526件中 51 - 60件表示
  • いなげや

    いなげやから見たイオン (企業)イオン (企業)

    株式会社いなげやは、東京都立川市に本社を置き、関東地方南部を中心に店舗を展開するスーパーマーケット大手チェーン。イオン株式会社と業務提携をしている。いなげや フレッシュアイペディアより)

  • 過去に存在したダイエーの店舗

    過去に存在したダイエーの店舗から見たイオン (企業)イオン (企業)

    現在は同店の競合店舗でもあったイオンマリンピア店のイオンマリンピア専門館)となっている。過去に存在したダイエーの店舗 フレッシュアイペディアより)

  • マックスバリュ東海

    マックスバリュ東海から見たイオン (企業)イオン (企業)

    2013年3月に当社と同じ静岡県・神奈川県にスーパーマーケット事業を展開するグループ会社のイオンキミサワ株式会社(株式会社CFSコーポレーションのスーパーマーケット事業を分社化し、イオン株式会社の完全子会社に移行)を吸収合併し、「キミサワ」・「ザ・コンボ」・「キミサワグラッテ」の3ブランドを当社が継承した。併せて、「おいしさ」にこだわった上質で廉価な品ぞろえをコンセプトとする新業態として「マックスバリュプライム」を立ち上げ、同年4月開業予定の新店舗から事業展開を開始することを明らかにした。マックスバリュ東海 フレッシュアイペディアより)

  • ケーヨー

    ケーヨーから見たイオン (企業)イオン (企業)

    1992年(平成4年) - 石黒ホーマ(現:ホーマック)、ジャスコ(現:イオン)と業務・資本提携。ジャスコとの合弁により、株式会社ケーヨージャスコを設立。ケーヨー フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たイオン (企業)イオン (企業)

    iDはNTTドコモ、三井住友カードの他にも、イオンクレジットやクレディセゾン(セゾン・UC両ブランド)など合計68社が提供を行っており、2009年1月にはおサイフケータイによるiD・iD一体型クレジットカードとiD単体カード(VJAグループ)を併せた発行枚数が1000万枚を突破している。「DCMX」の会員数も同年8月24日付けで1000万人を突破している。iD利用可能な店舗はセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、am/pm、ココストア、デイリーヤマザキといったコンビニエンスストアや、日本マクドナルド、牛角、イオン、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ他多数の店舗で利用が可能である。また日本コカ・コーラの自動販売機であるシーモ2やタクシーなどでも利用できるものがある。対応決済端末台数は現在42万台とSuicaやEdyを超えている。海外でも2008年7月よりグアム、8月に中国(上海)でも利用可能になった。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • ICOCA

    ICOCAから見たイオン (企業)イオン (企業)

    ICOCA電子マネーを導入しているイオングループのICOCA電子マネー対応店舗と、関西2府4県、および岡山・広島エリアのファミリーマート(一部店舗のみ)、サークルKサンクス(一部店舗を除く)、JR西日本・JR四国エリアのローソン・セブンイレブン各店(いずれも一部店舗を除く)、広島地区のPASPY取り扱いのバス車内のほか、東日本地区のSuicaショッピングサービス、東海地区のTOICA電子マネー、九州地区のSUGOCA電子マネーを導入しているコンビニエンスストア(NEWDAYS・ベルマート・ミニストップ・ファミリーマート・ローソン・サークルKサンクス・セブンイレブンなど)でも、現金によるチャージを取り扱っている。ICOCA フレッシュアイペディアより)

  • タカキュー

    タカキューから見たイオン (企業)イオン (企業)

    株式会社タカキュー()は、紳士・婦人服及び関連洋品雑貨の販売を行う会社である。また、イオン株式会社と資本・業務提携を結んでいる。タカキュー フレッシュアイペディアより)

  • 下田町 (青森県)

    下田町 (青森県)から見たイオン (企業)イオン (企業)

    下田町(しもだまち)は、青森県上北郡の東南部に位置した町である。イオン下田SC開店以降、隣市である八戸市、三沢市のベッドタウン化が進んでいる。下田町 (青森県) フレッシュアイペディアより)

  • クラフト (ドラッグストア)

    クラフト (ドラッグストア)から見たイオン (企業)イオン (企業)

    1982年に、東京都板橋区で創業。1995年から株式を店頭公開しており、2004年からはジャスダック市場に上場していた。1999年にイオンと提携したことから、主要な株主は森社長(23.9%)、梶会長(当時)(20.9%)、イオン(20.9%)であった。しかし、マネジメント・バイアウト(MBO)のため、クラフトフィナンシャルホールディングス株式会社が株式公開買い付けを行い、今後同社とその親会社であるクラフトホールディングス株式会社両社の完全子会社となる。同社には、イオン株式会社が20.0%、株式会社ツルハホールディングスが2.7%出資し、引き続きハピコムに属する。クラフト (ドラッグストア) フレッシュアイペディアより)

  • ÆON

    ÆONから見たイオン (企業)イオン (企業)

    ÆON フレッシュアイペディアより)

526件中 51 - 60件表示

「イオン」のニューストピックワード