111件中 101 - 110件表示
  • イカ

    イカから見た筋肉

    神経系や筋肉がよく発達していて、たいていの種類は夜に行動する。漏斗からの噴水と外套膜の収縮・ひれを使って前後に自在に泳ぐ。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た魚類

    10本の腕は筋肉質でしなやかに伸縮し、腕の内側にはキチン質の吸盤が並んでいる。吸盤にスパイクのような鋭いトゲが並ぶ種類もおり、これは獲物を逃さないための適応と考えられる。実際の腕は8本で、残りの腕2本は吸盤が先端に集中する「触腕(しょくわん)」とよばれる構造である。この触腕を伸縮させて魚類や甲殻類を捕食するが、釣りの時に触腕を欠いて逃げることや、テカギイカの仲間では成長に伴い触腕を欠くことから、必ずしも必要というわけではないようである。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た淡水

    全世界の浅い海から深海まで、あらゆる海に分布する。淡水域に生息する種類は確認されていない。体長は2cm程度から20mに達するものまで、種類によって差がある。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たエイコサペンタエン酸

    栄養的には、ビタミンE・タウリンが多い他、亜鉛・DHA・EPAも豊富である。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た長野県

    信州では、古くから保存食として用いられていた塩いか又は塩丸いか(茹でたイカの腹に、ゲソと共に粗塩を詰めたもの)が、現在でも食べられている。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た塩化アンモニウム

    イカは浮力を得るために、比重の重い液体を体液に含むことで、海水と同じ比重になる。特にダイオウイカなど一部の深海イカは、浮力を得るために、塩化アンモニウムを体内に保有している。特定のイカにある“えぐみ”はこのためである(特にダイオウイカなどは辛臭くて食えたものではないという報告もある)。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た北海道

    北海道函館市では市の魚としてイカを指定しており、イカを捩った名称の北海道初の乗車カード「イカすカード(函館市企業局交通部)」を発売している。また函館港まつりでは「いか踊り」が踊られる。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たヘモシアニン

    イカの血は銅タンパク質であるヘモシアニンを含むために青色である(ほとんどの脊椎動物血液中に含まれる鉄タンパク質のヘモグロビンは赤色)。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たドコサヘキサエン酸

    栄養的には、ビタミンE・タウリンが多い他、亜鉛・DHA・EPAも豊富である。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たタウリン

    栄養的には、ビタミンE・タウリンが多い他、亜鉛・DHA・EPAも豊富である。イカ フレッシュアイペディアより)

111件中 101 - 110件表示

「イカ」のニューストピックワード