644件中 41 - 50件表示
  • 青島 (京都府)

    青島 (京都府)から見たイカイカ

    対象魚は、チヌやグレ、フグといった磯ものの定番のほか、ブリやシマアジなどの回遊もあり、タイやイカも期待できる。大自然の中で釣りを通じて癒される場所である。青島 (京都府) フレッシュアイペディアより)

  • ハイディンガーのブラシ

    ハイディンガーのブラシから見たイカイカ

    横波である光は、電場・磁場がある方向に振動している。 太陽光のような一般的光はこの振動方向がさまざまに入り混じったものだが、青空や反射光はある特定の方向へと振動が偏った偏光した光である。 一部の渡り鳥や昆虫の眼はこの偏光した光の振動方向を感じとる力があり、太陽が直接見えなくても青空の偏光によって方角を知る手掛かりとしている。 また、タコやイカの眼にも偏光を感知する力があることが知られている。 ヒトには通常こうした偏光を感じとる力がないと思われがちだが、実はヒトの眼も光の偏光がわかる。ハイディンガーのブラシ フレッシュアイペディアより)

  • ヒダリマキマイマイ

    ヒダリマキマイマイから見たイカイカ

    半樹上性で湿った場所を好み、森林や草原など比較的幅広い環境に生息するが、市街地や水田などでは少ない。また近年では宅地造成などの開発によって減少している。生態は不明な点も多いが、枯葉やキノコなどを餌とする。コンクリートなどの人工物についた藻類を食べて、これらに食痕を残すこともある。飼育下ではサツマイモやイカの甲など様々なものを食べる。ヒダリマキマイマイ フレッシュアイペディアより)

  • マゴチ

    マゴチから見たイカイカ

    食性は肉食性で、クルマエビ類やテッポウエビ類、小型のタコやイカ、ハゼやキスなど、気づかずに接近する小動物を大きな口で捕食する。キス釣りなどで釣り上げた小魚に喰いつき、釣りあがることもある。マゴチ フレッシュアイペディアより)

  • イソスジエビ

    イソスジエビから見たイカイカ

    食性はほぼ肉食性で、貝類や多毛類などの小動物を捕食し、動物の死骸にもよく集まる。このため生息域で手足を水中に漬けてじっとしておくと、スジエビ類が集まってきて鋏脚で肌をついばむのが観察できる。一方、天敵はフグ、カサゴなどの底生肉食魚、イカ、タコ、イソギンチャクなどがいる。イソスジエビ フレッシュアイペディアより)

  • 備後灘

    備後灘から見たイカイカ

    備後灘(びんごなだ)は、瀬戸内海中央部の海域。東は備讃瀬戸、南は燧灘、西は芸予諸島東部の弓削島、因島に囲まれている。海底は平坦であり、タイ、サワラ、タコ、イカなどの漁が盛ん。古くから瀬戸内航路として役割を持って村上水軍が根拠地とした。尾道、因島には大規模な港が作られて古くから造船業が栄えた。一方、福山市沿岸は埋め立てが進み、JFEスチール(旧NKK)をはじめとする工場が集積する。備後灘 フレッシュアイペディアより)

  • ファントム!

    ファントム!から見たイカイカ

    第16怪登場。超大河に住んでいるイカ型ファントム。体全体が刃物になっていて、何でも切り裂く。ひっぱりだこと仲が悪く、その結果自滅してしまう。野球は巨人。ファントム! フレッシュアイペディアより)

  • いか踊り

    いか踊りから見たイカイカ

    いか踊り(いかおどり)とは、北海道函館市の名産イカをテーマとした踊り。いか踊り フレッシュアイペディアより)

  • イカ徳利

    イカ徳利から見たイカイカ

    イカ徳利(イカとっくり)は、イカの胴を徳利状に成形乾燥した日本の伝統的な水産加工品である。イカ徳利 フレッシュアイペディアより)

  • 中腸腺

    中腸腺から見たイカイカ

    日常の食生活で認識されるものとしては、カニのいわゆる蟹味噌、イカの塩辛を作るときに用いられるいわゆるワタの部分(ゴロ)などがこれに相当する。中腸腺 フレッシュアイペディアより)

644件中 41 - 50件表示

「イカ」のニューストピックワード