フードセンターとイオン(旧・ジャスコ)との合弁会社)と合併して現社名に改めた。2008年には、主に道央圏にて展開していたスーパーマーケットチェーンのジョイを吸収合併した。マックスバリュ北海道 フレッシュアイペディアより)

  • やまや

    やまやから見たイオン (企業)イオン (企業)

    イオンとの共同出資会社「コルドンヴェール」が輸入やPB開発を手がけており、一部はイオン店舗でも販売されている。やまや フレッシュアイペディアより)

  • 光洋 (スーパーマーケット)

    光洋 (スーパーマーケット)から見たイオン (企業)イオン (企業)

    1973年1月の創業以来長らく創業家運営の独立系のスーパーであったが、2007年12月17日にイオン株式会社が、光洋の発行済株式348千株のうち312千株を、創業家一族から約150億円で取得し、イオンの子会社となった。光洋 (スーパーマーケット) フレッシュアイペディアより)

  • マイカル

    マイカルから見たイオン (企業)イオン (企業)

    2001年9月に経営破綻し、会社更生法の適用を受け、イオン株式会社の支援により再建されることになる。2003年にイオンの完全子会社となり、2005年12月31日に更生手続きの終結決定がなされ、再建が完了。その後はイオングループの一員となった。イオングループの一員となったことで事業再編の対象となり、その一環である総合スーパー事業の再編が決定された。マイカル フレッシュアイペディアより)

  • 石川秀美

    石川秀美から見たイオン (企業)イオン (企業)

    イオン 「幸せの黄色いレシートキャンペーン」(2011年) - 薬丸と共演石川秀美 フレッシュアイペディアより)

  • ボンベルタ伊勢甚

    ボンベルタ伊勢甚から見たイオン (企業)イオン (企業)

    1977年に伊勢甚グループの小売事業を営んでいた株式会社伊勢甚百貨店、株式会社日立伊勢甚、株式会社ジンマートをジャスコ株式会社(後のイオン株式会社)が吸収合併する形で事業を譲渡、ジャスコは茨城県における百貨店事業会社として株式会社伊勢甚(商号としては2代目、ジャスコの100%子会社)を設立、屋号を「伊勢甚」とした。(ジンマートが運営していたスーパーマーケットは伊勢甚チェーン(後の伊勢甚ジャスコが設立されて事業を継承)ボンベルタ伊勢甚 フレッシュアイペディアより)

  • サンデー (ホームセンター)

    サンデー (ホームセンター)から見たイオン (企業)イオン (企業)

    株式会社サンデー(Sunday Co., Ltd.・HOME CENTER SUNDAY)は、青森県八戸市に本社を置き、東北地方にホームセンターを展開する企業。イオンの連結子会社。JASDAQ上場企業。サンデー (ホームセンター) フレッシュアイペディアより)

  • イトーヨーカ堂

    イトーヨーカ堂から見たイオン (企業)イオン (企業)

    出店方針としては、セブン-イレブンと同様にドミナント戦略をとっており、全国展開を優先しているイオンや以前のダイエーと対照的である。このような効率的な経営が他社より高い利益率を生んでおり、特に南関東エリアには1都3県ではザ・プライスやアリオも含めると116店と多数の店舗を持つ。一方、その1都3県と北海道以外、10店舗以上出店している府県はない。イトーヨーカ堂 フレッシュアイペディアより)

657件中 41 - 50件表示