119件中 31 - 40件表示
  • イカ

    イカから見たスルメイカ

    ファイル:Todarodes pacificus ruler.jpg|開眼目(スルメイカイカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た漏斗 (頭足類)

    神経系や筋肉がよく発達していて、たいていの種類は夜に行動する。漏斗からの噴水と外套膜の収縮・ひれを使って前後に自在に泳ぐ。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たルイベ

    イカゴロ(内臓)のルイベイカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たイカの骨

    体内には貝殻を持つが、種によって組成や形状が大きく異なる。閉眼目・開眼目では有機質の薄膜で、軟甲と呼ばれる。コウイカ科では石灰質の船形で、イカの甲またはイカの骨と呼ばれる。トグロコウイカでは、オウムガイのように巻貝状で内部に規則正しく隔壁が存在し、細かくガスの詰まった部屋に分けられている。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たトグロコウイカ

    ファイル:Spirula spirula.png|トグロコウイカ目(トグロコウイカイカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たコウイカ

    イカ(烏賊・鰞・柔魚、英:Squid(ツツイカ)または Cuttlefish(コウイカ))は、海生軟体動物の一群である。分類学上は軟体動物門頭足綱十腕形上目(または十腕形目) とされる。十腕目 ・ とも。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たタコ

    さらに体内の墨袋(墨汁嚢)から墨を吐き出して敵の目をくらませる。タコの墨は外敵の視界をさえぎることを目的とし、一気に広がるのに対し、イカの墨はいったん紡錘形にまとまってから大きく広がる。紡錘形にまとまるのは自分の体と似た形のものを出し、敵がそちらに気を取られているうちに逃げるためと考えられている。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た絵の具

    セピア - 墨がインクや絵の具に使われる。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たアニサキス

    イカはアニサキス寄生虫の宿主である。食材として用いる際は、加熱または-20度以下の環境で24時間以上冷凍するのが望ましい。生食する場合は、目視で確認し、かつ刃物で切れ目を入れて提供する。醤油、酢、わさびでは死滅しない。内臓は生食してはならない。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たハクジラ

    小魚、甲殻類を主食とする。天敵はカツオやマグロなどの大型魚類・カモメやアホウドリなどの鳥類・アザラシ・ハクジラ類のイルカやマッコウクジラなどの海生哺乳類である。敵から逃げるときは頭と胴の間から海水を吸い込み漏斗から一気に吹きだすことで高速移動する。イカ フレッシュアイペディアより)

119件中 31 - 40件表示

「イカ」のニューストピックワード