783件中 91 - 100件表示
  • アカハシネッタイチョウ

    アカハシネッタイチョウから見たイカイカ

    主に魚類、特にトビウオ類やイカなどを食べる。トビウオの場合は飛行中に捕らえることがある。食性は地域によって変異があり、インド洋ではイカの比率が増大する。アカハシネッタイチョウ フレッシュアイペディアより)

  • クロカジキ

    クロカジキから見たイカイカ

    沿岸にはあまり接近せず、外洋表層を回遊しながらイカや魚を捕食する。カツオを襲うこともあり、「カツオクイ」(鰹喰い)の異名も持つ。産卵は4月-8月頃にフィリピン・台湾東方海域で行われる。クロカジキ フレッシュアイペディアより)

  • ササラダニ

    ササラダニから見たイカイカ

    イカダニというのは、頭胸部が細長く、基部に向かって左右に側面が突き出るのが、イカの形に見えることからの命名である。ヤマトオオイカダニは、南日本の森林土壌に普通に見られる大型種である。ササラダニ フレッシュアイペディアより)

  • コマッコウ

    コマッコウから見たイカイカ

    単独で行動することが多いが、最高6頭の群が観察されている。主食はイカやカニである。コマッコウ フレッシュアイペディアより)

  • オガワコマッコウ

    オガワコマッコウから見たイカイカ

    主食はイカやカニである。オガワコマッコウ フレッシュアイペディアより)

  • ヒダリマキマイマイ

    ヒダリマキマイマイから見たイカイカ

    半樹上性で湿った場所を好み、森林や草原など比較的幅広い環境に生息するが、市街地や水田などでは少ない。また近年では宅地造成などの開発によって減少している。生態は不明な点も多いが、枯葉やキノコなどを餌とする。コンクリートなどの人工物についた藻類を食べて、これらに食痕を残すこともある。飼育下ではサツマイモやイカの甲など様々なものを食べる。ヒダリマキマイマイ フレッシュアイペディアより)

  • コシマガリモエビ

    コシマガリモエビから見たイカイカ

    緑や茶色の体色と細長い体で海草に紛れこみ、沿岸性の魚類やイカなどの天敵から身を守る。同様に海草に擬態するエビは日本近海だけでも多数知られており、同じモエビ科(後述)の他にタラバエビ科のホッカイエビ Pandalus latirostris、ミツクリエビ Pandalopsis pacifica 等がいる。コシマガリモエビ フレッシュアイペディアより)

  • イソマグロ

    イソマグロから見たイカイカ

    数十尾ほどの小さな群れを作り、岩礁やサンゴ礁の斜面周辺を遊泳する。食性は肉食性で、同様の環境を好むムロアジやタカサゴなどの魚やイカを捕食する。イソマグロ フレッシュアイペディアより)

  • アカマンボウ目

    アカマンボウ目から見たイカイカ

    アカマンボウ科 は1属2種からなる。アカマンボウは本目の代表魚種であり、三大洋の表層から水深500m程度にまで分布している。本科(および本目)の表記は Lamprididae と Lampridae との2種類で揺れているが、本稿ではNelson(2006)の見解に基づき後者の表記を採用する。最大で体長1.8mにまで成長する大型の魚類で、イカなどの軟体動物や浮遊性の甲殻類を捕食する。アカマンボウ目 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパコウイカ

    ヨーロッパコウイカから見たイカイカ

    また、天然では硬骨魚綱やカイアシ類、甲殻類、イカ、腹足綱、二枚貝、ヒモムシ、貝虫亜綱等の様々な動物を捕食している。ヨーロッパコウイカ フレッシュアイペディアより)

783件中 91 - 100件表示

「イカ」のニューストピックワード