前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示
  • イケシオ

    イケシオから見た池田信太郎池田 信太郎

    イケシオは、バドミントン日本代表混合ダブルスの池田信太郎(いけだ しんたろう)と潮田玲子(しおた れいこ)ペアの愛称。ともに日本ユニシス実業団バドミントン部所属(2010年5月16日以降)。イケシオ フレッシュアイペディアより)

  • イケシオ

    イケシオから見た坂本修一

    それぞれ小学校低学年から競技としてバドミントンを始め、学生時代には同世代の上位層で活躍している。実業団入り以降は潮田が三洋電機バドミントン部にて小椋久美子との女子ダブルス「オグシオ」、池田が日本ユニシスにて坂本修一などとの男子ダブルスで全日本タイトル獲得や国際大会でメダルを獲るなど、ペア結成前から日本のトップダブルス選手として活躍していた。イケシオ フレッシュアイペディアより)

  • イケシオ

    イケシオから見た前田美順

    同月、国内デビュー戦となった全日本社会人大会では、海外経験がなくも混合の経験があるペアに苦戦を強いられたりものの、決勝戦では優勝筆頭候補の平田典靖(トナミ運輸)・前田美順(NEC SKY)ペアを1時間25分に及ぶ熱闘のうえファイナルで下し、初優勝を遂げた。イケシオ フレッシュアイペディアより)

  • イケシオ

    イケシオから見たオグシオ

    それぞれ小学校低学年から競技としてバドミントンを始め、学生時代には同世代の上位層で活躍している。実業団入り以降は潮田が三洋電機バドミントン部にて小椋久美子との女子ダブルス「オグシオ」、池田が日本ユニシスにて坂本修一などとの男子ダブルスで全日本タイトル獲得や国際大会でメダルを獲るなど、ペア結成前から日本のトップダブルス選手として活躍していた。イケシオ フレッシュアイペディアより)

  • イケシオ

    イケシオから見た日本ユニシス

    イケシオは、バドミントン日本代表混合ダブルスの池田信太郎(いけだ しんたろう)と潮田玲子(しおた れいこ)ペアの愛称。ともに日本ユニシス実業団バドミントン部所属(2010年5月16日以降)。イケシオ フレッシュアイペディアより)

  • イケシオ

    イケシオから見たトナミ運輸

    同月、国内デビュー戦となった全日本社会人大会では、海外経験がなくも混合の経験があるペアに苦戦を強いられたりものの、決勝戦では優勝筆頭候補の平田典靖(トナミ運輸)・前田美順(NEC SKY)ペアを1時間25分に及ぶ熱闘のうえファイナルで下し、初優勝を遂げた。イケシオ フレッシュアイペディアより)

  • イケシオ

    イケシオから見たアディダス

    2009年11月下旬、ペア結成以来かねてから希望していたペア独自デザインのユニフォーム製作のために、大手スポーツメーカーのアディダス・ジャパンとアドバイザリースタッフ契約を結んだ。イケシオ フレッシュアイペディアより)

  • イケシオ

    イケシオから見た三洋電機

    それぞれ小学校低学年から競技としてバドミントンを始め、学生時代には同世代の上位層で活躍している。実業団入り以降は潮田が三洋電機バドミントン部にて小椋久美子との女子ダブルス「オグシオ」、池田が日本ユニシスにて坂本修一などとの男子ダブルスで全日本タイトル獲得や国際大会でメダルを獲るなど、ペア結成前から日本のトップダブルス選手として活躍していた。イケシオ フレッシュアイペディアより)

  • イケシオ

    イケシオから見た平田典靖

    同月、国内デビュー戦となった全日本社会人大会では、海外経験がなくも混合の経験があるペアに苦戦を強いられたりものの、決勝戦では優勝筆頭候補の平田典靖(トナミ運輸)・前田美順(NEC SKY)ペアを1時間25分に及ぶ熱闘のうえファイナルで下し、初優勝を遂げた。イケシオ フレッシュアイペディアより)

  • イケシオ

    イケシオから見たロンドンオリンピック (2012年)

    2008年の北京五輪出場後、それぞれ目標を失っていたふたりに日本バドミントン協会が混合ダブルス結成を提案。2009年4月、2012年のロンドン五輪でメダル獲得を目指すべく混合ダブルスに挑戦することを発表した。イケシオ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示

「イケシオ」のニューストピックワード