644件中 71 - 80件表示
  • 漏斗 (頭足類)

    漏斗 (頭足類)から見たイカイカ

    漏斗(ろうと、hyponome)は、イカ、タコなどの頭足類において、移動のために用いられる器官。筋肉のじょうご、あるいは水を出す鞴のようなものである。漏斗は拡張し、それから縮み、水を噴射させる。このジェット水流によって、頭足類は、任意の後方に進むことができる。漏斗 (頭足類) フレッシュアイペディアより)

  • 食品表示

    食品表示から見たイカイカ

    アレルゲン - 食品衛生法により、食物アレルギー症例数の多い卵・乳・小麦・エビ・カニ、症状が重篤なソバ・ラッカセイを「特定原材料」とし、表示が義務付けられている。「特定原材料に準ずるもの」としてアワビ・イカ・イクラ・オレンジ・キウイフルーツ・牛肉・クルミ・鮭・サバ・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・マツタケ・モモ・ヤマイモ・リンゴの表示が推奨されている。食品表示 フレッシュアイペディアより)

  • コシマガリモエビ

    コシマガリモエビから見たイカイカ

    緑や茶色の体色と細長い体で海草に紛れこみ、沿岸性の魚類やイカなどの天敵から身を守る。同様に海草に擬態するエビは日本近海だけでも多数知られており、同じモエビ科(後述)の他にタラバエビ科のホッカイエビ Pandalus latirostris、ミツクリエビ Pandalopsis pacifica 等がいる。コシマガリモエビ フレッシュアイペディアより)

  • ガス糸

    ガス糸から見たイカイカ

    ガス糸は、ガス火や電熱の中に糸を通過させて毛羽を焼いた糸のことで、細かい毛羽が焼かれているため、少々の光沢があり、手触りが良い。名前の由来は、ガスの炎に通すことから付いたもので、ガス糸の原料は主に綿糸(綿縫糸)を使用する。またガス糸は、裁縫・織物以外にもイカ釣りに使用されることがある。ガス糸 フレッシュアイペディアより)

  • 紫雲丸事故

    紫雲丸事故から見たイカイカ

    なお、この事故ではひとりの漁師の漕ぐ小さい漁船が多くの子供達の命を救った事が注目を集めた。事故当日、地元の漁師である島谷国太郎は濃い霧の中を高松港の沖に出てイカ漁をしていた。そして紫雲丸がこの小舟の横を通りすぎ、霧の中に見えなくなった直後に大きな衝突音が聞こえ、急いでその方角へ漁船(1.5tの手漕ぎ舟)を走らせたと言う。事故発生の5分後に到着現場、すぐさま救護活動を開始。助け上げた遭難者で小舟が一杯になると第三宇高丸に移して再び海中の遭難者を助けた。結局、高松港から応援の船が来るまでの間に50名近くの遭難者を助けあげたという。また、岡山県児島郡琴浦町の婦人会85名も救助活動に活躍し、その活動が評価されて文部省から表彰と金一封を受けた。紫雲丸事故 フレッシュアイペディアより)

  • いかす走り屋チーム天国

    いかす走り屋チーム天国から見たイカイカ

    イカ - 文字通りイカのイラスト。入り口からクリッピングポイントまで、またはクリッピングポイントから出口までなんとかドリフトができるレベル。現在の50点以上に相当。いかす走り屋チーム天国 フレッシュアイペディアより)

  • 発光バクテリア

    発光バクテリアから見たイカイカ

    発光バクテリア(はっこうバクテリア、英語:luminescent bacteria)とは、生物発光を行うバクテリアのこと。そのほとんどが海産であり、身近なところでは、魚屋にあるイカの体表面に生息しているのがよく観察される。発光バクテリア フレッシュアイペディアより)

  • ハダカイワシ

    ハダカイワシから見たイカイカ

    イワシ類などと同様に、外洋の食物連鎖の中では比較的下位に位置し、プランクトンの持つ栄養をより高次の消費者へと渡す役割を果たす。資源量は非常に大きく、マグロ・カジキ・サメなどの大型魚類やイカ類、ペンギンなどの鳥類、クジラなど海棲哺乳類の重要な餌となっている。また、表層近くで作り出されたエネルギーを日周鉛直移動によって深海へと運ぶ役割も果たしていると言われる。ハダカイワシ フレッシュアイペディアより)

  • 松館しぼり大根

    松館しぼり大根から見たイカイカ

    海の幸のタレとして、イカ刺しのほか、ホタテやカキなどの刺身に、醤油で味付けしたしぼり汁をタレとして食べる。松館しぼり大根 フレッシュアイペディアより)

  • 膜電位

    膜電位から見たイカイカ

    膜電位を電気的に測定するためには、細胞内外にそれぞれ一本ずつ電極をおくことが必要となる。細胞外は良いとして、細胞内に電極を刺すことはなかなか困難である。これを最初に可能にし、膜電位を測定したのがイギリスの神経科学者、アラン・ホジキンとアンドリュー・ハクスレーということになっている(後述)。彼らはイカの巨大軸索を用いて、膜電位とその変化を観察した功績から、1963年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。イカの巨大軸索は直径1mm近くあるので、内部に金属製のワイヤを差し込むことが比較的容易だったためである。膜電位 フレッシュアイペディアより)

644件中 71 - 80件表示

「イカ」のニューストピックワード