644件中 21 - 30件表示
  • カラスザメ

    カラスザメから見たイカイカ

    カラスザメ(Etmopterus pusillus)はツノザメ目カラスザメ科に属するサメの一種。太平洋・大西洋に広く分布する。深度0-1000mで日周鉛直移動を行う。リュウキュウカラスザメ(E. bigelowi)と種群を構成する。体は細長く暗褐色、体側に黒い模様がある。50cmに達する。卵胎生で成長は遅い。餌は小さなイカ・魚・魚卵。IUCNは保全状況を「軽度懸念」としている。カラスザメ フレッシュアイペディアより)

  • リュウキュウカラスザメ

    リュウキュウカラスザメから見たイカイカ

    リュウキュウカラスザメ(Etmopterus bigelowi)はツノザメ目カラスザメ科に属するサメの一種。全世界の深度110-1000mの海底か中深層に生息する。カラスザメと種群を形成し、細長い体、大きな頭部、乱雑に並んだ皮歯という共通点がある。67cmに達し、発光器を持つ。卵胎生で餌は小さなイカ・魚・魚卵。IUCNは軽度懸念としている。リュウキュウカラスザメ フレッシュアイペディアより)

  • アンパンマン

    アンパンマンから見たイカイカ

    バイキンUFOから変形した、イカ型の潜水メカ。ばいきんまんを模した顔が付いている。10本の足のはさみと墨が武器。アンパンマン フレッシュアイペディアより)

  • 交尾

    交尾から見たイカイカ

    交尾(こうび、英:mating)、交接(こうせつ)とは、体内受精をする動物の生殖行動において、異個体間で配偶子をやり取りするために互いの体の一部をつなぎ合わせる行為のこと。生殖器を直接つなぎ合わせる生殖行為を交尾といい、それ以外の方法によるものを交接という(例:イカの腕を使った交接)。現在、化石で確認されている最古の交尾用生殖器はザトウムシのもの。交尾 フレッシュアイペディアより)

  • 京都水族館

    京都水族館から見たイカイカ

    頭足類(イカ、タコ、オウムガイ)やクラゲに代表される無脊椎動物をテーマにした水槽。甲殻類(エビやカニ)も飼育展示している。タコの種類はミズダコなど。クラゲの種類は主としてミズクラゲ。京都水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 天ぷら

    天ぷらから見たイカイカ

    タネの名に「天」を付し「海老天」、「ナス天」等と呼ばれることもある。また、芝海老や小柱などの細かく切り刻んだ、あるいは元から細かい野菜類や魚介類を衣と混ぜ合わせて揚げたものは「かき揚げ」と呼ばれる。さらに、青海苔を混ぜた衣を使ったものや、板海苔をタネに巻いたもの、あるいは板海苔に衣を付けて揚げたもの(衣は主に片面だけに付けられる)は「磯辺揚げ」(いそべあげ)と呼ばれる。タネとしてはアナゴ、キス、海老、イカなどの魚介類、茄子、かぼちゃ等が代表的であるが、これらに限定されず種々の魚介類や野菜がタネにされる。四季折々の食材が用いられることも多い。ただし、例外はあるものの、肉類は基本的にタネとはならない。肉を油で揚げた料理としてはカツがある。天ぷら フレッシュアイペディアより)

  • 目

    から見たイカイカ

    窩状眼では網膜へ光線を絞って投影できるが、光の入射口が狭く多くの光を無駄にすることになる。光を屈折させる専用のレンズである水晶体を備え、前面にはそれを保護する角膜を持ったものが「水晶体眼」である。無脊椎動物としてはホラガイのような貝類から水晶体眼を持つようになり、脊椎動物の眼も水晶体眼である。イカやタコといった頭足類の眼は無脊椎動物の中でも特に発達した水晶体眼であり、脊椎動物の眼と形態がかなり似るまでに進化を遂げているが、発生過程では眼の組織が表皮から生じるため、眼胞と呼ばれる眼の組織が表皮細胞から分化して生じてその前壁部分が厚みを帯びて水晶体後半となり、表皮細胞から再びせり出して眼胞を覆った部分の中央が外側に向かって膨らみ水晶体前半となる。頭足類ではこれら2つが融合して水晶体となる。ただし他の大多数の無脊椎動物の眼と同様に「背向性眼」(=反転眼)ではない。発生においては無脊椎動物の眼はすべてが表皮由来であるが、脊椎動物の外側眼は網膜組織と色素上皮層の2層構造などが脳由来であり角膜の外層と水晶体が表皮由来である。脊椎動物の頭頂眼は脳由来の網膜だけの1層構造である。また脊椎動物の外側眼は背向性眼(反転眼)であり、視神経乳頭による盲点があるが、頭頂眼は反転眼ではない。 フレッシュアイペディアより)

  • 新島

    新島から見たイカイカ

    漁業島の近辺には黒潮が流れているため、サバ、アカイカ、イセエビ、トビウオ、カンパチ、マダイ、ヒラマサなど様々な魚が釣れるほか、シュモクザメなども存在している。アオムロやサメなどの魚を干物にしたくさやが有名であり、魚の加工品が多く売られる他、島の民宿では釣れたての魚の刺身なども提供される。新島 フレッシュアイペディアより)

  • 壱岐市

    壱岐市から見たイカイカ

    夏場は近海でのイカ漁が行われる、特に剣先イカ漁が盛んで剣先イカの中でも特に大きく品質が良い物を選別し、壱岐剣としてブランド化が行われている。冬場はブリやマグロ漁が盛んであり、特にマグロは大間と並ぶ産地として知られる。半城湾などの一部の湾では真珠養殖なども行われている。壱岐市 フレッシュアイペディアより)

  • アンモナイト

    アンモナイトから見たイカイカ

    アンモナイトは軟体動物なので、柔らかな軟体部分(本体部)が極めて残りにくい。しかし同年代に生息していた同じ頭足類のタコ、ベレムナイトについてはかなり稀であるものの軟体部が保存された化石が見つかっており、アンモナイト研究者の焦燥を煽っているのが現実である。タコ、イカ、ベレムナイトに比べてアンモナイトの軟体部が保存されていることが極めて稀なのは筋肉組織がイカやタコに比べて軟弱であったのではないかという説がある(三笠市立博物館の解説より)。軟体部分の痕跡を留めた化石の発見例は存在するがごくわずかしかなく、それも大半が断片的にしか痕跡を残していないため、研究資料として十分な量には達しておらず、軟体部分がどのような構造であったかについては未だ解明されていない。現生のイカやタコのように吸盤のある触手が複数あったであろうことは痕跡化石から推測されているが、触手の本数はまだよくわかっていない。化石はほぼ全てが殻であって、おびただしい数の化石標本が確保され、主要な産地であればたやすく見つけられるため、軟体部分の復元は(貝殻部分も含めて)現生の頭足類との比較による推定でしか行う事ができない。アンモナイト フレッシュアイペディアより)

644件中 21 - 30件表示

「イカ」のニューストピックワード