111件中 61 - 70件表示
  • イカ

    イカから見たセピア

    セピア - 墨がインクや絵の具に使われる。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た外套膜

    神経系や筋肉がよく発達していて、たいていの種類は夜に行動する。漏斗からの噴水と外套膜の収縮・ひれを使って前後に自在に泳ぐ。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た墨袋

    さらに体内の墨袋(墨汁嚢)から墨を吐き出して敵の目をくらませる。タコの墨は外敵の視界をさえぎることを目的とし、一気に広がるのに対し、イカの墨は一旦紡錘形にまとまってから大きく広がる。紡錘形にまとまるのは自分の体と似た形のものを出し、敵がそちらに気を取られているうちに逃げるためと考えられている。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たイカスミスパゲッティ

    パスタのソースに使ったイカスミスパゲッティや、パエリア(Arròs negre)に混ぜるなどして使われる。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た滑川市

    ホタルイカの群遊海面がある富山県では、ホタルイカ漁が観光資源として生かされている。漁期には、青白く光るホタルイカが漁獲される様子を間近に見られる他、滑川市の博物館「ほたるいかミュージアム」や魚津水族館で捕獲個体が展示される。また安価なことから水族館で他の魚や海獣の餌として広く用いられる。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た

    イカは本来の心臓の他に、2つの鰓(えら)心臓を持っている。鰓心臓はに血液を急送する働きを担っている。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た天然記念物

    ホタルイカの群遊海面がある富山県では、ホタルイカ漁が観光資源として生かされている。漁期には、青白く光るホタルイカが漁獲される様子を間近に見られる他、滑川市の博物館「ほたるいかミュージアム」や魚津水族館で捕獲個体が展示される。また安価なことから水族館で他の魚や海獣の餌として広く用いられる。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た貝殻

    体内には貝殻を持つが、種によって組成や形状が大きく異なる。閉眼目・開眼目では有機質の薄膜で、軟甲と呼ばれる。コウイカ科では石灰質の船形で、イカの甲またはイカの骨と呼ばれる。トグロコウイカでは、オウムガイのように巻貝状で内部に規則正しく隔壁が存在し、細かくガスの詰まった部屋に分けられている。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たイカすカード

    北海道函館市では市の魚としてイカを指定しており、イカを捩った名称の北海道初の乗車カード「イカすカード(函館市企業局交通部)」を発売している。また函館港まつりでは「いか踊り」が踊られる。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たダイオウホウズキイカ

    ダイオウホウズキイカ属 - ダイオウホウズキイカイカ フレッシュアイペディアより)

111件中 61 - 70件表示

「イカ」のニューストピックワード