224件中 51 - 60件表示
  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見た丹青社

    4月11日 - ソニー株式会社、大日本印刷株式会社、株式会社ぐるなび、株式会社丹青社との合意のもと、グループ会社のイオンフィナンシャルサービス株式会社と共にフェリカポケットマーケティング株式会社の株式の一部を同年3月31日に取得し、連結子会社化したことを発表。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たセブン&アイ・ホールディングス

    岡田卓也が岡田屋時代に視察した米国のショッピングモールに感化したのを機に、共同仕入れ会社のジャスコ設立の際にあわせて「ダイヤモンドシティ」(2007年(平成19年)にイオンモールに合併)を三菱商事との共同出資で設立し、共同でショッピングセンターの開発に関わっている。また、それらの多くを三菱グループの日本リテールファンド投資法人が所有している。さらに、コンビニエンスストア業界参入により設立した「ミニストップ」では資材調達で三菱商事と協力関係にある。2008年(平成20年)末には、三菱商事が筆頭株主になった。2007年(平成19年)以後はダイエーの再建事業の推進にあたり、丸紅とも近い関係にある。また、奇しくも同じ主力行であり、かつて同業においてダイエーに次ぐ“西の雄”とも言われた「マイカル」の支援企業として名乗りを上げ、系列下に収めたのもやはり同社であった。近年のサブプライムショックに端を発する不況による売上不振と信用収縮に伴う財務不安の払拭を狙い、先述のとおり元々旧ダイヤモンドシティの合弁相手であった三菱商事が筆頭株主に成り、信用補完を行っているが、社債の格付けでは今もセブン&アイ・ホールディングスやユニー・ファミリーマートホールディングスより低いため、三菱グループの日本リテールファンド投資法人による不動産投資信託等の別の資金調達手段を多用している。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たウエルシア薬局

    10月 - スーパードラッグストアの1号店ドラックス (DRUX) 青山店(三木市)オープン(のちにドラックスは分社および合併し、現在はウエルシア薬局)。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見た大和ハウス工業

    8月31日 - 大和ハウス工業株式会社の折半出資により設立されたロック開発株式会社について、大和ハウス工業保有分の株式を当社が譲受け完全子会社化。翌9月1日にロック開発株式会社はイオンタウン株式会社に商号変更。同時にネイバーフッド型ショッピングセンターは、全て「イオンタウン」に変更。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たCFSコーポレーション

    2008年(平成20年)1月22日 - 傘下のドラッグストア大手「CFSコーポレーション」が計画した、調剤薬局最大手「アインファーマシーズ」との経営統合を、プロキシーファイトの末に阻止。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たニチイ学館

    なお、社名が似ている英会話教室のイーオン (AEON、かつてはイオン同様、合字を用いたロゴタイプを使用していた)、化粧品会社のイオン化粧品、かつて存在した業態名と同一であるニチイ学館とは資本関係・人的関係ともにない。横浜岡田屋も、創業者が同姓だったため旧称が同じで、前身もたまたま同じ業種(呉服店)だったというだけである。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たJ.フロント リテイリング

    4月1日 - J\.フロント リテイリングから株式会社ピーコックストアの全株式を取得し、完全子会社化。同社は同日付でイオンマーケット株式会社に商号変更。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見た文藝春秋

    この問題をめぐり、イオンが「中国猛毒米」を大量に販売したなどとする記事を週刊文春が掲載したことについて、イオンは名誉毀損であるとして文藝春秋に1億6500万円の損害賠償などを求め2013年10月に東京地方裁判所に提訴した。イオンが請求した損害賠償金1億6500万円のうち、2016年の一審判決で認められたのは約2500万円(約2400万円)に留まり、2017年の二審判決では110万円にまで大幅減額された。二審東京高等裁判所裁判長野山宏は週刊文春の記事に「誤った印象を抱かせる」部分があったとして部分的に名誉毀損を認めた一方で、「品流通小売大手に価格決定権を握られているため,納入業者に中国産を含む安価な原料に頼る傾向が生じ,その結果国民の食の安全にリスクが生じているのではないかという問題提起をするものとして,一つの良質の言論である」とし、週刊文春記事の内容は真実性があり適法であると判断した。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見た大日本印刷

    4月11日 - ソニー株式会社、大日本印刷株式会社、株式会社ぐるなび、株式会社丹青社との合意のもと、グループ会社のイオンフィナンシャルサービス株式会社と共にフェリカポケットマーケティング株式会社の株式の一部を同年3月31日に取得し、連結子会社化したことを発表。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たウエルシアホールディングス

    11月27日 - 株式公開買付けによりウエルシアホールディングス株式会社を連結子会社化。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

224件中 51 - 60件表示