783件中 101 - 110件表示
  • ホタルイカモドキ科

    ホタルイカモドキ科から見たイカイカ

    ホタルイカモドキ科(学名:)は、ツツイカ目 開眼亜目(ツツイカ類 開眼目)に所属するイカの分類群の一つである。ホタルイカモドキ科はホタルイカをはじめとして世界の温熱帯外洋域で4属39種が認められ、さらに未記載種の存在が示唆されている。ホタルイカモドキ属 (Enoploteuthis ) が模式属となっていることから、科の和名がホタルイカモドキ科となっている。ホタルイカモドキ科 フレッシュアイペディアより)

  • ヒレナガカンパチ

    ヒレナガカンパチから見たイカイカ

    日中・夜間共に摂食し、小魚やイカを食べる。ヒレナガカンパチ フレッシュアイペディアより)

  • イバラヒゲ

    イバラヒゲから見たイカイカ

    食性は動物食。胃内容物はイカ類が最も多く、次いで、オキアミ類、魚類、エビ類の順に多い。イバラヒゲ フレッシュアイペディアより)

  • トグロコウイカ

    トグロコウイカから見たイカイカ

    トグロコウイカ (Spirula spirula) は深海性のイカの一種。トグロコウイカ目唯一の現生種である。体内にアンモナイトのような殻を持つことが特徴である。トグロコウイカ フレッシュアイペディアより)

  • 頭部

    頭部から見たイカイカ

    タコ、イカなど頭足類では、本来は腹足類のような構造から派生して殻の口に頭が引きつけられ、脚は分枝して束になっているので、頭から脚が生えたような形になっている。頭足類の名はここから来たものである。頭には無脊椎動物中、もっともよく発達した目が1対ある。口は脚の真ん中に位置し、キチン質の歯がある。現生の頭足類の大部分は、殻を退化させ、体内に取り込むか、あるいは殻を失っている。この中で、イカ類は腹部にひれを持ち、それを波打たせて頭と脚の方向に進むのが通常であるが、外套膜内の水を噴出し、素早く腹部のある後方へ進む能力がある。つまり、目の向かない方向への急速移動が可能なので、水槽飼育では腹部先端を壁にぶつけ、けがを負うことが多く、ここから弱って死に至るのが、彼らの飼育を難しくしている。頭部 フレッシュアイペディアより)

  • 県立戦隊アオモレンジャー

    県立戦隊アオモレンジャーから見たイカイカ

    三八支部所属で、額のエンブレムはイカ。二つ名は「八戸の海の幸」「八戸の青い海綿体」。県立戦隊アオモレンジャー フレッシュアイペディアより)

  • 開眼目

    開眼目から見たイカイカ

    開眼目 () はイカの分類群の一つ。開眼亜目 () とされることもある。開眼目 フレッシュアイペディアより)

  • セピア調

    セピア調から見たイカイカ

    セピア調(せぴあちょう)とは、茶褐色もしくは暗褐色のモノトーン(→モノクローム)の色調のこと。語源は、イカ墨から作られた暗褐色の絵具であるセピア(sepia、ギリシア語で甲イカ)から。セピア調 フレッシュアイペディアより)

  • サメハダホウズキイカ科

    サメハダホウズキイカ科から見たイカイカ

    サメハダホウズキイカ科 () はイカの科の一つ。約60種を含む。全世界の海洋の表層から中層に生息する。大きさは外套長10cm程度の小型種から、3mに達するダイオウホウズキイカまで様々である。サメハダホウズキイカ科 フレッシュアイペディアより)

  • ミミズハゼ

    ミミズハゼから見たイカイカ

    干潮時に石をひっくり返すとよく見つかり、川遊びや磯遊びの中で目にする機会が多い。ただし動きは素早く、すぐに近くの石の下へ逃げこむ。手で捕えてもわずかな隙間を突いて逃げようとする。泳ぎが素早いので水中では発見や捕獲が難しい。ただし飼育は容易で、汽水であれば塩分濃度には特にこだわりなく飼える。また、釣り餌や食用にも利用される。このような利用に際し、地方によっては転石海岸の波打ち際で、石の隙間に生のイカの足をさし入れ、食いついてくるミミズハゼを釣り上げる方法で、釣り針も使わずに容易に捕らえている。ミミズハゼ フレッシュアイペディアより)

783件中 101 - 110件表示

「イカ」のニューストピックワード