783件中 71 - 80件表示
  • イチョウハクジラ

    イチョウハクジラから見たイカイカ

    主にイカなどの頭足類や魚類を食べる。イチョウハクジラ フレッシュアイペディアより)

  • コブハクジラ

    コブハクジラから見たイカイカ

    おそらくイカなどの頭足類や魚類を食べる。コブハクジラ フレッシュアイペディアより)

  • アカボウクジラ科

    アカボウクジラ科から見たイカイカ

    判っている限りにおいては、海底あるいは海底近くで餌を捕獲する。主にイカ、魚類、甲殻類などを食べる。アカボウクジラ科 フレッシュアイペディアより)

  • あんぐら

    あんぐらから見たイカイカ

    触手好きになったのは、高校生の頃に友人たちと海へ行った時、友人たちはナンパされるのに、お子さま体形の未来はまったく相手にされず、1人で岩場へ行きイソギンチャクを見つけ、一緒に遊んだことがきっかけ。現在は触手をこよなく愛し、寝具も枕はイカ形、布団の柄はタコ、そして特製のイソギンチャク形のナイトキャップをかぶって寝る。また、他人の原稿を手伝うと、どこかに触手系のものを描こうとする。あんぐら フレッシュアイペディアより)

  • 内骨格

    内骨格から見たイカイカ

    内骨格(ないこっかく)は骨格構造の一つ。外骨格の対義語として使われ、骨格を体内にもつ構造をさす。典型的な内骨格は、支持や運動性の面で外骨格より優れているので、主に大型動物がこの構造をとる。また、イカなど、平滑筋が運動器官を構成するものも、体を作る基礎として内骨格を持つ場合もある。内骨格 フレッシュアイペディアより)

  • 墨袋

    墨袋から見たイカイカ

    墨袋(すみぶくろ)はタコやイカなどの頭足類の持つ墨の詰まった器官である。この袋は漏斗の基部に開口しており、そこから墨を噴き出して捕食者や獲物を混乱させ、その隙に捕らえたり逃走したりする。墨袋 フレッシュアイペディアより)

  • 漏斗 (頭足類)

    漏斗 (頭足類)から見たイカイカ

    漏斗(ろうと、hyponome)は、イカ、タコなどの頭足類において、移動のために用いられる器官。筋肉のじょうご、あるいは水を出す鞴のようなものである。漏斗は拡張し、それから縮み、水を噴射させる。このジェット水流によって、頭足類は、任意の後方に進むことができる。漏斗 (頭足類) フレッシュアイペディアより)

  • ゴジラマガジン

    ゴジラマガジンから見たイカイカ

    VOL8 - ゲゾラマガジン(近刊広告)メガロマガジン増刊号「脳髄を揺るがす驚異の特撮イカ雑誌」ゴジラマガジン フレッシュアイペディアより)

  • ヒラタウミガメ

    ヒラタウミガメから見たイカイカ

    胃の内容物の調査から、主にイカ、ナマコ、クラゲなどを食べると考えられている。しかし主に草食性で海草や海藻の類を食べるという文献1もある。ヒラタウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • Le;0 -灰とリヴァイアサン-

    Le;0 -灰とリヴァイアサン-から見たイカイカ

    日本諸島が出来た頃(つまり地軸転倒後)に日本近海へとやってきた大型生物の総称。基本的にタコやイカ、イソギンチャクなどの海生生物をそのまま巨大化したようなものが多いが、中にはヘッジホッグタイプのようなものも。Le;0 -灰とリヴァイアサン- フレッシュアイペディアより)

783件中 71 - 80件表示

「イカ」のニューストピックワード