36070件中 111 - 120件表示
  • 1899年

    1899年から見たイギリスイギリス

    1月19日 - 英埃領スーダンの成立(イギリスとエジプトによるスーダン支配の開始)。1899年 フレッシュアイペディアより)

  • マイソール王国

    マイソール王国から見たイギリスイギリス

    18世紀後半、王国のムスリム軍人ハイダル・アリーとその息子ティプー・スルターンが政権を握り、王権は傀儡化した。また、彼ら2人が主導したマイソール戦争はおよそ30年続いたが、結果的に敗れ、マイソール王国はイギリスに従属する藩王国となった。マイソール王国 フレッシュアイペディアより)

  • ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン

    ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインから見たイギリスイギリス

    ルートヴィヒ・ヨーゼフ・ヨーハン・ヴィトゲンシュタイン(、1889年4月26日 - 1951年4月29日)は、オーストリア・ウィーン出身の哲学者である。のちイギリス・ケンブリッジ大学教授となり、イギリス国籍を得た。以後の言語哲学、分析哲学に強い影響を与えた。ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン フレッシュアイペディアより)

  • 1984年

    1984年から見たイギリスイギリス

    1月30日 - 日産自動車がイギリスへの自動車工場進出を決定。1984年 フレッシュアイペディアより)

  • エリザベス2世

    エリザベス2世から見たイギリスイギリス

    エリザベス2世(、1926年4月21日 - )は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を含む、16か国の主権国家(イギリス連邦王国)の君主であり、王室属領と海外領土の元首である。また、イングランド国教会の。イギリスの君主としてはウィンザー朝の第4代女王である。実名はエリザベス・アレクサンドラ・メアリー()。エリザベス2世 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力発電

    原子力発電から見たイギリスイギリス

    1956年に、世界最初の商用原子力発電所としてイギリスセラフィールドのコールダーホール原子力発電所が完成した。出力は50 MWであった。アメリカでの最初の商用原子力発電所は、1957年12月にペンシルベニアに完成したシッピングポート原子力発電所である。原子力発電 フレッシュアイペディアより)

  • 自転車

    自転車から見たイギリスイギリス

    自転車の起源に当たる乗り物、またその着想についてはこれまでも様々な説が浮上しては否定されてきた。現在ではドライジーネ (Draisine) が、実際に製作されたことが確認できる二輪自転車の祖先とされる。これは、1813年にドイツのカール・フォン・ドライスによって発明された木製の乗り物で、前輪の向きを変えることができるハンドルと、前後同じ直径の二つの車輪を備えていた。クランクやペダル、チェーンといった駆動装置はなく、足で直接地面を蹴って走るものであった。この乗り物は間もなく によってイギリスで改良され、ホビーホースなどと呼ばれた。1839年に、イギリスのマックミランによってペダル式の自転車が最初に考案された。自転車 フレッシュアイペディアより)

  • アール・ヌーヴォー

    アール・ヌーヴォーから見たイギリスイギリス

    「ティファニー」(アメリカ合衆国。ルイス・カムフォート・ティファニーの名による)、「ユーゲント・シュティール(ドイツ。雑誌『ユーゲント』から)、「ウィーン分離派」(オーストリア)、「ネーウェ・クンスト」(オランダ)、「スティレ・リベルティ」(イタリア。リバティ百貨店から)、「モデルニスモ」(スペイン)、「スティル・サパン」(スイス)、「スティル・モデルヌ」(ロシア)、「モダン・スタイル」(イギリス)など。フランスでは、アール・ヌーヴォーは批判者からは、特徴的なアラベスクなフォルムから「ヌイユ様式」(麺類様式)、またエクトール・ギマールにより1900年に実現されたパリ地下鉄のこの様式の出入口から「メトロ様式」などとも呼ばれた。アール・ヌーヴォー フレッシュアイペディアより)

  • エチオピアの歴史

    エチオピアの歴史から見たイギリスイギリス

    ゼフルは傀儡としてヨハンネス2世をたてるが、軍務を嫌うヨハンネス2世が隠棲を申し出ると、わずか半年で毒殺してテクレ・ハイマノット2世を代わりに擁立した。絶大な権力を握ったゼフルだったが、1780年に病没するとすぐさま次の簒奪者にとって代わられる。ウォロ州出身のアリ・グワングラはギヨルギス1世を支援して皇位につけると、1784年にはギヨルギス1世を廃して自ら皇帝となった。グワングラはイスラム教徒であり、オロモ人のイスラム教徒が多数定住するヤジュを基盤としたことから、彼の政権はヤジュ朝と呼ばれている。こうしてイスラム教徒として皇帝となったグワングラだったが、すぐに少数派のイスラム教徒でゴンダルを支配することの無謀さに気づいた。グワングラはキリスト教に改宗することで柔軟に対応したが、結局は首都をゴンダルからデブレ・タボルへと移した。ヤジュ朝の最盛期は1803年に即位したググサ・マルスによるもので、彼は帝国内で有力な存在であり独自傾向の強いティグレ人を警戒してその監視下に置いた。セブルの一族に代わってティグレの支配者となったウォルデ・セラシエは古くからのキリスト教徒であり、ヤジュ朝の政策を嫌うとともにソロモン王朝の復興を志向して沿岸部への進出を企図していた。しかし、一方では沿岸部への進出のためにイスラム教徒への懐柔を行っていた。その矛盾をググサは煽り、同時にティグレへの懐柔策を駆使してティグレ人の分断を狙った。ウォルデは逆に反オロモ人感情を利用して反オロモ勢力を結集しての包囲網を構築しようとするが、高齢だったウォルデはそれを果たせず死去した。ググサはこの機を逃さず、反オロモの諸侯へ政略結婚や当主の交代を推し進めてエチオピア北部の安定を成し遂げた。しかし、ググサの死去によって重しが取れると、かつてのミカエル・ゼフルの一族と、ウォルデ・セラシエの一族との間でのティグレの主導権争いが加熱する。ティグレの内紛の勝者は、ウォルデの子のセバガデスだったが、この機に介入を狙ってヤジュ朝の軍が行動を起こし、ダブラ・アベイでセバガデスと交戦した。その結果は、最高指揮官であるセバガデスとググサの息子である皇帝の双方が戦死するという甚大な被害をもたらしただけだった。ヤジュ王朝は皇后メネンが息子のアリ2世を即位させて立て直しを図るが、ティグレは空白区となって隣接するセミエンに従属した。これにより、セミエン-ティグレの支配者となったウーベ・ハイラ・マリアムは、ティグレを反オロモ勢力という共通点でまとめて北部エチオピア最大の実力者となった。しかし、同時期にエチオピア中部においてそれ以上の隆盛をみせたのがショア (Shewa) だった。サフレ・セラシエが1840年までに全域を統一したショアは、サフレ自身の外国との交流を好む性格もあって、イギリス、イタリア、フランスといったヨーロッパからの客人を多く招ねくことになる。サフレは熱心なエチオピア正教の信者であったためソロモン王朝の復活を大義とし、そのために南方へ領土の拡大に乗り出した。また、武器弾薬を得る手段として奴隷交易を押し進める。ショワは小型の大砲などを入手し、代価として年間3,000人から4,000人の奴隷を輸出することで、北部エチオピア諸侯を上回る資金と軍備を手に入れていた。また、サフレの孫のサハレ・マリアムは後のメネリク2世となる。エチオピアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たイギリスイギリス

    第二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、、)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ、中華民国などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本と米英との開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

36070件中 111 - 120件表示

「イギリス」のニューストピックワード