58件中 11 - 20件表示
  • アントニオ・ロドリゲス・マルティネス

    アントニオ・ロドリゲス・マルティネスから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2007-08シーズンはチームとともに好調を維持し、6位に入りUEFAカップ出場権を獲得した。サモラ賞争いではレアル・マドリードのイケル・カシージャスに次ぐ2位だった。アントニオ・ロドリゲス・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ブーヨ

    フランシスコ・ブーヨから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2009年2月にイケル・カシージャスに抜かれるまで、レアル・マドリードのゴールキーパーとしての最多出場記録(454試合)を保持していた。フランシスコ・ブーヨ フレッシュアイペディアより)

  • ビセンテ・デル・ボスケ

    ビセンテ・デル・ボスケから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    現役引退後は、レアル・マドリードの下部組織で指導者の道を歩み始め、レアル・マドリード・カスティージャの指揮官を務めるなどした。下部組織の責任者として、イケル・カシージャスなどを指導している。1994年には、トップチームのベニート・フローロ監督が解任された際、後任にホルヘ・バルダーノの就任が決まるまでの約2ヶ月間暫定監督としてトップチームを指揮。更に、1996年には、アルセニオ・イグレシアス監督がクラブ首脳陣によって解任された際、デル・ボスケが1試合だけ指揮したこともあった。ビセンテ・デル・ボスケ フレッシュアイペディアより)

  • セサル・サンチェス・ドミンゲス

    セサル・サンチェス・ドミンゲスから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2000年7月1日、アルバノ・ビサーリと入れ替わりでレアル・マドリードに移籍した。元ドイツ代表のボド・イルクナーから定位置を奪ったイケル・カシージャスとポジションを争い、2001-02シーズン終盤にはレギュラーに定着。UEFAチャンピオンズリーグでは5試合に先発出場し、決勝のバイエル・レバークーゼン戦でもスターティングイレブンに名を連ねたが、後半途中に負傷してカシージャスと交代。ファインセーブを連発したカシージャスはヒーローとなった。その後行われた日韓W杯でもサンティアゴ・カニサレスの負傷により出番を得たカシージャスが活躍。それ以降カシージャスがレギュラーに定着し、セサルの出場機会は激減した。セサル・サンチェス・ドミンゲス フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・サンチェス・ガルシア

    カルロス・サンチェス・ガルシアから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    レアル・マドリードの下部組織出身であり、レアル・マドリードCとレアル・マドリードBでは絶対的なレギュラーだった。2001年12月23日のRCDマヨルカ戦 (1-1) でトップチームデビューしたが、トップチームではイケル・カシージャス、セサル・サンチェスの存在が大きく、マヨルカ戦の1試合のみの出場に留まった。2004-05シーズンにはセグンダ・ディビシオン(2部)のポリ・エヒド、2005-06シーズンには同じくセグンダ・ディビシオンのUDアルメリアにレンタル移籍したが、出場機会はめったになかった。カルロス・サンチェス・ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • ワールドサッカーダイジェスト

    ワールドサッカーダイジェストから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    過去にはイタリア代表MFジェンナーロ・ガットゥーゾ、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、イングランド代表DFジョン・テリー、スペイン代表GKイケル・カシージャス、イタリア代表DFファビオ・カンナヴァーロ、スペイン代表MFファン・マヌエル・マタらのコラムも連載されていた。また元スペイン代表フリオ・サリナスがリーガ・エスパニョーラでプレーする選手や他国のリーグでプレーするスペイン人選手と対談を繰り広げる「FACE TO FACE」は人気を博した。ワールドサッカーダイジェスト フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ジェステ

    フランシスコ・ジェステから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    ジェステは不安定な性格で知られ、2007-08シーズンと2008-09シーズン合わせて5度の退場処分(加えて14枚のイエローカード)を受けている。このうちのひとつは2009年3月15日のレアル・マドリード戦(2-5)でイケル・カシージャスを突き飛ばしたために受けたものだった。2009-10シーズンは常時出場とはいかず、またホアキン・カパロス監督によって1ヶ月以上もチームから外されていた時期もあった。2010年3月25日のアトレティコ・マドリード戦(0-2)で復帰したものの、その試合で退場処分を受けた。5月9日のレアル・マドリード戦(1-5)ではチーム唯一の得点を挙げた。シーズン終了後、契約満了によりチームを離れることが発表された。フランシスコ・ジェステ フレッシュアイペディアより)

  • アルバノ・ビサーリ

    アルバノ・ビサーリから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    母国のラシン・クラブでデビューし、1999年7月1日にスペインのレアル・マドリードに移籍した。元ドイツ代表のボド・イルクナーに次ぐ第2GKの座を当時18歳で後にスペイン代表となるイケル・カシージャスと争ったが、結局カシージャスがイルクナーを差し置いてレギュラーまで上り詰めたため出場機会は皆無だった。アルバノ・ビサーリ フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・ガルシア (サッカー選手)

    セルヒオ・ガルシア (サッカー選手)から見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2008年9月1日、移籍市場が閉まる直前に1000万ユーロ近くの移籍金でレアル・ベティスと契約した。9月27日のレアル・マドリード戦(1-2)ではPKを止められたが、イケル・カシージャスに弾かれたボールをゴールに押し込み、移籍後初得点を挙げた。11月16日のラシン・サンタンデール戦(3-1)では2得点を挙げ、2009年1月18日のレアル・バリャドリード戦(3-1)では1得点1アシストの活躍を見せた。2月8日に行われたセビージャFCとのセビージャ・ダービー(2-1)では記念碑的な勝利に導く得点を奪った。4月4日のCDヌマンシア戦(3-3)では先制点を奪ったが、ゴールパフォーマンス中に膝を滑らせ、左膝靭帯を負傷して1ヶ月ほど離脱した。チームはこの期間に調子を落とし、自身は2シーズン連続となるセグンダ・ディビシオン(2部)降格が決定した。チームに残ることを決意し、2009-10シーズンはセグンダ・ディビシオンで自己最多の12得点を挙げたが、プリメーラ・ディビシオン(1部)昇格に失敗した。セルヒオ・ガルシア (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のスポーツ

    1981年のスポーツから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    5月20日 - イケル・カシージャス(スペイン、サッカー)1981年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

58件中 11 - 20件表示