119件中 41 - 50件表示
  • イカ

    イカから見た分子系統

    分子系統によると、伝統的な2目はいずれも単系統ではない。細かく分けた5目間の系統関係は解析法により異なる結果が出ており、ダンゴイカ目・コウイカ目・閉眼目・トグロコウイカ目がこの順に分岐したか、あるいは、開眼目が最初に分岐し残りが単系統をなす。ただし、狭義のコウイカ目も単系統ではない可能性がある。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た隠語

    イカを決める - 大相撲の隠語で、勝負事や賭け事に勝ったまま勝ち逃げすることを意味する。イカがスミを吐いて姿をくらますことに由来するシャレ言葉である。大相撲の世界には、このようなシャレ言葉が多く、「しかをきめる」などの隠語もある。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た正教徒

    日本は世界第一のイカ消費国であり、その消費量は世界の年間漁獲量のほぼ2分の1(2004年現在 約68万トン)とも言われている。また、イカの一種であるスルメイカは、日本で最も多く消費される魚介類である。他にギリシアなど正教徒が多い東地中海地方では、斎のためイカ料理がよく食される。スペインやイタリアなど地中海の国でも常食される。逆にユダヤ教では鱗がない海生動物はカシュルートでないためイカを食べることは禁じられ、欧米諸国でもタコと同様不吉な生き物とされ、イカを食べない地域は多い。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たいか踊り

    北海道函館市では市の魚としてイカを指定しており、イカを捩った名称の北海道初の乗車カード「イカすカード(函館市企業局交通部)」を発売している。また函館港まつりでは「いか踊り」が踊られる。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た液晶

    液晶 - 初期はイカの内臓から作られていた。現在日本で用いられているものはほとんど化学的に合成されている。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たアザラシ

    小魚、甲殻類を主食とする。天敵はカツオやマグロなどの大型魚類・カモメやアホウドリなどの鳥類・アザラシ・ハクジラ類のイルカやマッコウクジラなどの海生哺乳類である。敵から逃げるときは頭と胴の間から海水を吸い込み漏斗から一気に吹きだすことで高速移動する。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た天ぷら

    食用にする際には10本の腕全てを日本では下足(げそ)と呼ぶ。主なイカゲソ料理としては、天ぷら・から揚げ・イカ天(すり身のてんぷら)・塩辛がある。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た胃下垂

    一部ネット上では、腹筋が弱くて胃下垂の状態になっている幼児のお腹のことを、凹凸の無い体型と相まった身体のシルエットがイカの外套膜を想起させる事から、胃下垂(いかすい)とイカをかけて、「イカ腹」と呼ばれている。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た海獣

    ホタルイカの群遊海面がある富山県では、ホタルイカ漁が観光資源として生かされている。漁期には、青白く光るホタルイカが漁獲される様子を間近に見られる他、滑川市の博物館「ほたるいかミュージアム」や魚津水族館で捕獲個体が展示される。また安価なことから水族館で他の魚や海獣の餌として広く用いられる。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た甲殻類

    10本の腕は筋肉質でしなやかに伸縮し、腕の内側にはキチン質の吸盤が並んでいる。吸盤にスパイクのような鋭いトゲが並ぶ種類もおり、これは獲物を逃さないための適応と考えられる。実際の腕は8本で、残りの腕2本は吸盤が先端に集中する「触腕(しょくわん)」とよばれる構造である。この触腕を伸縮させて魚類や甲殻類を捕食するが、釣りの時に触腕をちぎって逃げることや、テカギイカの仲間では成長に伴い触腕を欠くことから、必ずしも必要というわけではないようである。イカ フレッシュアイペディアより)

119件中 41 - 50件表示

「イカ」のニューストピックワード