783件中 51 - 60件表示
  • この素晴らしい世界に祝福を!

    この素晴らしい世界に祝福を!から見たイカイカ

    海に棲む巨大イカのモンスター。クラーケンとは区別される。この素晴らしい世界に祝福を! フレッシュアイペディアより)

  • 新島

    新島から見たイカイカ

    島の近辺には黒潮が流れており、サバ、アカイカ、イセエビ、トビウオ、カンパチ、マダイ、ヒラマサなど様々な魚が釣れるほか、シュモクザメなども存在している。アオムロやサメなどの魚を干物にしたくさやが有名であり、魚の加工品が多く売られる他、島の民宿では釣れたての魚の刺身なども提供される。新島 フレッシュアイペディアより)

  • 魚醤

    魚醤から見たイカイカ

    古くから「いしる」の味を活かした家庭料理として「いしる鍋」があるほか、貝焼きと呼ばれる郷土料理がある。これは、イカ、エビ、ホタテガイ、きのこ、だいこん、なすなどをホタテガイの貝殻に入れ、煮汁に「いしる」を加えて網焼きにしたもの。また、海産物系の炒め物や鍋物などへの隠し味として使用されることもある。魚醤 フレッシュアイペディアより)

  • 海賊焼

    海賊焼から見たイカイカ

    西伊豆町の製麺業者がイカ墨を練り込んだ黒い麺に地元産のイカや野菜を入れて炒めた焼きそばを「海賊焼」として売り出したのが始まり。その後、町と商工会がこの「海賊焼」をご当地グルメとして売り出し、町内6店舗で販売を開始した。海賊焼 フレッシュアイペディアより)

  • ガス糸

    ガス糸から見たイカイカ

    ガス糸は、ガス火や電熱の中に糸を通過させて毛羽を焼いた糸のことで、細かい毛羽が焼かれているため、少々の光沢があり、手触りが良い。名前の由来は、ガスの炎に通すことから付いたもので、ガス糸の原料は主に綿糸(綿縫糸)を使用する。またガス糸は、裁縫・織物以外にもイカ釣りに使用されることがある。ガス糸 フレッシュアイペディアより)

  • ラプラタカワイルカ

    ラプラタカワイルカから見たイカイカ

    海底に棲息する生物を主食とする。腸内容物の調査から、タコ、イカ、エビなどを含む、少なくとも24種類の異なる種を食べることがわかっている。何を食べるのかは生息域によって異なり、その海域に多く棲息するものを餌としている。ラプラタカワイルカ フレッシュアイペディアより)

  • ワタリアホウドリ

    ワタリアホウドリから見たイカイカ

    魚やイカを捕食するが、近年はマグロ延縄などにかかって溺死する個体が多いという。ワタリアホウドリ フレッシュアイペディアより)

  • セグロアジサシ

    セグロアジサシから見たイカイカ

    翼と尾羽は細長くとがるスマートな外見どおり、飛翔能力にすぐれている。非繁殖期は外洋で過ごすが、ほとんどの時間を空中で過ごし、飛びながら眠ることもあるという。幼鳥は巣立ってから繁殖できるようになるまでの約3年間をほとんど空中で過ごすという。水面に降りることやダイビングすることも少なく、水面近くを飛びながら魚やイカをくちばしで拾いあげるように捕食する。セグロアジサシ フレッシュアイペディアより)

  • 触手

    触手から見たイカイカ

    軟体動物において、頭足類のタコやイカの腕と言われるものは、触手の代表的な例である。ただし、学術書でも、触手と呼ばず、腕と呼ぶ場合もある。口の周辺に円形に八本の触手が並ぶ。それぞれの裏面には吸盤や鉤が備わり、獲物を保持するのに適している。イカには、他に二本の触手様の器官があり、さらに長く伸ばすことができる。これは普通、触手と言わず、触腕(しょくわん)という。なお、オウムガイでは触手は数十本ある。触手 フレッシュアイペディアより)

  • セミイルカ属

    セミイルカ属から見たイカイカ

    回遊するかどうかは、はっきりとはわかっていない。しかし、冬から春の間は餌となるイカを追ってカリフォルニア州の海岸近くで見られるが、夏の間は目撃されることはないなど、回遊している可能性も指摘されている。あるいは、セミイルカは遠洋性のイルカであるともいわれる。セミイルカ属 フレッシュアイペディアより)

783件中 51 - 60件表示

「イカ」のニューストピックワード