119件中 81 - 90件表示
  • イカ

    イカから見たユダヤ教

    日本は世界第一のイカ消費国であり、その消費量は世界の年間漁獲量のほぼ2分の1(2004年現在 約68万トン)とも言われている。また、イカの一種であるスルメイカは、日本で最も多く消費される魚介類である。他にギリシアなど正教徒が多い東地中海地方では、斎のためイカ料理がよく食される。スペインやイタリアなど地中海の国でも常食される。逆にユダヤ教では鱗がない海生動物はカシュルートでないためイカを食べることは禁じられ、欧米諸国でもタコと同様不吉な生き物とされ、イカを食べない地域は多い。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たオウムガイ

    体内には貝殻を持つが、種によって組成や形状が大きく異なる。閉眼目・開眼目では有機質の薄膜で、軟甲と呼ばれる。コウイカ科では石灰質の船形で、イカの甲またはイカの骨と呼ばれる。トグロコウイカでは、オウムガイのように巻貝状で内部に規則正しく隔壁が存在し、細かくガスの詰まった部屋に分けられている。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た神経線維

    神経細胞 - 巨大軸索と呼ばれる普通の生物に比べて極端に太く扱いやすい神経があり、これを利用して神経細胞や神経線維の仕組みや薬理作用の解明が進んだ。なおこの実験で用いられたのはヤリイカであった。ヤリイカはコンラート・ローレンツに「人工飼育が不可能な唯一の動物」とさえ呼ばれるほど飼育が難しい生物であったが、松本元がその飼育に成功した。ローレンツは実際に水槽で生きたヤリイカを見るまで、そのことが信じられなかったという。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た軟体動物

    イカ(烏賊・鰞・柔魚、英:Squid(ツツイカ)または Cuttlefish(コウイカ))は、海生軟体動物の一群である。分類学上は軟体動物門頭足綱十腕形上目(または十腕形目) とされる。十腕目 ・ とも。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た数え方

    イカの数え方は状態によって異なる。生きている時は匹だが、水揚げされると杯、干すと枚である。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たシカ

    イカを決める - 大相撲の隠語で、勝負事や賭け事に勝ったまま勝ち逃げすることを意味する。イカがスミを吐いて姿をくらますことに由来するシャレ言葉である。大相撲の世界には、このようなシャレ言葉が多く、「しかをきめる」などの隠語もある。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たポンポン焼き

    イカ焼き(焼きイカ・イカの姿焼き・ポンポン焼きイカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た

    神経系や筋肉がよく発達していて、たいていの種類はに行動する。漏斗からの噴水と外套膜の収縮・ひれを使って前後に自在に泳ぐ。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た消化率

    イカは消化しにくく、胃もたれの原因と思われがちだが、消化率は魚類と大差ない。イカ フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見た触腕

    10本の腕は筋肉質でしなやかに伸縮し、腕の内側にはキチン質の吸盤が並んでいる。吸盤にスパイクのような鋭いトゲが並ぶ種類もおり、これは獲物を逃さないための適応と考えられる。実際の腕は8本で、残りの腕2本は吸盤が先端に集中する「触腕(しょくわん)」とよばれる構造である。この触腕を伸縮させて魚類や甲殻類を捕食するが、釣りの時に触腕をちぎって逃げることや、テカギイカの仲間では成長に伴い触腕を欠くことから、必ずしも必要というわけではないようである。イカ フレッシュアイペディアより)

119件中 81 - 90件表示

「イカ」のニューストピックワード