36070件中 101 - 110件表示
  • 英語帝国主義

    英語帝国主義から見たイギリスイギリス

    最初はイングランドによる、そしてその後は英国による英語で管理される大英帝国英語帝国主義 フレッシュアイペディアより)

  • ホーカー・シドレー ハリアー

    ホーカー・シドレー ハリアーから見たイギリスイギリス

    ホーカー・シドレー ハリアー(Hawker Siddeley Harrier)は、イギリスのホーカー・シドレー社が開発した世界初の実用垂直離着陸機(STOVL機)である。原型機の初飛行は1960年。本機をベースに海軍型のシーハリアーが開発されたほか、アメリカのマクドネル・ダグラス社は、より洗練されたハリアー IIを開発した。ホーカー・シドレー ハリアー フレッシュアイペディアより)

  • ハルフォード・マッキンダー

    ハルフォード・マッキンダーから見たイギリスイギリス

    サー・ハルフォード・ジョン・マッキンダー(Sir Halford John Mackinder, 1861年2月15日 - 1947年3月6日)は、イギリスの地理学者、政治家である。ハートランド理論を提唱し、この概念は地政学の基礎的な理論付けとなった。事実上の現代地政学の開祖ともいえる。ハルフォード・マッキンダー フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・クローハースト

    ドナルド・クローハーストから見たイギリスイギリス

    ドナルド・チャールズ・アルフレッド・クローハースト(、1932年 - 1969年7月1日頃)は、イギリスの実業家、電気技師、バラ議会議員、アマチュアセーラー。サンデー・タイムズ紙が主催した、単独無寄港世界一周ヨットレース・中に失踪したことで知られる。クローハーストは、レースの優勝賞金を自身の事業の失敗の穴埋めに使うことを目論んでこのレースに参加したが、実際にはレース序盤で様々な困難に襲われ、世界一周を早々に断念。捏造した航海報告を行い、世界一周をしていないにも拘らず、さも世界一周を達成したかのようにゴールすることを企てた。このことは、クローハーストが大西洋上のヨットから忽然と姿を消し、蛻の殻となったヨットの中から発見された航海日誌によって明るみに出た。そして、この日誌はクローハーストが徐々に正気を失い狂気に蝕まれていく様が克明に記されており、最後にはクローハーストの投身自殺が示唆されていた。ドナルド・クローハースト フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタン紛争 (2001年-)

    アフガニスタン紛争 (2001年-)から見たイギリスイギリス

    この攻撃はアメリカ合衆国政府によって「対テロ戦争」の一環と位置づけられ、国際的なテロの危機を防ぐための防衛戦として行われた。イギリスを始め多くの国がこのアメリカ政府の攻撃に賛同した。対テロ戦争全体の作戦名は当初「無限の正義作戦 (OIJ: Operation Infinite Justice)」とされたが、"Infinite"はイスラム教ではアッラーフを意味することがあり、イスラム法学者から「究極の正義を意味するのなら、それはアッラーフのみが与えることができるので不適切」と批判を受けた。そのため、不朽の自由作戦 (OEF: Operation Enduring Freedom)」と改められた。英国では米国が云う「不朽の自由作戦」は「ヘリック作戦」 (Operation Herrick)と呼んでいる。アフガニスタンにおける軍事行動の正式名称はアフガニスタンにおける不朽の自由作戦(OEF-A:Operation Enduring Freedom - Afghanistan)である。アフガニスタン紛争 (2001年-) フレッシュアイペディアより)

  • ヴェルサイユ条約

    ヴェルサイユ条約から見たイギリスイギリス

    1918年になるとドイツの敗北は明らかになり、9月29日にスパで開かれていた大本営はウィルソンに講和交渉要請を決定した。10月3日に首相となったバーデン公子マックスはアメリカに講和のための覚書を送付し、アメリカとの間で覚書交換がはじまった。この講和交渉の中でアメリカは「十四か条の平和原則」を講和条約の基礎とした上で、専制的と見られたドイツの体制変革を要求し、10月22日にバーデン公子マックスもこれを受諾した。ただしこの時点ではイギリス・フランスといった連合国間での合意は行われておらず、ウィルソンは友人であった名誉大佐をパリに派遣した。ハウスはかなりの妥協と引き替えに「十四か条の平和原則」を講和の前提とする合意を取り付けた。10月27日には講和に反対するエーリヒ・ルーデンドルフ参謀次長が解任され、10月28日には首相の権限が強化された憲法改正が行われ、専制色が薄められた。ヴェルサイユ条約 フレッシュアイペディアより)

  • 10月4日

    10月4日から見たイギリスイギリス

    1808年(文化5年8月15日) - イギリス軍艦が長崎港に侵入、オランダ商館員を人質に食料などを要求。(フェートン号事件)10月4日 フレッシュアイペディアより)

  • SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁

    SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁から見たイギリスイギリス

    『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』(シャーロック いまわしきはなよめ、)は、BBC制作のドラマ『SHERLOCK』の特別編である。2016年1月1日に、イギリス・アメリカでテレビ放映され、その後20分の特別映像を加えて劇場限定公開されている。日本では2016年2月19日に劇場公開された。SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁 フレッシュアイペディアより)

  • 砲塔

    砲塔から見たイギリスイギリス

    1908年に登場したアメリカのサウスカロライナ級戦艦では、中心線装備砲の射界を広げるために、前後とも2基の砲塔の高さに差をつける背負式配置が採用された。これは船体構造を強化しようと全主砲塔を艦の中心線へ移動させたために必要となった措置である。この新配置は、同時代のイギリスの戦艦「ドレッドノート」とは好対照である。ドレッドノートには多くの革命的な点があったものの、依然2基の舷側砲塔を持っていた(つまり全砲塔が中心線上にあったのではない)。「サウスカロライナ」が進水するまで、背負式配置の価値が実証されたことはなく、当初は前のキアサージ級戦艦、バージニア級戦艦で採用された主砲と副砲を積み重ねる2階建て砲塔の弱点が繰り返されるのではないかと危惧されていた。砲塔 フレッシュアイペディアより)

  • クイーン (バンド)

    クイーン (バンド)から見たイギリスイギリス

    クイーン (Queen) は、イギリス・ロンドン出身の男性4人組ロックバンド。クイーン (バンド) フレッシュアイペディアより)

36070件中 101 - 110件表示

「イギリス」のニューストピックワード