111件中 81 - 90件表示
  • イカ

    イカから見たコウイカ

    コウイカ属 - コウイカ・カミナリイカ(モンゴウイカ)イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た触腕

    10本の腕は筋肉質でしなやかに伸縮し、腕の内側にはキチン質の吸盤が並んでいる。吸盤にスパイクのような鋭いトゲが並ぶ種類もおり、これは獲物を逃さないための適応と考えられる。実際の腕は8本で、残りの腕2本は吸盤が先端に集中する「触腕(しょくわん)」とよばれる構造である。この触腕を伸縮させて魚類や甲殻類を捕食するが、釣りの時に触腕を欠いて逃げることや、テカギイカの仲間では成長に伴い触腕を欠くことから、必ずしも必要というわけではないようである。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たヨーロッパコウイカ

    ファイル:Kalamar.jpg|コウイカ目(ヨーロッパコウイカイカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た比重

    イカは浮力を得るために、比重の重い液体を体液に含むことで、海水と同じ比重になる。特にダイオウイカなど一部の深海イカは、浮力を得るために、塩化アンモニウムを体内に保有している。特定のイカにある“えぐみ”はこのためである(特にダイオウイカなどは辛臭くて食えたものではないという報告もある)。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たから揚げ

    食用にする際には10本の腕全てを日本では下足(げそ)と呼ぶ。主なイカゲソ料理としては、天ぷら・から揚げ・イカ天(すり身のてんぷら)・塩辛がある。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た中腸腺

    中腸腺はイカゴロと呼ばれ、イカ塩辛の特徴的な味を構成する。ルイベとして食べられることもある。加熱するとカニの中腸腺であるカニミソのような味となる。しかしイカ加工時の発生量に対して需要は少なく、廃棄物として処理されるものが多い。他の生物の中腸腺と同様にカドミウムの含有濃度が比較的高く、通常食する量では健康に影響はないが、廃棄物として大量に処理したり、飼料として家畜類の主食に用いる場合は問題となる。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た揚げかまぼこ

    他、揚げかまぼこの類など様々な揚げ物の具として使用される。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た盲点

    体の大きさに対しての眼球の割合が大きいことから、行動の多くは視覚による情報に頼っていると思われる。イカやタコの眼球は外見上脊椎動物の眼球とよく似ているが、まったく異なる発生過程を経て生まれた器官であり、内部構造に明確な違いがある。すなわち視神経が網膜の背面側を通っており、視認の邪魔にならない。そのため視力に優れ、盲点が存在しない。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た賭け事

    イカを決める - 大相撲の隠語で、勝負事や賭け事に勝ったまま勝ち逃げすることを意味する。イカがスミを吐いて姿をくらますことに由来するシャレ言葉である。大相撲の世界には、このようなシャレ言葉が多く、「しかをきめる」などの隠語もある。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た

    食用になる種類が多く、軟骨とクチバシ以外ほぼ全身が使われる。刺身・焼き・揚げ・煮物・塩辛・干物など実に多彩である。酒のとしても好まれる。イカ焼きは、お祭り・海の家の屋台の定番となっている他、イカソーメン・イカめしなどが収穫量の多い地域の特産品となっている。イカ フレッシュアイペディアより)

111件中 81 - 90件表示

「イカ」のニューストピックワード