644件中 11 - 20件表示
  • ヴァイア艦

    ヴァイア艦から見たイカイカ

    ゲドゥルト内に存在する、巨大なイカの様な姿のシリコン生命体ヴァイアをベースとして建造された、全6隻からなる大型可潜艦。重力制御能力を持つヴァイアをベースにしているため、ヴァイア艦も強力な重力制御能力を持つ。本来は戦闘艦ではなく、第二のゲドゥルト・フェノメーンが発生する前に、人類を太陽系外に脱出させるために建造された艦である。しかし、重力制御能力は兵器転用が可能である。ヴァイア艦 フレッシュアイペディアより)

  • 遠洋漁業

    遠洋漁業から見たイカイカ

    現代の遠洋漁業は、大きな資本と人数をかけており、1ヶ月から1年半にも及ぶ日数や人件費などの採算に合うマグロとカツオを主な対象魚種としているが、イカを対象とする船団もある。近年は、漁場まで船だけ先に行かせ、操業を行う船員は飛行機で向かわせることで拘束時間を減らし、人件費削減をする例も見られる。遠洋漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 頭足類

    頭足類から見たイカイカ

    頭足類(とうそくるい、)は、軟体動物門 頭足綱に属する動物の総称。イカ、タコ、オウムガイ、コウモリダコや絶滅したアンモナイト等が含まれる。体は胴・頭・足に分かれていて、足も多数に分かれている。触角はないが、軟体動物の中でも特に目や神経系、筋肉が発達していて、運動能力にすぐれる。頭足類 フレッシュアイペディアより)

  • オウムガイ

    オウムガイから見たイカイカ

    眼は短い柄の先に付いて、外側が平らになった独特の形を持つものであるが、これはピンホールカメラ方式である。すなわち、タコやイカのカメラ眼とは異なり、レンズの構造がないため、視力はよくない。水の中に落ちた化学物質には素早い動きを見せる。オウムガイ フレッシュアイペディアより)

  • ダルマザメ

    ダルマザメから見たイカイカ

    イカなどを常食とするが、自分よりはるかに大きい動物をも攻撃し、生きたまま体表の一部の肉を削り取って食べるという特異な生態を持つ。すなわち獲物の体表に噛み付き、体を回転させることで肉塊を食いちぎると、まるでディッシャーで掬い取ったようにきれいな半球形に窪んだ傷跡ができる。これを可能にしているのは、ダルマザメの口の強い吸引力と下顎の鋭いのこぎりのような形状の歯列である。ダルマザメ フレッシュアイペディアより)

  • ツマジロ

    ツマジロから見たイカイカ

    ツマジロ Carcharhinus albimarginatus (爪白・端白・妻白、英: Silvertip shark)は、メジロザメ目メジロザメ科に属するサメ。熱帯の海のサンゴ礁などに生息する。全長3 m。全ての鰭の後縁に白いマーキングがあることが特徴。サメやエイを含む魚やイカ、タコなどを食べる。胎生で、胎盤をつくり子どもを産む。人を襲うことはほとんどないが、危険である。ツマジロ フレッシュアイペディアより)

  • カラスエイ

    カラスエイから見たイカイカ

    餌は遊泳性の無脊椎動物や小魚。活発な捕食者で、胸鰭で獲物を包み込む。産卵期のイカのような季節性の餌も利用する。無胎盤性胎生で妊娠期間は短く、年間2回・4-13匹の仔魚を生む。出産は赤道付近で、時期は場所によって異なる。漁業者を除いて遭遇することは少ないが、尾の棘は危険である。経済価値はあまりなく、混獲されても捨てられる。捕食者の減少により個体数は増えている。 多産な汎存種のため、IUCNは保全状況を軽度懸念としている。カラスエイ フレッシュアイペディアより)

  • 青森県

    青森県から見たイカイカ

    青森県は全国有数の農業産出県であり、食料自給率はカロリーベースで 118% である。主要な出荷品目はリンゴ、ナガイモ、ニンニクが全国一の生産量である。漁業においても全国有数の水揚高を誇る八戸港があり、サバ、イカが国内一の水揚げがあり、全国に出荷されている。青森県 フレッシュアイペディアより)

  • イカ焼き

    イカ焼きから見たイカイカ

    イカ焼き(いかやき、いか焼き、烏賊焼とも書く)は、イカを用いた日本の軽食である。この「イカ焼き」と呼ばれる食べ物は、イカを丸ごと使用して甘しょっぱい醤油味をつけて焼いた「焼きイカ」・「イカの姿焼き」・「イカの丸焼き」とも呼ばれる料理と、大阪で生まれたとされるイカの切り身を入れたクレープ状の料理(以下「大阪のイカ焼き」)の2種類が存在する。2種類ともイカを材料とするが、大阪のイカ焼きは小麦粉を主体とする粉食の料理である。イカ焼き フレッシュアイペディアより)

  • オナガドチザメ

    オナガドチザメから見たイカイカ

    オナガドチザメ(Eridacnis radcliffei)はメジロザメ目タイワンザメ科に属するサメの一種。インド太平洋西部、深度71-766mの大陸棚縁の泥底に生息。最小のサメの一つで最大24cm。細長い体と尾鰭を持ち体色は暗褐色。餌は魚類・甲殻類・イカ。卵胎生で産仔数1-2。IUCNは軽度懸念としている。オナガドチザメ フレッシュアイペディアより)

644件中 11 - 20件表示

「イカ」のニューストピックワード