36070件中 91 - 100件表示
  • 訃報 2009年11月

    訃報 2009年11月から見たイギリスイギリス

    11月15日 - デレク・B(Derek B)、イギリスのラッパー(* 1965年)訃報 2009年11月 フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・モーガン

    ヘンリー・モーガンから見たイギリスイギリス

    ヘンリー・モーガン(Henry Morgan, 1635年 - 1688年8月25日)は、17世紀にカリブ海で活躍したイギリス出身の海賊である。彼は、海賊を引退した後、ジャマイカ島代理総督などの、国家の役職につき、海賊を取り締まる立場になった。ヘンリー・モーガン フレッシュアイペディアより)

  • ローハンプトン大学

    ローハンプトン大学から見たイギリスイギリス

    ローハンプトン大学(英語:University of Roehampton)は、イギリス、ロンドンの国立大学である。前身であったロンドン大学を経て、イギリス南西部のギルフォードに位置する名門サリー大学に属していたが、2004年に同大学から独立し、"University of Surrey Roehampton"から"University of Roehampton"と正式に発表された。 ローハンプトン大学 フレッシュアイペディアより)

  • ハガナー情報局

    ハガナー情報局から見たイギリスイギリス

    第一次世界大戦が勃発すると、オスマン帝国を積極的に支援するユダヤ人グループのギデオン団がジフロン・ヤアコヴに成立したが途中でギデオン団は英国支持に変更。ハガナー情報局 フレッシュアイペディアより)

  • テイク・ザット

    テイク・ザットから見たイギリスイギリス

    テイク・ザット(Take That)は、イギリスのポップグループ。1990年、マンチェスターで結成される。ボーカルグループの先駆者として認知されており、後のバックストリート・ボーイズ、スパイス・ガールズ、5ive、ウエストライフなどのポップ・グループ、そしてボーイバンドの流行を作った。テイク・ザット フレッシュアイペディアより)

  • 艦対空ミサイル

    艦対空ミサイルから見たイギリスイギリス

    西側諸国において、艦隊防空ミサイルの開発は、太平洋戦争末期に日本軍が実施した特別攻撃への対処法のひとつとして開始された。世界初の艦対空ミサイルはイギリスのストゥッジ(Stooge)であり、これはフェアリー社製で無線指令誘導、液体燃料のロケット・モーターにより、射程は12.8kmであった。1944年初頭 には神風特攻機に対して初の実戦発射を記録し、1945年2月まで実戦使用されていたが、大きな効果はないままに戦線から引き下げられ、イギリス海軍の支援も打ち切られ、フェアリー社が開発を続行したものの、1950年代前半には断念された。艦対空ミサイル フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2008年5月

    訃報 2008年5月から見たイギリスイギリス

    5月1日 - バーナード・アーチャード(Bernard Archard)、イギリスの俳優(* 1916年)訃報 2008年5月 フレッシュアイペディアより)

  • スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

    スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師から見たイギリスイギリス

    『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(スウィーニー・トッド フリートがいのあくまのりはつし、)は2007年にイギリス・アメリカで製作された、ティム・バートン監督のミュージカル・ファンタジー・ホラー映画。作品は、スティーヴン・ソンドハイムとが手掛け、トニー賞を獲得した1979年の同名ミュージカルを原案にしたもので、腕のいい理髪師ながら、愛用ので客を次々殺めていくスウィーニー・トッドと、それを助け犠牲者の肉をミートパイにしていたを描く、ヴィクトリア朝のロンドン・フリート街を舞台としたメロドラマ風作品である。スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・パーシー・スノー

    チャールズ・パーシー・スノーから見たイギリスイギリス

    スノー男爵、チャールズ・パーシー・スノー(Charles Percy Snow, Baron Snow, CBE、1905年10月15日 - 1980年7月1日)は、イギリスの物理学者および小説家。また、イギリス政府の下でいくつかの重要な位置に務めた人物でもある。シリーズ小説『他人と同胞』(Strangers & Brothers)、および『二つの文化と科学革命』(The Two Cultures)の著者として有名である。チャールズ・パーシー・スノー フレッシュアイペディアより)

  • ピッケルハウベ

    ピッケルハウベから見たイギリスイギリス

    ピッケルハウベ(独:Pickelhaube/Pickel(鶴嘴) Haube (ヘッドギア、帽子))は19世紀から20世紀にかけてプロイセンを中心としたドイツの軍隊及び消防や警察で用いられ、時にはドイツ帝国の象徴とされた、頭頂部にスパイク状の頭立が付いたヘルメットである。19世紀後半にはドイツ諸邦の軍隊だけでなく、ロシア、コロンビア、チリ、メキシコ、ポルトガル、ノルウェー、スウェーデン、イギリス等の国が同様のものを採用した。そして、イギリス軍やスウェーデン軍では、部隊によっては現在でも儀礼正装にスパイク付きヘルメットを着用している。また、イギリスの熱帯用防暑ヘルメット(ピスヘルメット(Pith helmet))や警察官用のカストディアンヘルメット(Custodian helmet)のデザインの基にもなった。ピッケルハウベ フレッシュアイペディアより)

36070件中 91 - 100件表示

「イギリス」のニューストピックワード

  • これパラハラじゃないんですか!

  • カレーハウスCoCo壱番屋 レスタースクエア店

  • ふるさと祭り東京2019―日本のまつり・故郷の味―