224件中 31 - 40件表示
  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見た岡田克也

    四日市岡田家の初代岡田惣左衛門が、四日市久六町(現在の三重県四日市市)で創業した太物・小間物商「篠原屋」を起源としており、六代目の岡田惣一郎が呉服商「岡田屋呉服店」に業態転換、さらにその息子である七代目の岡田卓也(現・名誉会長)が岡田屋・フタギ(兵庫県姫路市)・シロ(大阪府豊中市)による共同仕入会社としてジャスコを設立したのが実質的な創業となっている。現在の代表(取締役兼代表執行役社長)は卓也の長男である岡田元也。衆議院議員で第143-144代外務大臣を務めた岡田克也は卓也の次男である。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たmoumoonmoumoon

    YUKA (moumoon) - 「満月ロゼ」(2010年)イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見た尾木直樹

    尾木直樹 - カモンイオン新入学!イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たカルフール

    2005年(平成17年)3月10日 - カルフールジャパンの全株式を譲受。同日カルフールジャパンはイオンマルシェに社名変更。またフランス本国のカルフールS.A.社と業務提携を発表。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たイオン北海道

    8月21日 - 北海道内における総合小売事業を吸収分割によりイオン北海道に承継。プライベートブランド関連事業などを部門別小会社3社に事業譲渡により分離。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たトヨタ自動車

    さらに、同社の関連グループ会社 イオンスーパーセンター(株)やイオンモール(株)、イオンマルシェ(株)、イオン九州(株)、イオン北海道(株)、イオン琉球(株)(旧・琉球ジャスコ)、(株)フードサプライジャスコ、(株)マイカル、(株)マイカル九州の温室効果ガス排出を加算すると、1,900,257t/CO2(190億257トン)もの排出量となり、トヨタ自動車 245億1千トン、東日本旅客鉄道 204億8千トン、東芝 175億3千トン、西日本旅客鉄道 150億5千トンなどと比較すると、事業規模と温室効果ガス排出量が理解できるものと思われる。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見た東芝

    さらに、同社の関連グループ会社 イオンスーパーセンター(株)やイオンモール(株)、イオンマルシェ(株)、イオン九州(株)、イオン北海道(株)、イオン琉球(株)(旧・琉球ジャスコ)、(株)フードサプライジャスコ、(株)マイカル、(株)マイカル九州の温室効果ガス排出を加算すると、1,900,257t/CO2(190億257トン)もの排出量となり、トヨタ自動車 245億1千トン、東日本旅客鉄道 204億8千トン、東芝 175億3千トン、西日本旅客鉄道 150億5千トンなどと比較すると、事業規模と温室効果ガス排出量が理解できるものと思われる。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たぐるなび

    4月11日 - ソニー株式会社、大日本印刷株式会社、株式会社ぐるなび、株式会社丹青社との合意のもと、グループ会社のイオンフィナンシャルサービス株式会社と共にフェリカポケットマーケティング株式会社の株式の一部を同年3月31日に取得し、連結子会社化したことを発表。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たミニストップ

    岡田卓也が岡田屋時代に視察した米国のショッピングモールに感化したのを機に、共同仕入れ会社のジャスコ設立の際にあわせて「ダイヤモンドシティ」(2007年(平成19年)にイオンモールに合併)を三菱商事との共同出資で設立し、共同でショッピングセンターの開発に関わっている。また、それらの多くを三菱グループの日本リテールファンド投資法人が所有している。さらに、コンビニエンスストア業界参入により設立した「ミニストップ」では資材調達で三菱商事と協力関係にある。2008年(平成20年)末には、三菱商事が筆頭株主になった。2007年(平成19年)以後はダイエーの再建事業の推進にあたり、丸紅とも近い関係にある。また、奇しくも同じ主力行であり、かつて同業においてダイエーに次ぐ“西の雄”とも言われた「マイカル」の支援企業として名乗りを上げ、系列下に収めたのもやはり同社であった。近年のサブプライムショックに端を発する不況による売上不振と信用収縮に伴う財務不安の払拭を狙い、先述のとおり元々旧ダイヤモンドシティの合弁相手であった三菱商事が筆頭株主に成り、信用補完を行っているが、社債の格付けでは今もセブン&アイ・ホールディングスやユニー・ファミリーマートホールディングスより低いため、三菱グループの日本リテールファンド投資法人による不動産投資信託等の別の資金調達手段を多用している。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たユニー・ファミリーマートホールディングス

    岡田卓也が岡田屋時代に視察した米国のショッピングモールに感化したのを機に、共同仕入れ会社のジャスコ設立の際にあわせて「ダイヤモンドシティ」(2007年(平成19年)にイオンモールに合併)を三菱商事との共同出資で設立し、共同でショッピングセンターの開発に関わっている。また、それらの多くを三菱グループの日本リテールファンド投資法人が所有している。さらに、コンビニエンスストア業界参入により設立した「ミニストップ」では資材調達で三菱商事と協力関係にある。2008年(平成20年)末には、三菱商事が筆頭株主になった。2007年(平成19年)以後はダイエーの再建事業の推進にあたり、丸紅とも近い関係にある。また、奇しくも同じ主力行であり、かつて同業においてダイエーに次ぐ“西の雄”とも言われた「マイカル」の支援企業として名乗りを上げ、系列下に収めたのもやはり同社であった。近年のサブプライムショックに端を発する不況による売上不振と信用収縮に伴う財務不安の払拭を狙い、先述のとおり元々旧ダイヤモンドシティの合弁相手であった三菱商事が筆頭株主に成り、信用補完を行っているが、社債の格付けでは今もセブン&アイ・ホールディングスやユニー・ファミリーマートホールディングスより低いため、三菱グループの日本リテールファンド投資法人による不動産投資信託等の別の資金調達手段を多用している。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

224件中 31 - 40件表示