224件中 71 - 80件表示
  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見た姫路市

    四日市岡田家の初代岡田惣左衛門が、四日市久六町(現在の三重県四日市市)で創業した太物・小間物商「篠原屋」を起源としており、六代目の岡田惣一郎が呉服商「岡田屋呉服店」に業態転換、さらにその息子である七代目の岡田卓也(現・名誉会長)が岡田屋・フタギ(兵庫県姫路市)・シロ(大阪府豊中市)による共同仕入会社としてジャスコを設立したのが実質的な創業となっている。現在の代表(取締役兼代表執行役社長)は卓也の長男である岡田元也。衆議院議員で第143-144代外務大臣を務めた岡田克也は卓也の次男である。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たM&A

    岡田卓也の「狸や狐の出る場所に出店せよ」との言葉どおり、郊外型の大型ショッピングセンターを中心に出店。駅前や中心街に多くの店を構えるダイエーが業績悪化する中、ライバルのイトーヨーカ堂とともに小売業界を牽引している。1980年代までは『連邦制経営』を標榜し、提携先とは比較的少額の資本提携のレベルにとどめて、実際の運営は各社の自主的判断に任せる形をとっていたが、バブル崩壊以降は中央集権的なトップマネジメントの強化へと方針の転換がおこなわれた。1990年代後半以降は積極的なM&Aと自社PBの拡大を前面に押し出す政策を取っていたが、画一的売り場政策が顧客の支持を得られなくなったこともあり、2014年以降は再び地域密着と地域(地域子会社やイオンリテールの支社単位)や現場への権限移譲を柱とする地方分権的な運営方針へと再転換している。本州地区では2000年までにジャスコを運営する地域子会社の本社への統合を完了。2000年代初頭の計画では2010年頃までに九州ジャスコ及び琉球ジャスコ(社名は当時の名称)のイオン本体への統合も模索した時期があったが、地域密着の方針に完全に転換したこともありにより現在では地域子会社を維持している。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たPASMO

    Suicaと相互利用が可能な電子マネーPASMOも同年3月18日から上記の店舗で利用可能である。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見た不動産投資信託

    岡田卓也が岡田屋時代に視察した米国のショッピングモールに感化したのを機に、共同仕入れ会社のジャスコ設立の際にあわせて「ダイヤモンドシティ」(2007年(平成19年)にイオンモールに合併)を三菱商事との共同出資で設立し、共同でショッピングセンターの開発に関わっている。また、それらの多くを三菱グループの日本リテールファンド投資法人が所有している。さらに、コンビニエンスストア業界参入により設立した「ミニストップ」では資材調達で三菱商事と協力関係にある。2008年(平成20年)末には、三菱商事が筆頭株主になった。2007年(平成19年)以後はダイエーの再建事業の推進にあたり、丸紅とも近い関係にある。また、奇しくも同じ主力行であり、かつて同業においてダイエーに次ぐ“西の雄”とも言われた「マイカル」の支援企業として名乗りを上げ、系列下に収めたのもやはり同社であった。近年のサブプライムショックに端を発する不況による売上不振と信用収縮に伴う財務不安の払拭を狙い、先述のとおり元々旧ダイヤモンドシティの合弁相手であった三菱商事が筆頭株主に成り、信用補完を行っているが、社債の格付けでは今もセブン&アイ・ホールディングスやユニー・ファミリーマートホールディングスより低いため、三菱グループの日本リテールファンド投資法人による不動産投資信託等の別の資金調達手段を多用している。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たICOCA

    10月15日 - 岐阜県、愛知県と京阪神エリアにも電子マネー共用端末を導入、WAON、iDの他、東海2県ではSuica、京阪神ではJR西日本のICOCAの利用が可能に。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たジャスコ

    四日市岡田家の初代岡田惣左衛門が、四日市久六町(現在の三重県四日市市)で創業した太物・小間物商「篠原屋」を起源としており、六代目の岡田惣一郎が呉服商「岡田屋呉服店」に業態転換、さらにその息子である七代目の岡田卓也(現・名誉会長)が岡田屋・フタギ(兵庫県姫路市)・シロ(大阪府豊中市)による共同仕入会社としてジャスコを設立したのが実質的な創業となっている。現在の代表(取締役兼代表執行役社長)は卓也の長男である岡田元也。衆議院議員で第143-144代外務大臣を務めた岡田克也は卓也の次男である。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見たマイカル

    1997年(平成9年)に会社更生法適用を申請した「ヤオハンジャパン」(現:マックスバリュ東海)や、2001年(平成13年)にやはり会社更生法適用を申請した「マイカル」(2011年(平成23年)にイオンリテールに合併)、そして2004年(平成16年)に産業再生法適用を申請した「ダイエー」の再建に携わったり、地場スーパーマーケットやドラッグストアなどとの提携を盛んに行ったりと、事業の拡大が続いている。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見た乙黒えり

    乙黒えり - イオンの太陽光、トップバリュ自転車(かつてはわくわくデー、お客さま感謝デーなどのセール告知をしていた)イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見た武井咲

    武井咲 - わくわくデー、お客さま感謝デー、5日間セール、幸せの黄色いレシート他イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見た石川秀美

    薬丸裕英・秀美夫妻 - 幸せの黄色いレシートキャンペーンイオン (企業) フレッシュアイペディアより)

224件中 71 - 80件表示

「イオン」のニューストピックワード