111件中 31 - 40件表示
  • イカ

    イカから見た漏斗 (頭足類)

    神経系や筋肉がよく発達していて、たいていの種類は夜に行動する。漏斗からの噴水と外套膜の収縮・ひれを使って前後に自在に泳ぐ。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たルイベ

    イカゴロ(内臓)のルイベイカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たイカの骨

    体内には貝殻を持つが、種によって組成や形状が大きく異なる。閉眼目・開眼目では有機質の薄膜で、軟甲と呼ばれる。コウイカ科では石灰質の船形で、イカの甲またはイカの骨と呼ばれる。トグロコウイカでは、オウムガイのように巻貝状で内部に規則正しく隔壁が存在し、細かくガスの詰まった部屋に分けられている。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たイカ焼き

    食用になる種類が多く、軟骨とクチバシ以外ほぼ全身が使われる。刺身・焼き・揚げ・煮物・塩辛・干物など実に多彩である。酒の肴としても好まれる。イカ焼きは、お祭り・海の家の屋台の定番となっている他、イカソーメン・イカめしなどが収穫量の多い地域の特産品となっている。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たトグロコウイカ

    ファイル:Spirula spirula.png|トグロコウイカ目(トグロコウイカイカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たタコ

    さらに体内の墨袋(墨汁嚢)から墨を吐き出して敵の目をくらませる。タコの墨は外敵の視界をさえぎることを目的とし、一気に広がるのに対し、イカの墨は一旦紡錘形にまとまってから大きく広がる。紡錘形にまとまるのは自分の体と似た形のものを出し、敵がそちらに気を取られているうちに逃げるためと考えられている。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た絵の具

    セピア - 墨がインクや絵の具に使われる。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たハクジラ

    小魚、甲殻類を主食とする。天敵はカツオやマグロなどの大型魚類・カモメやアホウドリなどの鳥類・アザラシ・ハクジラ類のイルカやマッコウクジラなどの海生哺乳類である。敵から逃げるときは頭と胴の間から海水を吸い込み漏斗から一気に吹きだすことで高速移動する。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た分子系統

    近年の分子系統によると、伝統的な2目はいずれも単系統ではない。細かく分けた5目間の系統関係は解析法により異なる結果が出ており、ダンゴイカ目・コウイカ目・閉眼目・トグロコウイカ目がこの順に分岐したか、あるいは、開眼目が最初に分岐し残りが単系統をなす。ただし、狭義のコウイカ目も単系統ではない可能性がある。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た隠語

    イカを決める - 大相撲の隠語で、勝負事や賭け事に勝ったまま勝ち逃げすることを意味する。イカがスミを吐いて姿をくらますことに由来するシャレ言葉である。大相撲の世界には、このようなシャレ言葉が多く、「しかをきめる」などの隠語もある。イカ フレッシュアイペディアより)

111件中 31 - 40件表示

「イカ」のニューストピックワード