前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示
  • マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオル

    マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオルから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2009年、監督にファンデ・ラモスが就任してからは守備の不安もあってガブリエル・エインセが左サイドバックの位置で使われたため、左サイドハーフでプレーする機会が増加。怪我人等でやむを得ない場合や攻撃重視のシステムを用いる場合を除き、左サイドハーフで出場するようになった。マヌエル・ペジェグリーニが監督就任してからも変わらず、主にミッドフィールダーとして出場した。そのシーズンはゴールキーパーのイケル・カシージャスに次ぐ出場試合数、出場時間であり、グティと並んでクラブトップタイ、リーグ全体でも4位となる9アシストを記録した。マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオル フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・サンチェス

    カルロス・サンチェスから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    レアル・マドリードの下部組織出身であり、レアル・マドリードCとレアル・マドリードBでは絶対的なレギュラーだった。2001年12月23日のRCDマジョルカ戦(1-1)でトップチームデビューしたが、トップチームではイケル・カシージャス、セサル・サンチェスの存在が大きく、RCDマジョルカ戦の1試合のみの出場に留まった。2004-05シーズンにはセグンダ・ディビシオン(2部)のポリ・エヒド、2005-06シーズンには同じくセグンダ・ディビシオンのUDアルメリアにレンタル移籍したが、出場機会はめったになかった。カルロス・サンチェス フレッシュアイペディアより)

  • ボド・イルクナー

    ボド・イルクナーから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    長年1.FCケルンでプレーを続けたが、1996年にファビオ・カペッロ監督の誘いを受けてスペインの強豪レアル・マドリーへ移籍。リーグ優勝やUEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献し、クラブでも大きなタイトルを手にした。晩年は怪我が多くなり試合出場は少なくなったが、若き日のイケル・カシージャスに多大な影響を与えたといわれる。2001年に現役引退した。ボド・イルクナー フレッシュアイペディアより)

  • アンドニ・スビサレッタ

    アンドニ・スビサレッタから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    1994-1995シーズンからバルセロナからバレンシアCFへ移籍。その後バルセロナは、スビサレッタ退団以降、ビクトル・バルデスの台頭に至るまで長くGK難に悩まされることになる。1998年のフランスW杯にも出場して4大会連続出場を果たしたが、初戦のナイジェリア戦でミスから失点を許してしまい、以後代表ゴールキーパーの座をサンティアゴ・カニサレスやイケル・カシージャスに譲ることになる。1997-1998シーズン終了後に選手生活を引退。リーガ通算622試合は歴代最多出場記録となっている。アンドニ・スビサレッタ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・バラル

    ダビド・バラルから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2010年3月20日のレアル・マドリード戦(1-3)では古巣相手にネットを揺らした。オフサイドトラップをかいくぐって独走すると、イケル・カシージャスの頭上を抜く豪快なシュートで先制点を決めた。しかし、その後レアル・マドリードが3得点し、結局1-3で敗れた。2010年夏には同じポジションにガストン・サンゴイが加わったが、マヌエル・プレシアード監督は1トップを採用することが多かったため、2010-11シーズンもビリッチとのポジション争いを続けた。2011年1月15日にエスタディオ・ムニシパル・エル・モリノンで行われたエルクレスCF戦(2-0)では試合開始23秒で先制点を挙げ、翌節にホームで行われたアトレティコ・マドリード戦(1-0)では試合唯一の得点となる決勝点を挙げた。2月12日にホームで行われたFCバルセロナ戦(1-1)では、ジェラール・ピケを振り切って先制点を挙げ、リーグ戦16連勝中の相手から勝ち点を奪った。5月7日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(2-2)では後半ロスタイムにPKで得点して引き分けに持ち込んだ。ダビド・バラル フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ジェステ

    フランシスコ・ジェステから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    ジェステは不安定な性格で知られ、2007-08シーズンと2008-09シーズン合わせて5度の退場処分(加えて14枚のイエローカード)を受けている。このうちのひとつは2009年3月15日のレアル・マドリード戦(2-5)でイケル・カシージャスを突き飛ばしたために受けたものだった。2009-10シーズンは常時出場とはいかず、またホアキン・カパロス監督によって1ヶ月以上もチームから外されていた時期もあった。2010年3月25日のアトレティコ・マドリード戦(0-2)で復帰したものの、その試合で退場処分を受けた。5月9日のレアル・マドリード戦(1-5)ではチーム唯一の得点を挙げた。シーズン終了後、契約満了によりチームを離れることが発表された。フランシスコ・ジェステ フレッシュアイペディアより)

  • 2010 FIFAワールドカップ・決勝

    2010 FIFAワールドカップ・決勝から見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    共に初優勝をかけた一戦は、攻撃的スタイルのチーム同士による撃ち合いも予想されたが、実際には持ち前の攻撃力で中盤を支配するスペインに対して、それまでの攻撃的スタイルを捨てて必死に守るオランダがFWアリエン・ロッベンを中心に逆襲のカウンターを仕掛けるという展開となった。スペインは得意の高速パスワークから幾度となくオランダのディフェンス陣を崩しにかかるが、オランダのファウルをもいとわない気迫の守備に阻まれ得点チャンスをものに出来ず、逆にオランダもロッベンがゴールキーパーと1対1の局面を2度作り出すも、いずれもスペインのGKイケル・カシージャスのスーパーセーブに阻まれるという緊迫した展開が続いた。2010 FIFAワールドカップ・決勝 フレッシュアイペディアより)

  • UEFA EURO 2012決勝

    UEFA EURO 2012決勝から見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    UEFA会長のミシェル・プラティニよりスペイン代表キャプテンのイケル・カシージャスに対してアンリ・ドロネー杯が手渡され、カップを掲げた。この優勝により、ビセンテ・デル・ボスケはUEFA欧州選手権1972と1974 FIFAワールドカップを制したヘルムート・シェーンに続き、UEFA欧州選手権とFIFAワールドカップを連続で制した二人目の監督となった。また、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFA欧州選手権、FIFAワールドカップのタイトルを全て制した史上初の監督となった。UEFA EURO 2012決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ビセンテ・デル・ボスケ

    ビセンテ・デル・ボスケから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    現役引退後は、レアル・マドリーの下部組織で指導者の道を歩み始め、レアル・マドリード・カスティージャの指揮官を務めるなどした。下部組織の責任者として、イケル・カシージャスなどを指導している。1994年には、トップチームのベニート・フローロ監督が解任された際、後任にホルヘ・バルダーノの就任が決まるまでの約2ヶ月間暫定監督としてトップチームを指揮。更に、1996年には、アルセニオ・イグレシアス監督がクラブ首脳陣によって解任された際、デル・ボスケが1試合だけ指揮したこともあった。ビセンテ・デル・ボスケ フレッシュアイペディアより)

  • ジエゴ・アウヴェス

    ジエゴ・アウヴェスから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    PKストッパーとして知られる。2007-08シーズンから2010-11シーズン途中までの3年間に19本のPKを受けているが、そのうち10本をセーブし、さらに2本はキッカーが枠外に外しているため、この間のPKセーブ率は63%にも上る。クリスティアーノ・ロナウドがリーガ・エスパニョーラでPKを唯一外した際のキーパーはジエゴであるし、2011-12シーズンのコパ・デル・レイ準決勝FCバルセロナ戦ファーストレグではリオネル・メッシのキックを止めて引き分けに持ち込んだ。自身のアイドルはブラジル代表の英雄クラウディオ・タファレルとスペイン代表の守護神イケル・カシージャスである。ジエゴ・アウヴェス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示

「イケル・カシージャス」のニューストピックワード