224件中 41 - 50件表示
  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見た日本マクドナルド

    定年制を廃止した企業では日本マクドナルドがあり、流通業界でも、事務用品通信販売のアスクルや百貨店の松屋が65歳に定年延長した例がある程度。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たセディナ

    5月30日 - 株式会社セディナとの合意のもと、連結子会社である株式会社ダイエーとの「お客さま感謝デー」の相互利用を開始。これにより、同日より全国の「イオン」において「お客さま感謝デー」開催時におけるOMCカードのクレジット払いによる割引サービスの提供を開始(同年6月20日からはマックスバリュ、イオンスーパーセンター、ボンベルタ成田、ホームワイド、光洋、マルナカ、山陽マルナカ、ピーコックストアにも拡大、なお、OMCカードの優待サービスは2016年2月をもって終了)。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見た扇屋ジャスコ

    8月 - 信州ジャスコ・扇屋ジャスコと合併。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見た松屋 (百貨店)

    定年制を廃止した企業では日本マクドナルドがあり、流通業界でも、事務用品通信販売のアスクルや百貨店の松屋が65歳に定年延長した例がある程度。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス

    3月2日 - グループ会社の株式会社マルエツ、株式会社カスミおよびマックスバリュ関東株式会社が経営統合し、共同持株会社のユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社を設立。同社はイオンの連結子会社となる。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たアスクル

    定年制を廃止した企業では日本マクドナルドがあり、流通業界でも、事務用品通信販売のアスクルや百貨店の松屋が65歳に定年延長した例がある程度。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たイオン銀行

    10月20日 - 流通業としては2社目となる銀行業参入。名称は「イオン銀行」。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たローソン

    6月8日 - 株式会社ローソンとエンタテイメント分野での協業を発表。共同キャンペーンの実施やミニストップ全店舗への「Loppi」設置が行われる。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たいなげや

    2002年(平成14年) - 株式会社秀和の保有するいなげや株を引き取り、筆頭株主となる。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たイオン九州

    岡田卓也の「狸や狐の出る場所に出店せよ」との言葉どおり、郊外型の大型ショッピングセンターを中心に出店。駅前や中心街に多くの店を構えるダイエーが業績悪化する中、ライバルのイトーヨーカ堂とともに小売業界を牽引している。1980年代までは『連邦制経営』を標榜し、提携先とは比較的少額の資本提携のレベルにとどめて、実際の運営は各社の自主的判断に任せる形をとっていたが、バブル崩壊以降は中央集権的なトップマネジメントの強化へと方針の転換がおこなわれた。1990年代後半以降は積極的なM&Aと自社PBの拡大を前面に押し出す政策を取っていたが、画一的売り場政策が顧客の支持を得られなくなったこともあり、2014年以降は再び地域密着と地域(地域子会社やイオンリテールの支社単位)や現場への権限移譲を柱とする地方分権的な運営方針へと再転換している。本州地区では2000年までにジャスコを運営する地域子会社の本社への統合を完了。2000年代初頭の計画では2010年頃までに九州ジャスコ及び琉球ジャスコ(社名は当時の名称)のイオン本体への統合も模索した時期があったが、地域密着の方針に完全に転換したこともありにより現在では地域子会社を維持している。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

224件中 41 - 50件表示

「イオン」のニューストピックワード