657件中 51 - 60件表示
  • 和泉府中駅

    和泉府中駅から見たイオン (企業)イオン (企業)

    東口はペデストリアンデッキでフチュール和泉(再開発ビル)およびロードインいずみ(駅前商店街)と結ばれている。西口周辺にはイオンとイズミヤがある。和泉府中駅 フレッシュアイペディアより)

  • ユニード

    ユニードから見たイオン (企業)イオン (企業)

    福岡県飯塚出身の渕上一族が、家業として開業していた渕上百貨店から、スーパーマーケット業に転換し始めたのは、労働争議によると言われている。そごうや三越などと同様に、もともと呉服店や衣料品店だったものを百貨店に転換した渕上であったが、一方で、戦後のこの時期にスーパーマーケット業態が成長し始めており、のちにイオンとなる岡田屋やフタギ洋品店、あるいはイトーヨーカドーが呉服店や衣料品店からスーパーマーケットに転換していくように、渕上は、スーパーマーケット業に参入するようになる。ユニード フレッシュアイペディアより)

  • レッドキャベツ

    レッドキャベツから見たイオン (企業)イオン (企業)

    元々創業家のみが株式を保有する同族経営を行っていたが、2014年9月にイオンとの資本業務提携を締結。レッドキャベツが大幅な第三者割当増資を実施し、その大半をイオンが引き受ける形でイオングループの一員となった。レッドキャベツ フレッシュアイペディアより)

  • イオン本牧

    イオン本牧から見たイオン (企業)イオン (企業)

    2011年2月28日、イオン株式会社の下で経営再建されたマイカルが吸収合併で消滅する事となり、マイカル本牧は約22年の歴史に幕を下ろした。イオン本牧 フレッシュアイペディアより)

  • 有安杏果

    有安杏果から見たイオン (企業)イオン (企業)

    ジャスコ(現・イオン)「お歳暮」(2001年)有安杏果 フレッシュアイペディアより)

  • 三越

    三越から見たイオン (企業)イオン (企業)

    武蔵村山市榎1-1-3 ダイヤモンドシティ・ミュー ノースタワー2006年11月18日開店-2009年3月1日閉店。三越初の郊外型SCへの出店。新しいビジネス・モデルとして郊外への店舗展開を模索していた三越にとって、イオンとの連携は、時間短縮やコスト面での利点が多いと考え、ストアコンセプトを『Hand In Hand ?手に手をとって』とした。同じスタイルで宮城県名取市でも共同出店を試みた。しかし売上は目標を大きく下回り 7億円の赤字が発生したため、わずか2年半で営業終了。名取店ともども短命に終った。撤退にあたっては、本来三越はイオンに対して莫大な違約金を支払う必要があったが、話し合いの結果、当初契約期間の賃貸料と原状回復費用の支払いのみで折り合いをつけることができた。閉店後ノースタワーはフロアごとにフラクサス、ヴィクトリア、ノジマが入居した。三越 フレッシュアイペディアより)

  • プライベートブランド

    プライベートブランドから見たイオン (企業)イオン (企業)

    一部の企業を除いて、商品に関する各種問い合わせ窓口は販売者(小売店)が行うため、製造者(メーカー)は原則的に非公開である(販売者としてイオンや日本生活協同組合連合会などの販売元企業とし、製造者と製造工場は製造所固有記号で代替している)。ただし、法令で製造者の記載が義務づけられている商品(酒類、乳製品など)や、プライベートブランドの方針で公開している場合は記載される。特に中身が大手ナショナルブランド商品と同一であったり、メーカーが判ることで消費者の安心感・お買い得感を増させる効果を狙って行うことがある。保存のきく食品の場合は、アフターサービスを考慮して製造を担当したメーカーが問い合わせ窓口になる場合がある。プライベートブランド フレッシュアイペディアより)

  • 国際大学

    国際大学から見たイオン (企業)イオン (企業)

    朝日新聞社、イオン、大阪ガス、鹿島建設、キッコーマン、キリンビール、コスモ石油、全日本空輸、大成建設、ダイキン工業、大和ハウス、東邦ガス、日本経済新聞社、パナソニック、東日本旅客鉄道、ファイザー、富士ゼロックス、みずほフィナンシャルグループ、LIXILグループなど国際大学 フレッシュアイペディアより)

  • イオンタウン

    イオンタウンから見たイオン (企業)イオン (企業)

    法人としての「イオンタウン株式会社」はイオンタウンを専門に展開するディベロッパ企業である。元々は大和ハウス工業とイオン株式会社の合弁企業であった「ロック開発株式会社」であったが、2011年9月1日より、大和ハウスの株式をイオンが取得する形でイオンの100%子会社となり、商号変更している。イオンとしては、今後NSC業態の強化の一環としての資本構成と商号の変更を行ったと説明している。イオンタウン フレッシュアイペディアより)

  • 豊中市

    豊中市から見たイオン (企業)イオン (企業)

    1955年(昭和30年)8月 - 井上次郎が豊中市に飯田(後の株式会社シロ)を設立(1969年、ほか2社と共同出資で共同仕入会社としてジャスコ株式会社を設立、現在のイオン株式会社)。豊中市 フレッシュアイペディアより)

657件中 51 - 60件表示