119件中 11 - 20件表示
  • イカ

    イカから見た屋台

    画像:CodazziIkanoMaruyaki1.jpg|屋台のイカ焼きイカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た函館市

    北海道函館市では市の魚としてイカを指定しており、イカを捩った名称の北海道初の乗車カード「イカすカード(函館市企業局交通部)」を発売している。また函館港まつりでは「いか踊り」が踊られる。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た眼球

    体の大きさに対しての眼球の割合が大きいことから、行動の多くは視覚による情報に頼っていると思われる。イカやタコの眼球は外見上脊椎動物の眼球とよく似ているが、まったく異なる発生過程を経て生まれた器官であり、内部構造に明確な違いがある(眼の進化)。研究によると同じタンパク質とツールキット遺伝子によって並行に獲得された器官である。脊椎動物と違い視神経が網膜の背面側を通っており、視認の邪魔にならない。そのため視力に優れ、盲点が存在しない。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た

    関西や新潟県の一部などではを「イカ」と呼ぶ方言がある。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た細胞

    皮膚には色素細胞がたくさん並んでおり、精神状態や周囲の環境によって体色を自在に変化させる。調理に際して、両目の間にある神経系の基部を刺してしめると、ただちに体色が白濁する。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たカニ

    中腸腺はイカゴロと呼ばれ、イカ塩辛の特徴的な味を構成する。ルイベとして食べられることもある。加熱するとカニの中腸腺であるカニミソのような味となる。しかしイカ加工時の発生量に対して需要は少なく、廃棄物として処理されるものが多い。他の生物の中腸腺と同様にカドミウムの含有濃度が比較的高く、通常食する量では健康に影響はないが、廃棄物として大量に処理したり、飼料として家畜類の主食に用いる場合は問題となる。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た亜鉛

    栄養的には、ビタミンE・タウリンが多い他、亜鉛・DHA・EPAも豊富である。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たアホウドリ

    小魚、甲殻類を主食とする。天敵はカツオやマグロなどの大型魚類・カモメやアホウドリなどの鳥類・アザラシ・ハクジラ類のイルカやマッコウクジラなどの海生哺乳類である。敵から逃げるときは頭と胴の間から海水を吸い込み漏斗から一気に吹きだすことで高速移動する。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た大相撲

    イカを決める - 大相撲の隠語で、勝負事や賭け事に勝ったまま勝ち逃げすることを意味する。イカがスミを吐いて姿をくらますことに由来するシャレ言葉である。大相撲の世界には、このようなシャレ言葉が多く、「しかをきめる」などの隠語もある。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た

    食用になる種類が多く、軟骨とクチバシ以外ほぼ全身が使われる。刺身・焼き・揚げ・煮物・塩辛・干物など実に多彩である。の肴としても好まれる。イカ焼きは、お祭り・海の家の屋台の定番となっている他、イカそうめん・イカめしなどが収穫量の多い地域の特産品となっている。長野県では、古くから保存食として用いられていた塩いか(茹でたイカの腹に、ゲソと共に粗塩を詰めたもの)が、現在でも食べられていて学校給食でも供される。干したイカは出汁取り用として東アジア・東南アジア全域で好まれる。しかし、中にはダイオウイカのように食用には適さない種も存在する。イカ フレッシュアイペディアより)

119件中 11 - 20件表示

「イカ」のニューストピックワード