644件中 51 - 60件表示
  • ジャンパー (グラディウス)

    ジャンパー (グラディウス)から見たイカイカ

    ステージ4に登場。イカのような細長いデザインで、機体は灰色である。ジャンパー (グラディウス) フレッシュアイペディアより)

  • ゲソ丼

    ゲソ丼から見たイカイカ

    ゲソ丼(ゲソどん)は、北海道旭川市周辺で食べられている、ゲソ(イカの足)の揚げ物をのせた丼物である。ゲソ丼 フレッシュアイペディアより)

  • 天草灘

    天草灘から見たイカイカ

    五島西方沖を北上する対馬海流の分流が流れこみ、沿岸の気候は温暖である。沿岸漁業が盛んに行われ、イワシ類・サバ・マダイ・シイラ・イセエビ・タコ・イカ類などが漁獲される。なお、梅雨から夏にかけては塩分の低い沿岸水が表層に溜まり「二重潮」が発生することがある。二重潮では漁網が浮き上がる・ねじれるなどの現象が起こる。天草灘 フレッシュアイペディアより)

  • 内骨格

    内骨格から見たイカイカ

    内骨格(ないこっかく)は骨格構造の一つ。外骨格の対義語として使われ、骨格を体内にもつ構造をさす。典型的な内骨格は、支持や運動性の面で外骨格より優れているので、主に大型動物がこの構造をとる。また、イカなど、平滑筋が運動器官を構成するものも、体を作る基礎として内骨格を持つ場合もある。内骨格 フレッシュアイペディアより)

  • 会津田島祇園祭

    会津田島祇園祭から見たイカイカ

    お党屋が神の来臨を請うために、神酒・赤飯・鯖を神前に奉献する神聖な行列であるが、「日本一の花嫁行列」とも称される。お党屋で調製された供物を7つの器で神前に運ぶために「七行器」と呼ばれ、その内訳は、神酒を角樽3つ、赤飯を脚のついている独特の行器3つ、鯖7本を載せた魚台1つの7つである。近世以降は熊野神社の分である角樽、行器、魚台それぞれ1つが行列に加わっている。行器を捧持するのは両親が揃っていることが絶対条件で、角樽と魚台は裃着用・草鞋履きの成年男子、行器は盛装の成年女子が持つ。女子は未婚者は高島田、既婚者は丸髷を結うが、なるべく未婚者を選ぶ場合が多い。行器は、高めに捧げ持ち、自分の息がかからぬように気を配らなければならない。その為、道中において代わりの者と交代する。行列には、党屋組の親戚縁者の人々も盛装して加わり、毎年100名前後の行列となり、晴れの行列は絢爛として観る人々を魅了する。行列は神社拝殿に達すると一同昇殿し行器を仮台に配置し、神官が1つずつ外陣へ運び、器に取り分けて本殿に供える。この間、荘重な雅楽が楽人達により奏される。やがて宮司が祝詞奏上後、神餞物をおろし、拝殿で直会を行う。神酒を汲み、切りイカを添えた赤飯が護符として各人へ分けられる。直会終了をもって終了となる。会津田島祇園祭 フレッシュアイペディアより)

  • 海の駅蜃気楼

    海の駅蜃気楼から見たイカイカ

    浜焼きの基本的な具材となる浜焼きセット(1800円)には、席代や炭代も含まれているため、利用する際は必ず浜焼きセットを購入しなければならない(具材は甘エビ、イカ、はまぐり、きす、ハタハタなど)。また、他の具材(ホタテ、マグロ(串、かま、かしらの他、あご、ほほ肉など珍しい具材もある)、アジ、焼きおにぎりなど)も、任意で購入することが可能である(持ち帰ることも可能である)。海の駅蜃気楼 フレッシュアイペディアより)

  • 海賊焼

    海賊焼から見たイカイカ

    西伊豆町の製麺業者がイカ墨を練り込んだ黒い麺に地元産のイカや野菜を入れて炒めた焼きそばを「海賊焼」として売り出したのが始まり。その後、町と商工会がこの「海賊焼」をご当地グルメとして売り出し、町内6店舗で販売を開始した。海賊焼 フレッシュアイペディアより)

  • 沖漬け

    沖漬けから見たイカイカ

    沖漬け(おきづけ)とは、イカやアジやキスなどを醤油に漬け込んだ料理。イカを漬け込んだものは「イカの沖漬け」と呼ぶ。沖漬け フレッシュアイペディアより)

  • 境漁港

    境漁港から見たイカイカ

    イカ類 - 2002年陸揚量全国第4位境漁港 フレッシュアイペディアより)

  • チヒロザメ

    チヒロザメから見たイカイカ

    硬骨魚類を主食とし、他にカラスザメ科のサメやイカ、タコを捕食する。チヒロザメ フレッシュアイペディアより)

644件中 51 - 60件表示

「イカ」のニューストピックワード