783件中 11 - 20件表示
  • 対馬

    対馬から見たイカイカ

    昭和20年代から30年代にかけては、対馬がもっとも賑わった時代であった。西日本屈指の漁場をかかえる対馬近海にはサバ漁やイカ漁などのため遠方からも多くの漁船がおとずれ、各漁港や厳原の町も賑わった。さらに、山林にのこされた豊富な木材は製紙会社によってパルプ材として大量に買い上げられたため、林業収入も多かった。人口も6万5,000人を越えていた。対馬 フレッシュアイペディアより)

  • オナガドチザメ

    オナガドチザメから見たイカイカ

    オナガドチザメ(Eridacnis radcliffei)はメジロザメ目タイワンザメ科に属するサメの一種。インド太平洋西部、深度71-766mの大陸棚縁の泥底に生息。最小のサメの一つで最大24cm。細長い体と尾鰭を持ち体色は暗褐色。餌は魚類・甲殻類・イカ。卵胎生で産仔数1-2。IUCNは軽度懸念としている。オナガドチザメ フレッシュアイペディアより)

  • イカそうめん

    イカそうめんから見たイカイカ

    イカそうめん(同義異字:烏賊素麺、いかソーメン、等々)は、生のイカを麺状に細く切り、醤油やつゆ(めんつゆ)を付けて「文字通りそうめんのように」啜って食べる日本料理。北海道、特にイカの水揚げで知られる函館の名産として紹介される。イカそうめん フレッシュアイペディアより)

  • のしいか

    のしいかから見たイカイカ

    のしいか(伸し烏賊、熨斗烏賊)とはイカを乾燥させた食べ物。酒のつまみとして出される事も多い。のしいか フレッシュアイペディアより)

  • カラスエイ

    カラスエイから見たイカイカ

    餌は遊泳性の無脊椎動物や小魚。活発な捕食者で、胸鰭で獲物を包み込む。産卵期のイカのような季節性の餌も利用する。無胎盤性胎生で妊娠期間は短く、年間2回・4-13匹の仔魚を生む。出産は赤道付近で、時期は場所によって異なる。漁業者を除いて遭遇することは少ないが、尾の棘は危険である。経済価値はあまりなく、混獲されても捨てられる。捕食者の減少により個体数は増えている。 多産な汎存種のため、IUCNは保全状況を軽度懸念としている。カラスエイ フレッシュアイペディアより)

  • オオメコビトザメ

    オオメコビトザメから見たイカイカ

    通常栄養豊かな大陸棚の海に生息し、小型の硬骨魚やイカを捕食する。日中は水深500mほどに位置し、夜間は餌を求めて水深200mほどの浅海に移動する(これは深海魚に広く見られる行動で、と呼ばれる)。繁殖形態は卵胎生で、メスは4匹の稚魚を一度に出産する。経済的価値はない。IUCNは保全状態について、漁業による脅威は小さく、広い分布域を維持しているとして軽度懸念と評価している。オオメコビトザメ フレッシュアイペディアより)

  • リュウキュウカラスザメ

    リュウキュウカラスザメから見たイカイカ

    リュウキュウカラスザメ はカラスザメ科に属するサメの一種。全世界の深度110-1000mの海底か中深層に生息する。カラスザメと種群を形成し、細長い体、大きな頭部、乱雑に並んだ皮歯という共通点がある。67cmに達し、発光器を持つ。卵胎生で餌は小さなイカ・魚・魚卵。IUCNは保全状況を軽度懸念としている。リュウキュウカラスザメ フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニアカスザメ

    カリフォルニアカスザメから見たイカイカ

    待ち伏せ型捕食者で、海底に隠れ硬骨魚やイカを捕食する。捕食は視覚に頼って行われる。夜間には待ち伏せに適した場所を求めて定期的に移動を行う。胎生で、春に6匹程度の仔魚を産む。カリフォルニアカスザメ フレッシュアイペディアより)

  • オニヒラアジ

    オニヒラアジから見たイカイカ

    オニヒラアジ(学名:Caranx papuensis)はアジ科に分類される大型の海水魚である。インド洋、西太平洋の熱帯域に広く分布し、分布域は西は南アフリカ、東はマルキーズ諸島、南はオーストラリア、北は日本まで広がっている。体色によって他種と区別することができ、側線の上下に小さな黒い斑点が散らばっているほか、尾鰭の下部が細く白色で縁取られる。記録されている最大の体長は全長で88cm、最大体重は6.4kgである。沿岸部や沖合の岩礁、サンゴ礁そしてラグーンや湾などでみられ、若魚はエスチュアリーでもみられる。単独あるいは小さな群れで行動する。肉食魚であり、小魚や時としてイカや甲殻類を捕食する。繁殖形態については不明である。漁業においてはあまり重要な種ではないが、様々な漁法により捕獲されることがある。釣りの対象魚であり、また食用としても美味とされる。オニヒラアジ フレッシュアイペディアより)

  • カラスザメ

    カラスザメから見たイカイカ

    カラスザメ はカラスザメ科に属するサメの一種。太平洋・大西洋に広く分布する。深度0-1000mで日周鉛直移動を行う。リュウキュウカラスザメと種群を構成する。体は細長く暗褐色、体側に黒い模様がある。50cmに達する。卵胎生で成長は遅い。餌は小さなイカ・魚・魚卵。IUCNは保全状況を軽度懸念としている。カラスザメ フレッシュアイペディアより)

783件中 11 - 20件表示

「イカ」のニューストピックワード